土地売買、境界線確定トラブル

土地売買で境界線確定時のトラブルです。
土地家屋調査士の方から連絡をしているのですが、連絡を無視されたり、何かと理由付けをして境界線確定の書類に印鑑を押していただけません。
土地売買の契約期限まで日付が迫っており、境界線確定ができないと売買自体が無効になってしまいます。
ただ、元々この土地はそのごねている方から購入をしており、境界についても購入時のままの状態です。
土地家屋調査士の方からは「変に知識をつけてきてごねている」と不動産の方を介して聞きました。
この様な場合どうしたら良いのでしょうか?
一体どの様な法的根拠があって境界線確定に応じていただけないのでしょうか?
2017年08月09日 10時19分

みんなの回答

三本 章
三本 章 弁護士
ありがとう
相手方がどうしても境界確定書類に署名しないのであれば,対応方法としては,筆界特定,あるいは境界確定訴訟等を提起することになるでしょう。

署名に応じないのは相手方がその境界に異議があるからでしょう。
実際に境界がずれている,あるいは長年利用していたために境界に該当する部分を時効取得するケースはあります。

2017年08月09日 10時35分

相談者
早々にご回答ありがとうございます。

追加情報として確認しましたら、この土地を購入したのは2年前でした。
ですので、実際のずれ及び長年利用等の問題はないと思うのですが、、、。

2017年08月09日 10時48分

三本 章
三本 章 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
購入した2年前というのが相談者なのか,相手方なのかにもよります。

相談者が購入している場合ですと,相手方が前の所有者の時から納得していなかった,揉めていたということは考えられます。
一方,相手方が購入したという場合ですと,前の所有者から境界が誤っている等と説明を受けている可能性があります。
この点は実際に相手方に理由等を確認しないと判断が出来かねますが。

なお,時効取得に関しては前の所有者の利用期間も合算することになります。
要は前の所有者が18年占有,今の所有者が2年占有しているという場合ですと,合わせて20年占有しているので時効取得が可能ということになります。

2017年08月09日 11時13分

この投稿は、2017年08月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 工期遅延その他

    ①工期遅延の処理の不手際 私は条件付土地を購入したのですが、一軒家の工期が2か月遅れました。 契約上、仲介業者は土地売買仲介料しか取らなかったので、仲介業者担当に2万を渡し、どのタイミングで工事現場を訪ね、どういった点をチェックすればよいか連絡を受ける約束をしました。しかし担当は地鎮祭以降何の連絡もせず、現場を見...

  • 土地売買のトラブル

    大変困っています。 土地を買う契約を交わしました。決済はまだなのですが、ローン特約の解約期日は過ぎました。 契約を交わした後で、隣地境界の塀が違法建築物であることが発覚しました。(隣家との境界上にある共有物) この事は契約までに知らされていなかったのですが、これは売り主または不動産会社の瑕疵にあたるのでしょ...

  • 相続が終わっていない土地に関する隣地境界の確定。

     隣家との境界をはっきりっさせるために、土地家屋調査士にポイントを設置していただき公に記録に残したいと考えております。 この場合、相続が終了していない土地に関してはどのようなことになりますでしょうか。

  • 土地の境界線が確定できない

    相続した土地があります。その土地の売却を決めました。不動産会社に依頼して売却することになったのですが問題が発生しました。その土地はまだ境界線が確定できていなかったので測量事務所が土地の境界線を決めて隣接住民4人に確認の印を貰いに行きましたら1人の方からどうしても印鑑を貰えません。不動産会社と測量事務所の人が何度説...

  • 境界線について

    借地だった一帯を、地主から土地を購入を求められ 個々で地主と売買契約を結びました。 20年以上たって 隣が、借地の区画と売買した区画が違うから境界線を変更しろ。 と言ってきて困ってます。 それぞれ今の区画で売買契約を結び、登記をしているのに どうしたら良いのでしょか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。