隣の土地との境界について

自分の宅地と隣の宅地の間にいつ設置されたか分からないコンクリート杭があります。
この度公図を元に測量した結果、その杭だと自分の宅地が登記簿より約100平米足りなく、隣の宅地が登記簿より250平米多い事が分かりました。
その杭を約4メートル移動すれば自分の宅地はほとんど丁度になり、隣の宅地それでも150平米多いままになります。
杭の移動はどの位主張出来るのでしょうか。
2015年09月15日 23時27分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
公図から測量とありますが、公図はそもそもそれほど正確なものではありません。
公図から推測したとしても、実際と違う場合もかなりありますので、どこまで相談者の主張が通るかわかりません。

2015年09月16日 03時00分

相談者
ありがとうございます。
公図は土地改良換地図です。
14条地図や精度区分はありません。

2015年09月16日 12時20分

相談者
ちなみに自分は市役所勤めですが、境界に納得がいかなくても承諾しなくてはダメでしょうか。
公図では相手の土地のみたいですが、自分が子供の頃から自分のウチが使っている場合は時効取得も出来るのでしょうか。

2015年09月16日 21時51分

この投稿は、2015年09月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 宅地開発による異様な盛土を止めさせたい

     私の住宅の北東側の隣接していた畑(約1000平方メートル)が、不動産会社に売却され、宅地として造成されています。その不動産業者は、盛土で付近の宅地より0.7m(見た目)ほど高い土地を作り、細かく7戸に区切った狭い土地の日当りを確保するようです。  私の住宅付近は勾配1%以内のフラットな土地なので、0.7mも高い盛土は異様で景観...

  • 法務局の地図と実際の土地の面積が違うとどうなりますか?

    法務局の地図と実際の土地の面積が違っているとなにか不都合は起こりますか? 現在私所有の土地A(借地人A)と土地B(借地人B)をそれぞれ貸しています。土地Aと土地Bは地続きの隣接した土地です。 それぞれ借地人A所有、借地人B所有の住宅が建っています。(先代の口約束で借地に関する契約書はありません。) 土地Aが契約解除...

  • 土地の境界線トラブル

    境界線の立ち会い後、隣地は田のため、土地が低く当家の境界線から土砂が1.82m2隣地を侵害していました。不動産業者から、侵害している土地の買取りを要請されています。 僅かな土地ですが単価も高く、司法書士の手数料(9万円)も加えると即答が出来ません。 円満解決の方法を教えて下さい。 隣地は、土盛りして建て売り住宅が建...

  • 40年前の道路境界について

    昭和45年に宅地造成された宅地と道路の境界について、自然に動いたと思われる工作物の処理について教えてください。 大手開発事業者により、造成された戸建て分譲地(1000宅地程度)内の道路U字溝と宅地の間にコンクリート杭が境界として埋設されていましたが、元の地盤が田んぼだったこともあり、直線だった境界(U字溝)がゆがんでいま...

  • 隣人が生前に贈与してくれた隣地との間の土地が隣人死亡で相続され、贈与された土地まで相続移転登記された

    長年隣地との境界にブロック塀があったのですが、測量の際に隣地の測量ミスが発覚し、図面上に幅0.3m x 長さ25m程の空白の土地が発生してしまいました。既にこの空白の土地の上に隣人がブロック塀を設置しており、ブロック塀の下の土地は私に無償贈与する代わりにブロック塀は移動破壊しないという念書を書き、登記せずにそのままにし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。