隣接者はブロック塀を作るよう強要できるのか?

敷地の相談。
隣の家と、自宅の間には自前の塀はありません、南側は双方に塀があります。
1.隣接する家が構築したブロック塀に土がかぶっているのでブロック塀を作る事
2.片方は自前の塀ですが、基礎のセメントが隣の家の敷地まではみ出ていたので、隣の家が5年前に塀を作る際、はみ出しているセメントを取り除く費用が余分にかかり、その費用を弁償する事。
以上の条件を実行しないと境界確認書に印鑑を押さないと言われています。
ブロック塀を作り、弁償をしなければいけないのでしょうか。

2015年12月11日 11時31分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
>ブロック塀を作り、弁償をしなければいけないのでしょうか。

状況がはっきりしませんが、あらたにブロック塀をつくる義務はないでしょう。基礎の撤去費用については、支払わなければならないケースもありえます。
いずれにせよ、境界確認書に、印を押す条件として言ってきている以上、それらを拒否すれば、印を押してくれないという状況は続くと思われます。
任意に印を押してもらうということを優先するなら、相手の条件をのむしかないでしょう。

相手の条件を撤回してもらい、境界確認だけをしたいというのであれば、裁判所での調停や裁判などの手続き、あるいは弁護士会が運営するあっせん手続などを利用する必要があると思います。

2015年12月11日 12時03分

この投稿は、2015年12月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 擁壁下土地の境界ブロック依頼について

    南側隣家(新築建売物件)との境界を示すブロック設置依頼についてご質問いたします。 南側隣家と私どもの家では高低差が2,5メートルほどあるため高い擁壁があります。擁壁下は相手側宅地面と同じ高さで擁壁の壁から境界線まで私どもの土地が10センチ強あります。 先日南側隣家を建てたハウスメーカーが私どもの許可なく私どもの土...

  • ブロック塀撤去の際のトラブル 隣家の主張の正当性について

    昨年、実家を相続しました。 将来利用する予定は無いのですが、特に今のところ売却する理由もないのでそのままにしています。 ただ、敷地を囲むブロック塀が敷地側へ傾いており大変危険だったので、業者に依頼しブロック塀を撤去してもらいました。 (塀は私の親が設置したもので、建物正面以外の3方向とも敷地内にありました) ...

  • 隣家との間の老朽化し、かつ越境して建てられている塀の建て替え

    界線のブロック塀作成に関する質問です。当方は旗竿土地に建一戸建てで、隣家は昨年リフォームしました。工事後に初めて境界線を計測したところ、以前から建てられていた隣家のブロック塀が2センチから10センチ越境していました。ブロック塀も老朽化しており、塀の取り壊しをお願いすることは可能でしょうか。その際新しく建築する塀の...

  • 境界ブロックの改善費用は誰がもつ?

    父の所有境界ブロック塀の話です。 最初に父の所有借家を崩す 地場工務店が新築戸建てと、父所有の境界ブロック塀を施工 既存配管の上に境界ブロック塀を地場工務店が施工、その為基礎が浅い ブロック塀が隣地側に倒れる その隣地側が古屋を崩して新築戸建てを施工 隣地は古屋がある時より地面を掘り下げる そのため、...

  • 隣りの家のブロック擁壁に苔やカビが付いたのは、私の敷地内の木や鉢のため?で、私の責任でしょうか?

    45年前に造成した団地で当初より、隣りの家のコンクリートブロックの擁壁(高さ1.5m、幅14メートル)があります。その擁壁の近くの我家の敷地内に樫の木の植え込み(高さ2mを6本)や草花の鉢が多数並べてあります その樫木の植込みや草花の鉢のため、コンクリート擁壁に苔やカビが付いてるので、 「苔やカビが付くと将来コ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。