1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. 土地の境界線
  5. 境界確定時の土地家屋調査士の測定ミスについて

公開日:

境界確定時の土地家屋調査士の測定ミスについて

2016年06月15日
親族の所有する土地の隣地が昨年売買され、境界確定を行いました。その際に、隣地外壁の一部が越境しており、その旨を記した確認書を作成しました。
ところが、後日隠れていた外壁が、境界杭より越境していることがわかり、外壁の一部ではなく全体が越境していることが判明しました。
現状の境界確認書では、境界自体は境界杭で確認しているものの、外壁の越境は一部のみ認める記述になっています。

測定を行った土地家屋調査士はすぐにミスを認め、再度書類を作り直しましたが、隣地を購入した所有者が素直に判を押してくれるかは不透明です。

この場合、こちらが隣地外壁の越境を主張するにはどのような方法があるでしょうか?
また、測定を行った土地家屋調査士の責任を問うことは可能でしょうか?
相談者(460632)の相談

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
測定を行った土地家屋調査士はすぐにミスを認め、再度書類を作り直しましたが、隣地を購入した所有者が素直に判を押してくれるかは不透明です。
この場合、こちらが隣地外壁の越境を主張するにはどのような方法があるでしょうか?
隣地所有者が認めない場合、所有権確認訴訟でしょう。
また、測定を行った土地家屋調査士の責任を問うことは可能でしょうか?
境界は確認されており、越境は、修正され図面には反映されているなら、土地家屋調査士の仕事としては完成しています。隣地者は、最初から同じ図面であったならやはり同意しないと思われ、それは、土地家屋調査士の責任ではありません。

2016年06月15日 12時31分

相談者(460632)
境界の確認は杭で行っており、外壁では行っていませんでしたが、その外壁が明らかに杭を超えていることが後から判明した場合でも、裁判を起こすしか越境を主張できないのでしょうか?

図面そのものには変更がなく、土地家屋調査士は越境を認める箇所の追加を行ったようですが、これをお隣が認めない場合、最悪の場合、杭があっても隣地は外壁位置まで時効取得できてしまうということでしょうか。

2016年06月15日 12時56分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
> 境界の確認は杭で行っており、外壁では行っていませんでしたが、その外壁が明らかに杭を超えていることが後から判明した場合でも、裁判を起こすしか越境を主張できないのでしょうか?
>合意で行うことはできますが、所有権(時効も含む)を吸徴されればそうなります。
> 図面そのものには変更がなく、土地家屋調査士は越境を認める箇所の追加を行ったようですが、これをお隣が認めない場合、最悪の場合、杭があっても隣地は外壁位置まで時効取得できてしまうということでしょうか。
その可能性はあります。

2016年06月15日 17時22分

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

境界損壊罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

自分の土地と他人の土地の境目を示す目印を壊したりして、境目がどこかわからなくすると、境界損壊罪という犯罪にあたります。この記事では、境界損壊...

この相談に近い法律相談

  • 土地境界問題で当事者が協議した内容の確認書の効力について

    隣家がリフォームすることになり、土地の境界問題が出てきました。双方の主張が食い違っており、その主張を裏付ける地積測量図等の資料もなく、話し合いを重ねております。当方、相手方、相手方のリフォーム業者で協議しており、その都度、業者が打ち合わせ記録カードを作成し、双方確認のサインをし、そのコピーを受け取っています。そ...

  • 土地売買取引でのトラブルについて

    半年前に市街化調整区域の既存宅地を一筆購入しました。空き家も残っていたので土地購入費とは別に仲介業者へ支払い、解体した後に土地を購入しました。この際、土地の売買契約書に署名しましたが、重要事項説明書自体はありませんでした。 3か月前、購入した既存宅地の土地の中に、もう一筆「田」が入ってあることが判明しました。...

  • 建物完成遅れと現住居売却の損害金

    不動産業者が売主の建築条件付き土地を買いました。 契約書には6月に建物完成引渡しとありますが、業者都合で着工が遅れ完成時期は不明です。 売主に現住居の売却計画の相談と建物完成時期の確認を行い、別の不動産業者の媒介で現住居の売却を行い、7月に退去します。 建物完成まで賃貸物件に仮住まいします。 質問は2つです。 ...

  • 宅建業法違反「取引の反復継続性について」

    相続により取得した土地が区画整理で整備され、20以上の区画を所有しております。 不動産業者にそれぞれの区画を個人に仲介業者を通して売買するとしても宅建業法第二条第二号の取引の反復継続性にあたるため違法となり、刑罰になるといわれています。 今回のケースは宅建業法違反になり刑罰にあたるのでしょうか。 また、逮捕され...

  • 行政が不動産買った時の売り主の本人確認の懈怠

    共有の土地を道路にすると言って行政から土地の買い取りの話が来てたそうなのですが 私は全く知らなくて、父が私の印鑑証明等を勝手に持って行って契約したそうです あとから確認の電話がきただけでした。電話では誰かが私になりすますことも可能なのに 私とは直接会っていません 司法書士なら必ず直接面談したりするそうですが、こ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。