1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. 土地の境界線
  5. 境界に沿ったブロックの撤去について隣地の許可がいるか?

公開日:

境界に沿ったブロックの撤去について隣地の許可がいるか?

2016年07月22日
境界に沿ったブロックの撤去について隣地の許可がいるか?

ブロックは当方敷地内にあり、境界は境界杭が前後にあるので、ブロックをとっても明確にわかります。
また、向こうの土間がこちらのブロックにくっついて施工されています。
撤去時に割れないようにしてもらうつもりですし、もし割れたら補修はさせてもらうつもりです。

お声がけはするつもりですが、もし無許可でしても法律上引っかからないかが知りたいです。




相談者(471024)の相談

みんなの回答

垣鍔 晶
垣鍔 晶 弁護士
ありがとう
境界線内(敷地内)のブロックで,あなたの所有物であることが間違いないのであれば,ブロックを撤去するについて隣地所有者の許可は不要です。

ただし,撤去に際し,隣地を使用する(立ち入る)のであれば,民法上,隣地の使用を請求しなければならないので,立ち入る場合があることについて,声掛けすることは忘れないでください。

2016年07月22日 13時58分

この投稿は、2016年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

境界損壊罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

自分の土地と他人の土地の境目を示す目印を壊したりして、境目がどこかわからなくすると、境界損壊罪という犯罪にあたります。この記事では、境界損壊...

この相談に近い法律相談

  • 境界ブロック撤去でのトラブル

    境界ブロックの撤去について、お隣と揉めています。 元々は、お隣さんの土地だったところが分譲され我が家が購入しました。分譲の際、こちらの不動産屋が境界ブロックを設置。図面上はブロックの外側(お隣側)が境界となっています。 今回、ブロックの撤去を行ったところ、「勝手な事するな、境界付近は勝手に工事出来ないはずだ、元...

  • 境界線上ブロック撤去について。

    隣接する2つの土地との間にはブロックが立ててあります。おそらく以前の土地の持ち主と2つの土地の持ち主が共同で境界線上に立てたものだと思いますが、詳しい事はわかりません。今回、隣接する土地(現在は駐車場)の持ち主が、ブロックにヒビが入って駐車場の車に被害が出るかもしれないので半分ほど撤去したいと言ってきました。その後...

  • うちのブロックに勝手に塀が

    実家の家を解体し、更地にしてブロックを3段積んでおいたところ、隣人が勝手にうちのブロックの上に園芸用のフェンスを2枚(約2mほど)コンクリートで固定していました。 もともと隣家には塀がなく、隣家の庭土がうちの塀に寄りかかっている状態でした。 土地を知人に売ることになり、速やかな撤去を求めたところ 「境界はブロッ...

  • 隣人との土地境界でのブロック塀の撤去などについて

    インターネットで調べてもあまり例がなさそうでしたので、こちらに投稿します。 隣人が工場を経営しており、結構背の高いブロック塀を立てていました。当時では互いの境界の真ん中か、完全に相手側だと思っていた場所です。 測量の結果、ブロック塀は完全に私の土地の中に入っていることが判明しました。 私達としては、ブロ...

  • 土地の重要事項説明書の誤りとその後の対応

     隣地との境界にはブロック塀があります。土地の契約に係る重要事項説明書に、概測図が記載されており、そこには、ブロック塀までが私の所有地に含まれることとなっておりましたので、建物を建てる際、ブロック塀の積み増しと、フェンスを立てました。  しかし、今回、隣地が売買されることとなり、土地家屋調査士の境界立ち会いをし...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。