整地するジャングル状態の隣家との高【隣家】低【自宅】差1.2mの間にある万年塀は当方が所有者

数年前に母との共同名義で土地(母)を購入して家(私)を建てました。
母は大工Mさんの紹介で建築士Yに「購入を希望する土地がある」と伝えました。
Yは土地や周りを調べる事無く話が進み、Yが決めた不動産屋二社と土地所有者の大手不動産会社Aとの売買契約をしました。

物件の決定前Yに「家を二世帯にしたい予算の関係で他の建築会社に依頼します」と伝えると「今まで住んでた家の売却書類関係や相続等、今後自分にしか出来ない。」と言われ渋々依頼しました。
その際にAに付属していた大手建築会社Bに建築解除の違約金300万を支払いました。

土地の売買契約当日Yは母に同伴していましたが、Yが土地を確認したのは売買契約後です。
(私は仕事を休むつもりでしたが、契約日変更不可と言われ)
母は売買契約書に紛争のない万年塀があると記載してあったものの、理解できていないまま押印してしまいました。
着工後、大工のMさんから「この土地はお金のかかる土地だよ。Yさん、視察に来なかったの?」と言われました。
母はYと不動産屋に説明不十分と抗議しましたが後の祭りでした。

当家は分割された土地で家の2辺が高台になっており、入居して直ぐ隣家②(横)に「この壁は貴方の家の物」と道で唐突に言われました。調べてみると昔は隣家と同じ高台でしたが新道に合わせて掘り下げ整地して塀を建てたようです。

【本題】
当家は貸家にしています。
隣家①が整地するため境界線の立ち合い済み。未押印
境界線図で万年塀は当方所有
①と地面の高低差1.2m
①の家は塀沿い/庭中に大きな落葉樹の木々が覆い茂っている。
*整地する際に木を伐採するため当方地下の残腐根と地盤が心配。
*この件で塀が倒れてこないか心配
*落葉樹の枯葉が当方の雨樋や通路に落ち、非常に困っている。①は今まで何も対応なし。
①の整地・戸建建築するにあたり、持ち主や仲介業者に工事の影響によって塀が倒れてこないよう、地盤が緩まないよう責任を持って施工してほしいと口頭で伝えるだけで大丈夫でしょうか。
何かあった場合に法的効力は弱いのではないかと思っています。
やはり書面を作成したほうが良いのでしょうか?
書面を作成する場合のアドバイスがあれば御教授下さい。
書面の作成は境界線確認の押印後のやり取りでも業者は納得してくれるでしょうか?
Yにはその他の事もあり、怒りしかありません。
みぃままさん
2015年06月09日 11時06分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5
ベストアンサー
ありがとう
①の整地・戸建建築するにあたり、持ち主や仲介業者に工事の影響によって塀が倒れてこないよう、地盤が緩まないよう責任を持って施工してほしいと口頭で伝えるだけで大丈夫でしょうか。やはり書面を作成したほうが良いのでしょうか?

書面を作成しても、地盤が緩んだり、塀が壊れたり倒れたりした場合に、相手方に責任追及をするためには、相手方側の施工でそうなったことを立証する必要があり、その立証ができるかどうかは、書面で相手方に注意したかどうかには関わりません。

むしろ、塀や地盤等の現状がどうなっているかを、写真撮影や測量等により、保全しておき、相手方の施工により、地盤が緩んだり、塀が壊れたりした場合の証拠とできるようにした方が有効ではないか、と思います。

2015年06月22日 15時06分

みぃまま さん (質問者)
村上先生 
御回答ありがとうございます。
仲介業者宛てに
①建築会社もしくは仲介業者に隣家の建築の影響で塀に影響があった場合には原状回復してくれるように重要事項説明書に記載して欲しいと頼みました。
②塀側の工事工程は写真の記録が欲しい旨を伝えました。
③落ち葉の件もどうにかしてほしいと頼みました。
現在話し合い中です。
法務局に行けば私が押印しなくても境界線は隣家が申請すれば受理されてしまうということも調べて知りました。
①~③と同時進行でお願いしたいと仲介業者には伝えましたが、
返答待ちです。
書面より、実際どうなってるかの方が大事だということが分かり
方向性が見えてきました。
ありがとうございました。
頑張ります。

2015年06月22日 17時05分

この投稿は、2015年06月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地の積雪進入

    新築で考えている土地(現在宅地造成中)の横が二階建ての某古本買取り販売店です。敷地と隣接する面は店の裏側で屋根勾配では水下になり、冬になると自分の敷地に屋根からの雪が進入してくるのでは?と、心配してます。 後から宅地造成の場合、もし積雪が進入してきても改善するように苦情を言えないのでしょうか? 補足 調べたところ...

  • 新築条件付き戸建ての塀の扱いについて

    建設条件付きの分譲地の購入を進めています。土地と建物の購買契約を結びを手付金を支払っています。隣接する家が購入する土地の上に越境して塀を作っていることが分かりました。中間線を跨ぐのではなく、塀の幅全てが越境いる状態です。もちろん塀は私の資産では無いです。一帯の分譲地は同じ不動産会社が仲介して、土地販売と家の建設...

  • 誤登記の隣地にある当家の残置排水管撤去の対応

    約40年前に建売住宅を購入、隣家も同じ業者の建築で同時期に入居しました。現在は空き家なので不動産業者に売却を依頼したところ、公道から幅2mで15m以上奥に住居があり、接道条件を満足していないため宅地として売れないと言われました。手元に土地図面が2枚あって、1枚は15m付近から広くなっていますが、他方は前記の通り直角になって...

  • 建売業者に譲渡した土地に隣地への水道管が埋設されていることが判明した場合、どこまで瑕疵責任があるか

    経緯および状況 1.南北に並んだ2区画の土地A(南側)および土地B(北側)を、各々A氏とB氏と賃貸借契約を結んで賃貸していました。これらの土地は西側は私道(これも私が所有)に接し、さらに南側の土地Aは南側も公道に接しています。各々の土地には各借地人の建物がありました。このうち、北側の土地Bは、平成7年に借地人であるB氏...

  • 土地を購入した際の、隣地境界線上の壁について

    土地を購入しました。契約済みで、手付金は払っています。残りのお金は、売主側が建物を解体後に現地確認と測量をした後に、支払いをする契約です。先日、解体が終わり測量も完了したと、不動産会社から連絡がありました。ただ、測量をした結果、隣地との境界に塀(2方向)が建っていて、ちょうど境界の真ん中に建っているので、隣地の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。