「隣接地の越境に対する対抗措置について」

「隣接地の越境に対する対抗措置について」

① 相手方が時効取得が出来ると仮定した場合、相手方に損害賠償の請求権を行使可能か。
② 時効と仮定した場合、不当利得の返還請求権を行使出来るのか。
③ 妨害排除請求権の行使は、まだ出来るのか。

凡そ30年程前に、隣で家を建てた時に、正常位置に入っていた境界石を約15~16㎝程度我が家の方に移動「越境」させ、その上にブロック塀をかぶせて、分らないようにしていたことが判明しました。

隣の家が建ってから、10年前後経過した時に、我が家で隣の塀に沿ってブロックを引いたのですが、その時に越境を工事業者が見つけ、工事中断し隣家に数年にわたり越境の抗議をしてきたのですが無視されておりました。父も塀を壊さすのは気の毒と思い時期が来たら、元に戻すだろうと情けをかけて黙認してきた経緯があります。当時の隣家の親、家の親はすでに死去しており、両家とも、その子供が相続し居住しております。
他人の物と知りながら20年平穏かつ公然に取得していると時効が成立すると聞いておりますが、越境判明当時からトラブルがあり、一時中断していたが4年前から、またこの件について元に戻すよう娘に要請しております。

隣の方は、時効取得については、一切述べておりません。このような場合、ごねて戻さないと仮定したら、どのような強硬措置をとったらいいのでしょうか、お伺いいたします。

2014年10月03日 15時16分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう
①、②について 時効の効力は、その起算点に遡りますので、本件でも、相手方が時効の援用をすれば、時効取得された土地が初めから相手方の所有であったとされますので、損害賠償請求も不当利得請求もできなくなります。

③について 時効の起算点は、30年前以上に遡ると思いますので、相手方が時効の援用をすれば、妨害排除請求権の行使はできないと思います。

なお、相手方が時効の援用をする前であれば、損害賠償請求も不当利得請求も妨害排除請求も可能でしょうが、相手方がその請求を受けて、時効の援用をすれば、それらの請求は根拠を失うことになるでしょう。

「隣の方は、時効取得については、一切述べておりません。このような場合、ごねて戻さないと仮定したら、どのような強硬措置をとったらいいのでしょうか」

何らかの手続をとれば、相手方が時効援用してくる可能性はありますが、余り相手方を刺激しない方策としては、境界確定訴訟などが穏当ではないか、と思います。

2014年10月18日 21時15分

この投稿は、2014年10月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 30年前のブロック塀の地中土台の越境部分の一方的撤去

    実家の隣人が土地を売却することになり、30年前のブロック塀(費用は当方が全額負担)が越境しているので取り除いてほしいと言われました。 私の母親(存命中)と私の記憶では、私の父親と隣人の母親(両方とも死去)が当時境界確認し合意の上でブロック塀を設けたという認識でした。 民法第162条で「取得時効」というのが認められて...

  • 境界線。当家の境界線は塀の一番の端までと考えてよいでしょうか?

    当家は100年以上前より土地などを所有しております。当然に敷地内に隣との仕切りのため敷地内に塀を設置いたしました。この塀は隣が引っ越して来る何十年も前から設置している塀です。 ただし、境界線は測量士などにより杭のようなものは打ち込まれておりません。 しかし、年代からいいましても、当家の敷地内に塀を設置したことは...

  • 境界点の確認をさせられたが、、どう考えても納得がいかないので、よろしくお願いします。

    土地の境界線の問題です。私の問題の土地は62年前に買い、現在所有者は実の母親です。その上に建っている家の所有者は私です。家の裏の土地を買った人(1.5年前)が新築するのでと挨拶に来て(業者と共に)、境界の確認をさせられたが、裏の土地と私の家の間にはブロック塀が私の記憶でも、45年以上前から土地の売り主が建てていて、当...

  • 土地の時効取得できますか。

    隣家が更地になったのをきっかけに、土地の境界線をはっきりさせたいとの申し出があり、快諾。 結果、我が家の土地だと思っていた土地の一部(9坪ほど)が、隣の土地であることが分かりました。 家は40年前に建て、問題の土地はコンクリートを敷き、駐車場(前面道路)として使っています。 それ以前にも、その場所には我が家の物置小屋...

  • 越境している塀の取得時効について

    先日、家を建て替えるために隣地に接している箇所を掘り起こしたところ、隣人が平成10年に建てた塀が5センチ越境していることが判明しました。私の父が土地を購入したのですが、その際に隣人と合意の上で地中に境界標を埋めており、隣人は境界線の位置を認識した上で塀を建てています。 この塀については建て直す際に、越境しないよ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。