隣の家屋の越境に関する質問事項

平成23年9月に隣の家の家屋が越境している土地を不動産業者を仲介して購入いたしました。
越境している家屋についは覚書を交わしておりますが、建物が越境してることと、建物を解体して新たに建築物が建築される場合は越境しないことが記載されております。
土地に新築をたてるため、確認を行ったところ越境している隣の家の家屋から上水の管が出ていることが判明しました。
なお、当初不動産業に確認したところ、水道局の図面には載っていない配管だったため、誰が使用しているのか再度調査させたところ、古い図面には隣の家の家屋が使用しているとの図面と説明がありました。実際に上水の管が使用されているか、私は判断できませんが、不動産業者は使用してるとの説明でした。

①この場合に上水の管は建物に含まれるので、覚書に記載の建物として取り扱うのでしょうか?
②覚書になる建物と上水の管は別であるなら、仲介をした不動産会社からの説明をうけていないため、不動産会社を訴えることはできるのでしょうか?
③購入から5年近くになっていますが、②で訴えられる場合に時効となってしまうのでしょうか?
2016年06月10日 22時56分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ベストアンサー
ありがとう
①この場合に上水の管は建物に含まれるので、覚書に記載の建物として取り扱うのでしょうか?

 準ずるべきでしょう。

②覚書になる建物と上水の管は別であるなら、仲介をした不動産会社からの説明をうけていないため、不動産会社を訴えることはできるのでしょうか?

 不動産会社も知らなかったことですから、容易に調査できた事情がなければ、訴えることは困難と思われます。

③購入から5年近くになっていますが、②で訴えられる場合に時効となってしまうのでしょうか?

 調査容易で不動産業者の説明義務違反の責任が生じる場合、それを知ってから10年時効と思われ、大丈夫でしょう。

2016年06月11日 05時55分

この投稿は、2016年06月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 重要事項説明書について

    14年前に中古戸建を購入しました。 その際に不動産業者からの重要事項説明書に飲用水・水道については公営となっていて間違いは無いのですが、購入した並びの7軒の宅地を水道管が通っていることがわかりました。水道局は宅地に入っている管のため、共有管ですとのこと。 現在、お隣が建替え工事になっていてその水道管は使わないので...

  • 汚水槽の撤去について。1.この汚水槽は誰の所有物になるのか?

    6年前に中古住宅を取得しましたが、築40年という事もありこのたび新築することになりました。 新築の工事前に近隣にご挨拶に伺ったところ、隣家から今まで使用していたんだから汚水槽を私の費用で撤去しろと言われました。 中古で購入した時には汚水槽の話は聞いておりませんでしたので驚きました。 この汚水槽は公道に設置され...

  • 雨水の排水口をこちらに向けて設置された

    新たに土地を購入して、その上にこれから建物を建てて居住することになっています。隣地との間にU字溝があります(こちらの所有地内です)。昔はそのU字溝は公道の排水溝に繋がっていたのですが、現在は近隣の他の新築建物を建築する等の工事に際して分断されたりして機能しなくなっています。 土地を購入する際に、仲介の不動産業...

  • 隣地擁壁からの排水について

    隣地擁壁の水抜き穴からの排水が当方の敷地内に着地することをやめさせることはできますか? 隣地所有者が擁壁を建設するので説明を受けたのですが、擁壁が当方の敷地と接するように設計されてました。当然、水抜き穴から排出された雨水が当方の敷地内に着地することになっており不愉快です。こうした設計は建築基準法上許されるので...

  • 購入した土地の下水の配管が問題に

    7月に古屋つきの土地を購入しました。購入前に、下水の配管が隣家2軒とあわせて3軒分共用で、裏の土地の真ん中を通っていることがわかったので、うちの土地の売主さんと隣家の方たちと、最近この裏の土地の持ち主になった不動産屋Aで話し合いされ、共用のまま配管を隣家との境界ぎりぎりのほうにずらす工事を行ったそうです。そして私た...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。