隣に建設中のマンションが境界線(空中)から10cmなのですが

隣の家との境界線(空中)についてお伺いします。
現在、家の裏(南側)に新築で2階建てのマンションが建設されています。

そこで境界線なのですが
2階部分のバルコニーが建物から30cmほど、せり出しており
我が家の2階の窓から手を伸ばすと触ることのできるぐらいの距離にあり
気持ち悪く感じてます。

もちろんですが、窓を開ければ
そのバルコニーから部屋の中が丸見えですし
都合50cm~60cm(我が家は境界線より47cmの建物、マンションバルコニーは境界線より10cm)
しか離れていないことになりますので
侵入しようと思えば、侵入できる距離にバルコニーが作られております。

それは気持ち悪いということで
本日、工務店と設計士の方とお話しし目隠しを付けるということになりました。


ただ、境界線から10cmの場所にバルコニーを作っていることに関して
それは問題ないのか?と問いただしたところ
「バルコニーは建物にならないので、せり出しに関しては何ら問題がない」

との回答でした。

少し調べたのですが【民法234条】では
建物を建てる時は境界線から50cmの距離を保たないといけない
と記載されていました。

そこで、ご質問なのですが

本当に、工務店と設計士の言う通り
バルコニーのせり出しに関しては、民法234条が適用されないのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この件について、知恵をいただきたく思います。
※マンション建物自体は境界線から40cmほどに作られています。

なにか、言いくるめられてるような気がしてならないです。

もし適用されるのでしたら
今後、私としては何ができるのかもお教えいただけましたら幸いです。

2015年10月02日 16時17分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
民法の50センチの距離を保たなければならないという規定でいう、50センチの距離は、境界線と、建物側壁の固定的突出部との最短距離をいうとされています。
従って、バルコニーであっても境界から50センチ離さなければなりません。
ただし、防火地域などでは、50センチよりも近づけて建築して良い場合もあります。

2015年10月02日 16時32分

相談者
弁護士A さま
ご回答ありがとうございます。

さっそく、調べましたら
我が家とマンションは「準防火地域」となっていました。

ということは、

建築基準法(隣地境界線に接する外壁)
第65条  防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

が、適用されるということになり

民法 = 50cm
建築基準法 = 接してもかまわない

というように、2つの法律で
全く違う解釈になるのですが、どちらに効力があるのでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ お互いの建物は「近隣商業地域」にあたります。


あと、建築士が私に言った
「バルコニーは建物にならない!」という言葉に疑問を感じています。
素人だからと、嘘八百で言いくるめにきてるようにしか思えなかったりします。

その建築士いわく、バルコニーは建物にならないから
民法には引っかからないということです。

法律的には、バルコニーは「建物」になるのでしょうか?
「建物」にはならないのでしょうか?

世間の常識はいろいろあると思いますが
それを聞いた時に「はぁ?」となってしまいました。
私の常識では、バルコニーも立派な建物です。

いろいろご意見が聞けたらと思います。
よろしくお願いします。

2015年10月02日 17時45分

この投稿は、2015年10月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 民法234条 境界線から50cm離した建築について

    初めて相談致します。ある程度の広さの土地を購入してそれを分割して建築条件条付き土地として販売している中規模ハウスメーカーで約2年前に新築しました。当方の北側の土地がなかなか売れないので建売住宅として販売することになったようで数か月前に建築が始まりました。当方へは設計図等の説明は無しでただ工事が始まるのでご協力願...

  • 私有地に無断で足場。これは、正当な権利として認められますか?

    一戸建て住宅の所有者です。 隣にマンションがあり、マンションの壁から境界までと、我が家の庭から境界までそれぞれ30〜40cm程しかありません。境界はお隣が建てた高さ30cmのコンクリート塀のみです。 昨日、何の連絡もない状態で突然、マンションの外壁の一部を被う足場が組まれました。そのうちの3本の足場は我が家の敷地側60c...

  • 隣家との境界にフェンスをたてようと考えています。

    隣家は我が家より土地が1m程高く隣家側に塀はあるのですが、我が家からすれば1.5mで隣家からすれば50cm程度です。丸見えなので困っています。隣家はフェンスを建てる事を望まれない様子でしたので、我が家の敷地内に2.6m(隣家からすれば1.6m)のフェンスを建てようと考えています。知り合いの工事業者にアドバイスをもらいながら自分で木...

  • 隣地新築住居の玄関が自宅キッチン窓に隣接

    民法234条に関連する質問かと思いますが、我が家の南側隣地に建築中の新居の玄関口が自宅キッチン用出窓(南向き)に隣接する形で設計されており高さの違いはあれど目隠しが無ければ玄関口から自宅内が筒抜けにされるようなイメージで違和感を持ちます。境界線から70cmの間隔は確保されていますが植樹ないし目隠しの設置を先方或いはHMに...

  • 民法235条の法的効力について

    前回、民法236条の異なる慣習についてお尋ねしたのですが、曖昧な物という回答でした。 我が家の隣に4階建てのマンションが建つ事になりました。(マンションから隣地境界線までの距離50cm+我が家から隣地境界線までの距離50cm)我が家との距離は1mで12個の窓が全てこちらを向いています。我が家のトイレお風呂場寝室と向き合っています...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。