隣の塀の時効と 取り壊せるか

隣の塀が、我が家の敷地に建っている事が判明しました、築22年ほど経っており
他の投稿者のを拝見すると、10年で時効とありましたが、時効でしょうか。
もし時効でしたら、塀を壊し新たに立てる事は可能でしょうか
駐車場を作る為、通路を確保したいのですが、その塀が邪魔で境界線上に立て直すと通路として利用ができる為、建て替えれるなら 建て替えたいです、
※塀は 隣さんが立ててます。

2018年05月07日 17時24分

みんなの回答

草木 良文
草木 良文 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
隣人が、あなたの敷地に塀が建っていることを知って建てたなら20年、知らないで建てたなら10年で時効となる可能性があります。

時効が完成していると、塀が建っている土地は隣人の物になりますので、塀の建て壊しはできません。

2018年05月07日 17時37分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ベストアンサー
ありがとう
取得時効ですね。民法162条に規定されております。
長期の取得時効と短期の取得時効があります。
長期の取得時効(同条1項)は、20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有することによって所有権を時効により取得できるものです。
また、短期の取得時効(同条2項)は、10年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有した場合で、さらに占有を始めた時に善意・無過失であった場合に認められます。
よって、隣人が取得時効の要件を満たせば、取り壊しはできないです。

2018年05月07日 19時19分

相談者
大和さま

ありがとうございます。
時効の場合の境界線は どうなりますか?

ブロック(塀)の中央でしょうか?


2018年05月07日 19時35分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
隣りの塀がのしただろうと思います。
なお、境界線については別問題なので、境界確定の訴えをすることは可能と思います。

2018年05月08日 08時53分

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう
境界と所有権についてはちょっと難しい問題なので、お近くの法務局で境界についての相談があっていますので、問い合わせをされてみてはどうでしょうか。無料の相談でしょう。

2018年05月08日 13時52分

この投稿は、2018年05月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地時効の取得について

    土地時効の取得についておききします。 隣家からの境界についての申し出があり、隣家は 今から35年前に隣家が自分の建物を立て直しした時に 我が家の建物の下に自分の建物の基礎石が出てきたので 境界をその基礎石のある場所で引くと言ってきました。 35年前でなく今頃になり、当時こちらに状況の確認もさせないばかりか、証拠の写...

  • 自宅敷地内の塀への盛り土について

    自宅は測量をし、境界石も打っています。自宅を建てる際、敷地内に塀を作りましたが、隣は空き地でした。数年後、隣に家が建った際、当方へは何の連絡もなく、当方の塀に勝手に盛り土をし、家を建てられました。ちなみに当方の塀の基礎部分より高く、塀の部分にまで土があります。当方は基礎部分までしか土がありません。 私は県外...

  • 擁壁が隣地にはみ出しています。

    20数年前に以前の擁壁を解体して当方の敷地内を掘りやり直しました。(費用は当家、長さ8m高さ1,2m) 造り直した理由は諍い等、色々ありますが、片側には境界石があり道路側にはありませんでした。 敷地の長さは13m程あり20数年前道路側に隣家が地下車庫を造る際に隣の工事業者さんに敷地図面を貸しました。 道路側は2.7mの開口...

  • 越境している塀の取得時効について

    先日、家を建て替えるために隣地に接している箇所を掘り起こしたところ、隣人が平成10年に建てた塀が5センチ越境していることが判明しました。私の父が土地を購入したのですが、その際に隣人と合意の上で地中に境界標を埋めており、隣人は境界線の位置を認識した上で塀を建てています。 この塀については建て直す際に、越境しないよ...

  • 土地の境界線について

    土地の境界線について教えてください。 隣地と我が家との土地の境界線がはっきりしないまま、「境界立会確認書」 等書面の取り交わしもなく、土地が売却されてしまい、新しい持ち主の家屋の建築が始まることになりました。 隣地と我が家との間には塀があります。 以前の持ち主によると、境界線は我が家から見て塀から数10cm内側...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。