土地売却につき、隣との土地の境界線上にある塀を取り壊してもらいたい。

昨年土地を購入し、現在戸建(3階建て・木造)を建設中です。
隣のアパートを所有している地主さんと以下の2点において揉めています。

ご回答のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

①区役所から道路拡張のため、任意で土地の一部を売却して欲しいとの話を受けています。
当方としては売却し、区役所からお金を受け取りたいと思っています。
ですが、区役所からの話では、隣との境界に塀が立っており、塀を壊してもらわないと土地を購入できないとのことでした。
隣のアパートのオーナー(地主)に塀の半分が当方の敷地にあるため、壊してほしいと申し出たところ、「弁護士に相談したところ、塀を壊す必要はないとのことなので、壊したくない。自分の土地も区役所から一部購入したいと話があるが、売却するつもりはない。」とのことでした。
因みにその塀には隣のアパート名が大きく記載されており、塀を建てる費用はアパートのオーナーが全て負担したとのことです。

所有者の許可なく当方の土地を侵しているのに、この先方の言い分は納得できません。
当方の購入以前から、当方の土地に隣人の建てた塀が侵入していた場合は、法的には先方負担で取り壊してもらうことはできないのでしょうか?

今回の区への売却の件でなくても、今後売却する時にも困ったことになるのではと不安です。


②依頼している建設会社の方から、隣のアパートの給湯器(外付け)からでる熱気で、建設中に家を囲う形ではっているビニールが焦げた。今はまだ外壁を張っていないが、外壁が焦げて(劣化)してしまうのではないか。との指摘を受けました。
隣のアパートのオーナーにその旨を伝えたところ、「うちが何かしなくてはいけないのか」と言われました。

給湯器の位置を変える等、費用がかかる場合には当方が負担しなければならないのでしょうか?
万一、このことが原因で火事になった場合、非はどちらになるのでしょうか?
 

いちごichigoさん
2016年02月25日 22時42分

みんなの回答

松原 脩雄
松原 脩雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 奈良県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
なかなか難しい問題です。東京の建物事情に詳しい専門家と相談しながら解決策を求められるのが上策です。その前提で法の視点からのアドバイスをて若干させていただきます。

①について
1 双方の境界にまたがって立っている塀は、おそらく前所有者と相手方の間の合意の上で作られたものだと思います。民法でいう囲障設置権(民法225条)に基づいていると思います。

2 そうしますと貴方がこの塀を撤去させる権利は難しいでしょう。もっとも東京は大都市ですので別の慣習があるかも知れません。その場合にはその慣習に従うことになっていますから(民法228条)、この点も検討しておかれたら良いでしょう。

3 なお民法225条は、隣接する建物の所有者の権利とされていますので、区役所がほしがっている土地を分筆すれば建物所有にはならず、この要件を満たさなくなりますので、理屈の上では塀を撤去せよということも考えられます。ともあれ本問題を正面から取り上げた先例や理論ははなさそうですので、相手方と話し合いが決裂したときには訴訟ではなく、民事調停をされることが無難でしょう。

②について
給湯器を使用している人は、その廃熱を隣人の土地まで発散させる権利はありませんが、大都市のことですから、貴方としてある程度まではそれを受忍せざるを得なければならないと思いますが、その程度が火災を引き起こすほどに猛烈なものであれば貴方は当然そうした給湯器の使い方をやめさせる権利(妨害排除請求権)はあります。
 

2016年02月26日 19時24分

この投稿は、2016年02月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣との境界に杭

    38年前に両親が購入した土地・建物ですが、隣家との境界に亡父がコンクリート杭を打ち込んだようです。 これを隣家の方から直接私に知らされたのは、雑草を取りに行ったつい先日のこと。 隣家の方から2年ほど前に母に伝えたとのことですが、母は2か月前に他界したため確認できません。 私の土地は隣家よりも高くなっているため、現...

  • 実家の隣にアパートが建つことになりそうです。法には触れないが誠意が感じられません。

    実家の隣地トラブルの相談です。隣地は数年前まで廃材置き場でしたが、持ち主の会社が倒産し実家の近所の方(実家の地域ではかなりうるさい人)が買取ました。買い取ってすぐ、実家との境界に3メートルの垂直な擁壁を建て、実家は隣地より北にあり、坂の下にあるため1階の南側は日中電気をつけずには生活できなくなりました。擁壁の高さに...

  • 隣地との境界標の復元要求について

    隣地で家を新築しているのですが、道路に面した溝の中にあった境界標を本日セメントで埋めてしまっているのを発見しました。 私が家を建てた時には、溝は市有地だから勝手に工事はできないと、溝の底のコンクリートにヒビが入っているのでさえ治せなかったのに、隣は溝を深く掘ってセメントを流し込んでいただけでなく、 境界標まで埋...

  • 隣地擁壁が越境している境界線について、返却をしてほしいです。

    お世話になります。 隣地が売却され、新たに家屋が立つ予定です。 事前に土地家屋調査士が確認したところ、 土地間にブロック塀があり、その塀の下に擁壁があるのですが、 当家入口から見て、擁壁の右端から奥の左端を線で繋いだ部分が境界線であることが確認されました。 今回家屋が立つため、現在取り壊しをしていますが、...

  • 至急です!隣地の土地について

    元々、山林だった地区の分譲地を購入し、隣の家との境界の近くですが私の土地側に擁壁をたてようという計画です。隣家は現在まだ工事中です。土地は高台にあり各々擁壁をして基礎を造り新築するという土地という認識でしたが、隣家は平面部分にいきなり家を建てて傾斜部分は土むき出しのまま使うようです。 私家が擁壁を作る際に土留...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。