【土地境界立合について】自宅前の公道が他人の私道になる可能性あり

初めてご相談致します。早めにご回答を頂けると大変助かります。

【経緯】
自宅:平成11年に中古住宅と土地を購入。(平成5年築の物件)
自宅前の道路:平成16年にA氏所有の位置指定道路を市に寄付し、公道となった道路。

【A氏の代理人である土地家屋調査士からの申し出】
①平成16年の位置指定道路の市への寄付時の測量図に誤りがあり、現況実測図より少ない面積を市に寄付した。つまり、登記の測量図は間違っている。
 ※法務局で測量図を確認したところ、素人でも分かるレベルだったので間違いは確認できました。
 
②その少ない面積は、公道と自宅の敷地境界に細長い土地として存在している。そしてその所有権者は、A氏である。
 ※測量図と現況実測図の差が、細長い土地になります。
 ※測量図では自宅敷地と公道の間に、他人の土地の記載(地番)はありません。

③A氏所有の細長い土地を市に寄付するため、自宅敷地との境界確認を実施したい旨申出あり。

【照会内容】
①A氏代理人からの境界確認申し出は、正当性がないと考えますがその理解で良いでしょうか。
 測量図では公道と自宅敷地しか記載がなくA氏の細長い土地は存在しない、自宅敷地とA氏の土地は接していないのでA氏との境界立会いはありえないと考えます。

②法務局の測量図が間違っているのは事実であり、測量図を修正したいのなら、平成16年に位置指定道路を寄付する時に誤り(錯誤)があったとして申請しなおせば良いと思うのですが可能でしょうか?

③仮に境界確認をして合意の印鑑を押すとA氏所有の細長い土地が実在することなり、細長い土地を第三者所有として登記されると自宅敷地は、公道に接しなくなり建物を建てられなくなるという理解です。

このようなことにならないようにA氏代理人と交渉したいのですが、その対策(抗弁)を教えて頂ければと存じます。

どうぞよろしくお願い致します。
JULYさん
2015年07月22日 18時54分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
現場を見てみないと。わからないことが多いですが
安易に、相手の主張を認めるべきではありません

2015年07月31日 00時21分

この投稿は、2015年07月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地境界のトラブル(地籍測量図上の隣地境界と建築計画概要書の隣地境界の優先順位?)

     昭和45年の地積測量図があり,登記されている土地を所有しております。 他界した父が平成8年にその土地を更地にして木造の2階建てを新築いたしました。 現在その土地の隣地境界についてお隣の方と問題を抱えております。 登記所で調べましたところ、お隣の方の土地は登記はされておりますが地積測量図は存在しておりませんでし...

  • 虚偽の建築確認申請をした場合

    隣地が新築中です。建築確認申請の真北方向が方位磁石や実測図と余りに違うので、建築局が発行した白地図を、設計図と等倍トレースし、確認したところ、真北方向が12度西に傾いており、前面道路の角度も違っておりました。 乱暴に白地図を作成したらしく、前面道路は始点と終点を結んだだけで、実際とは異なることを建築局の方も確認し...

  • 私有地における市道の返還

    親から相続する予定の土地のことで相談します。 土地の登記簿と公図を確認したところ、公図通りに境界石が埋設されておりますが、その土地の一部(長さ15M 奥行0.5M)に市道および排水溝が施設されており、結果として長年固定資産税も課税されていることが分かりをました。将来、家屋の増築も考えていますので、占有されている土...

  • 不動産侵奪罪 境界損壊罪

    6人で共有する土地(墓地)の敷地内に他人が植林しました。その人物は当該墓地と隣接する山林の所有者の代理人であり、墓地の一画に植林し、そこを隣接する山林の所有者の土地に組み入れようとしています。敷地内の一画と言える根拠は、役場の字地番図です。共有者やその地域住民もほぼ字図の通りに境界を認識しています。また、この人...

  • 土地時効取得と境界杭

    お世話になっております。45年前に両親が当時他の所有者の畑の一部を分筆し、家を建てました。両親も80歳をこえたため療養施設にて生活しているため、この度宅地建物の売却を行いました。仲介された不動産会社にて作成された契約書にt、公募売買ときていされています。また、契約締結前に売主は境界を明確にするという一文がはいており...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。