隣地の木が越境しています

法律相談にそぐわないかもしれませんが、隣地の木が越境していますが、隣地の所有者が登記事項証明書の住所から引っ越していて住所変更登記していません。市役所の固定資産課税台帳も旧住所です。旧住所に手紙を送ったのですが返ってきてしまいました。隣地の所有者を探す方法と越境した木を勝手に切った場合をリスクを教えてください。木を切れないと売買契約した土地の決済ができないので困っています。本件土地は分譲住宅を建てる予定です。区役所は弁護士に相談しろと言います。
教えてください。宜しくお願いします。
2012年03月18日 15時22分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
まず、民法の建前では、

233条1項 
「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に
その枝を切断させることができる」

同条2項 
「隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる」
 
となっており、
2項で根を切り取ることができるとしているのに対して、枝については、
1項で「(所有者に)切断させることができる」と明確に区別されているため、隣地の枝を勝手に切り取ることはできないということになります。
隣地の枝が伸びていることは、急迫性がある侵害ともいえないので
これを切ってしまった場合、正当防衛も条文上は成立しにくいということになります。

2012年03月18日 18時13分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
前に述べた民法の建前によれば、
相手を探し出して、枝を切る等の処分をしてもらうということになります。
 
相手の所在については、住民票や戸籍の調査をすれば、
住居変更届をしないまま行方不明になってしまったのでなければ
判明します。住民票については、利害関係があれば第三者でも徴求できると
している市町村が多いようですが、戸籍関係書類は第三者では取れません。
弁護士に頼めば住民票関係書類も戸籍関係書類も弁護士が職務上請求という形で取ってくれます。
相手に連絡が取れれば、
枝を切るという処分の承諾を得れば、とりあえず切枝はできます。
枝を切る費用は、原則としては、相手方が負担すべき費用ですが、
費用的にわずかで、余計な争いや手間暇を避けたいと言うことであれば、
枝を切る承諾だけをもらっておいて、自分の費用で切るということも
自分がそれに納得していれば当然OKです。
枝を切る承諾は文書でもらっておいてください。

2012年03月18日 18時18分

この投稿は、2012年03月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 住所不明の土地所有者の会社を探したい。

    住所不明の土地の持ち主について ご相談致します。 自宅の裏山は急傾斜地危険区域です。 実際に自宅は3度の被害にあっています。 崖の状態を見て県、市で工事をしてくれる運びとなりました。 裏山の持ち主は株式会社ですが 法務局等で調べた住所には不在で連絡がとれません。 何か探す手立てはありますか。署名と印鑑をもらわ...

  • 隣地境界から越境している樹木について

    土地を購入し、隣地より木が越境しています。隣地は貸家です。 隣地の土地の所有者、貸家の仲介をしている不動産業社には木を切る許可を得ました。 実際にその貸家に住んでいる人には時間的になかなか会えなく許可をとっていません。 この場合、切ってしまってもいいのでしょうか?

  • 隣接地とのトラブルについて

    我が家は借地で家と田畑があります。約100年以上前からの現場所に居ると聞かされています。今後家横の川の護岸工事をすることになりましたが、市から田畑の部分が違う地主(B)と聞かされ法務局で土地の謄本を調べた所、我が家の地主(A)とは違う相手からの土地売買と判明しました。昭和24年の所得となっていますが、それ以前から小...

  • 別に所有する住宅用地について

    10年前まで、その住宅用地に家を建てて人に貸していましたが、老朽化が進み取壊しました。その住宅用地は、道路から奥まったところにあり、道路に家が改築をしたために、その時まであった通路は1メートルになり、車も通らなくなりました。改築をした家の通路を挟んだ家は、昔からある長屋で、最後の住人が亡くなったことから、現在は町...

  • 不明の土地について

    こんにちわ。今現在家の建て直しで住宅会社と話が進んでいるのですが、その会社が家を建てるにあたって、土地を境界線を調べたところ不明の土地が見つかったそうです。その不明の土地というのはお隣に住んでいる家の土地で、私の家の土地は一切入っていないのですか、住宅会社いわく、その不明の土地を測量し登記処理するため70万かかる...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。