敷地境界手前にフェンスを設置。境界線を犯していないことの立証責任はあるのか?

公開日: 相談日:2016年04月02日
  • 1弁護士
  • 3回答

【状況】
先日、40年前に建売分譲で購入した一戸建て自宅をリフォームし、隣家との敷地境界線の手前(当方敷地内)にあった半分近く朽ち果てた既存フェンスを新しいものに(全額当方負担で)建て直しました。
相手方には、工事前にリフォーム会社からフェンスを建て直す旨とその位置を現場で説明してもらっており、合意を得たと聞いています。

ところが相手方は、工事完了の約3か月程後、新設したフェンスが敷地境界線をオーバーしていると主張してきました。
相手方の主張は、既存のフェンスの位置が境界線であると認識していたが、新設フェンスはこれをオーバーしている。工事前に合意したつもりもない。新設フェンスが境界をオーバーしていないと言うなら土地家屋調査士などの専門家に依頼してその事実を証明しろ。その費用は一切負担するつもりはない。
というものです。

ちなみに、問題の境界線とフェンスの位置関係は次のとおりです。
境界線南側端に境界標があり、フェンス土台の全体がこの境界標より当方側に収まっています(既存・新設のいずれも)。
境界線北側端には境界標が無かったため、新設フェンスの土台の相手方側端と既存フェンスの相手方側端とが同じ位置になるよう設置しました。
新設土台が既存土台よりコンパクトなため、土台の中心に立つフェンスの位置は、既存フェンスよりやや相手方よりになっています。

状況からして境界線を犯していないということはほぼ明らかであると思っているのですが、一方で当方も片端の境界標と既存フェンス土台位置だけを根拠に境界線を主張しており、実際に客観的な方法でその確認をしたわけではありません。
しかし、実際にこれを確認・証明するには多額のコストがかかりますので、避けたい(というより無理)です。

さらに、困ったことに相手方は所謂話し合いによる解決・和解などができる相手ではない(俗にいう近所でも有名なクレーマーでトラブルメーカー)なのです。

【ご相談内容】
①上記の状況から当方の境界線の認識し方と工事着工の手続きに問題があったのか?
②相手方の要求どおり多額の費用を負担して境界線を確認する義務が(法的に)当方にあるのか?
③②の義務が無いとした場合、そのことを相手方に告げるのみでその後一切対応せず放置したときにどのような法的リスクが考えられるか?

以上何卒よろしくお願い申し上げます。

439215さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    ①上記の状況から当方の境界線の認識し方と工事着工の手続きに問題があったのか?

     予め同意書を取っておくべきだったでしょう。

    ②相手方の要求どおり多額の費用を負担して境界線を確認する義務が(法的に)当方にあるのか?

     そのような義務はありません。境界を超えていると主張して請求をする側に立証責任があります。

    ③②の義務が無いとした場合、そのことを相手方に告げるのみでその後一切対応せず放置したときにどのような法的リスクが考えられるか?

     訴えられるリスク、嫌がらせを受けるリスクなどがあるでしょう。

  • 相談者 439215さん

    タッチして回答を見る

    西田先生

    早速のご回答、誠にありがとうございます。

    無知でお恥ずかしいのですが、追加のご相談です。

    ③で訴えられた場合、双方で要した裁判費用の負担はどうなるのでしょうか?
    相手方主張どおりの結果となったときと当方の主張どおりの結果となったときとでそれぞれご教示いただけますと幸いです。

    何卒お願い申し上げます。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    > ③で訴えられた場合、双方で要した裁判費用の負担はどうなるのでしょうか?
    > 相手方主張どおりの結果となったときと当方の主張どおりの結果となったときとでそれぞれご教示いただけますと幸いです。

     相手方の主張通りになれば訴訟費用はあなたの負担となります。訴訟費用は印紙代等であり数万円です(弁護士費用が負担されられることはありません)。
     あなたの主張通りになれば、全く逆となります。
     相手方の主張が一部認められたときは、その割合に応じて訴訟費用が割合的に負担させられることとなります。

  • 相談者 439215さん

    タッチして回答を見る

    西田先生

    ご親切にご回答いただき本当に感謝申し上げます。

    しつこい追加相談で大変恐縮なのですが、
    ③での裁判費用として、印紙代と弁護士費用のことはわかりました。

    境界確定訴訟においてはこの他に測量等の実際に実測するなどして境界を確定する費用がかかると思いますが、この費用は、原告側が訴えを起こすにあたり負担するもので、判決結果がどうなるかを問わず、被告側が負担させられることはないとの認識でよいでしょうか?

    お忙しい中大変こころ苦しいのですが、何卒ご教示お願い申し上げます。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    境界確定訴訟においてはこの他に測量等の実際に実測するなどして境界を確定する費用がかかると思いますが、この費用は、原告側が訴えを起こすにあたり負担するもので、判決結果がどうなるかを問わず、被告側が負担させられることはないとの認識でよいでしょうか?

    その通りです。

この投稿は、2016年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「土地の境界線」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから