違法建築の修繕費用の負担金

中古で家を購入しました
引っ越しして数日後、隣の家に挨拶に行ったら、
「屋根が境界線より、隣の家にせり出ているから、どうにかしろ」と言われました。
確かに肉眼でも出ていると思いました。

①修復はしなければならないでしょうか?
②違法建築の責任は誰がとるのでしょうか?
③修繕費用は私が払わなければならないのでしょうか?
2018年11月05日 15時56分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
隣家との関係では、全て所有者となったご相談者の負担で直さなければなりません。
あとは、売り主との関係でその費用負担をどうするか検討することになると思います。

2018年11月05日 16時10分

この投稿は、2018年11月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 境界標修繕負担者

    宜しくお願い致します。 私の家の、 裏の家の土台のコンクリートの塊が、 地滑りをした様子で、 境界標を押して   境界標が私の敷地の方向へ 結構入り込んで斜めになって、 裏の家の地滑りが止まっているようです。 私の家を売却することも考えておりますので、 境界標をまっすぐに直して欲しいと思っております。 この場合...

  • 隣家との境界のブロックの修理について

    先日家を新築しました。 外構工事が終了したあと、隣家との境界のブロックの種類が一部違うことに気付きました。 現場監督に相談したところ、 1.種類が違うブロックは元々地中に埋まっていたものだった 2.コンクリートをうつ予定じゃなかったからブロックの種類を揃えなかった 3.ブロックの積み直しなど、発生する費用は全て自...

  • 破損した境界ブロックの修理についての相談です。

    破損した境界ブロックについての相談です。 友人が中古住宅を購入したのですが、先日、お隣に接している部分のブロックが破損したらしく修理するよう言われたみたいです。破損した部分だけを修理するつもりだったみたいですが、前に住んでた方が積んだブロックなので、土台から全部修理するよう言われたとのことですが、全部の修理をし...

  • 境界線について

    借地だった一帯を、地主から土地を購入を求められ 個々で地主と売買契約を結びました。 20年以上たって 隣が、借地の区画と売買した区画が違うから境界線を変更しろ。 と言ってきて困ってます。 それぞれ今の区画で売買契約を結び、登記をしているのに どうしたら良いのでしょか?

  • 境界線

    建物を建てるときに境界線から50センチ離さなければならないと規定があると思うのですが、塀やアスファルトなどもこの規定に当てはまりますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。