土地の境界線について

土地の境界線について教えてください。

隣地と我が家との土地の境界線がはっきりしないまま、「境界立会確認書」 等書面の取り交わしもなく、土地が売却されてしまい、新しい持ち主の家屋の建築が始まることになりました。

隣地と我が家との間には塀があります。
以前の持ち主によると、境界線は我が家から見て塀から数10cm内側にあると主張していました。
(境界杭はありませんでした。以前の持ち主が建物を建てる際に抜いたものと思われます)

ところが新しい家屋の建築は、隣地から見て塀の内側から50cm離して建てられるそうです。
確かに以前の主張より境界線は下げられていますが、このように土地の境界線がはっきりしないまま、新しい家屋の建設を続けることは可能なのでしょうか?
また裁判所への申し立てによって、新しい家屋の建設の中断を求め、境界線がはっきりするまで再開しない、という処分を求めることが出来るのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。
佐藤たかしさん
2015年04月07日 16時10分

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
境界線を決めないまま建物を建てることは可能です。

境界は境界で隣人と確認されたらよいと思います。
塀が建てられてどれくらいかわかりませんが
何十年も経過すると一般的には塀が境界を示すものとして
境界が決められる可能性があります。

塀が境界上なのか、どちらかの内側かが境界になると
判断される可能性があります。

2015年04月07日 16時53分

この投稿は、2015年04月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地境界トラブルで工事を妨害されている時の、今後の工事の進め方と対応は?

    現在、自宅を新築中です(旧家は解体し建替えです)北側は道路(県道・路側帯あり)に面し、他3方向は隣地と接しております。問題は西隣のお宅との境界となります。解体前から、西隣のお宅との境界には塀がありました(コンクリート製)この塀の建設は西隣のお宅の方が特に断りもなく20年ぐらい前に建設しました。その塀の起点には、境...

  • 土地使用権における詐欺未遂の構成要件について

    8年前に中古住宅を購入しました。一つの地番を隣家と分け25年前に建築されたもので、境界に塀が建設されています。塀は境界線に沿って殆ど当家敷地内に建設されていますが、一部境界線からはみだしているように見えます(面積として1%くらい)。隣家は入居当時から塀は共有物だと主張されていましたが、ついに昨年内容証明で、越境部分...

  • 隣地の新築建物について

    お世話になります。自宅の南東側にあたる土地に新しく家が建ち始めました。その隣地は200坪以上はある広大な土地です。それにもかかわらず、隣地の南側を大きく開け、私の自宅側に寄せた格好で建築しています。以前は古屋が建っていましたが、そこまで自宅に寄ってはいませんでした。その建物は、2階建てで境界線から1.5m程度離れては...

  • 自宅敷地内の塀への盛り土について

    自宅は測量をし、境界石も打っています。自宅を建てる際、敷地内に塀を作りましたが、隣は空き地でした。数年後、隣に家が建った際、当方へは何の連絡もなく、当方の塀に勝手に盛り土をし、家を建てられました。ちなみに当方の塀の基礎部分より高く、塀の部分にまで土があります。当方は基礎部分までしか土がありません。 私は県外...

  • 隣地との角きりについて

    宜しくご指導ご教授お願いいたします。私の畑の土地と隣地の境界について今から36年前にお互いの先代と私が立ち合い、境界線を市道まで確認決定し、両地主の立ち合い合意のもと境界に境界杭を埋設し、境界線を確定しました。併せて私の土地の畑が隣地より低地にある為、雨水等で迷惑がかからぬよう隣地の土地へ隣地の費用でよう壁を建...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。