越境物の撤去について

下記の状況ですが、越境物の塀を全撤去あるいは部分撤去をさせるためにはどのようにすれば良いでしょうか

土地を購入して十数年立ちます。塀の一部が境界を超えて含まれています。当然、撤去する話で購入しましたが、撤去されることなく今に至っています。何度か申し入れはしましたが実行されずそのままになっています。撤去についての覚書等が残っていません。塀が境界線を超えていることは明らかに確認できます。
現在は、塀を改造された時に、一部分だけは境界を超えないで大部分は超えた状態になっています。何度も申し入れをしているので、塀が越境していることは分かっているためか塀を改造した時に一部引っ込んだ形になっています。
b4_eV4Eさん
2014年07月05日 13時41分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
訴訟を起こすことができますが、もしかしたら、越境部分について取得時効が成立しているために負けるかもしれません。
関係する不動産の登記事項証明書、公図や建物の図面、購入時の契約書や重要事項説明書、現地の写真などの関係する資料を持参して、弁護士の面接相談を利用してください。

2014年07月05日 15時27分

b4_eV4E さん (質問者)
有難うございます。
よく計算してみると22年程経過しています。
何度か申し入れしているのに取得時効が成立するのでしょうか

2014年07月05日 16時01分

この投稿は、2014年07月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地使用権における詐欺未遂の構成要件について

    8年前に中古住宅を購入しました。一つの地番を隣家と分け25年前に建築されたもので、境界に塀が建設されています。塀は境界線に沿って殆ど当家敷地内に建設されていますが、一部境界線からはみだしているように見えます(面積として1%くらい)。隣家は入居当時から塀は共有物だと主張されていましたが、ついに昨年内容証明で、越境部分...

  • 塀の建築

    住居の塀が境界通りに出来ておらず、今住んでいる前の農地が売却され、境界確認に測量士が来たところ、1か所が60㎝も離れていていました。いろいろほかの施工業社に確認したところ、一般的に境界通りに造るのが基本で必ず境界は確認しますとのこと。考えられない落ち度とも言われましたが、すでに10年を経過しており、この場合、ど...

  • 境界を越えた建物

    30年以上前に購入した自宅について、最近になって隣家から、境界を越えているので、超えている部分を撤去してほしいといわれました。越えている部分を購入したいといっても隣家は土地を返せといって納得しません。越えている部分の建物の敷地だけでも時効取得で所有権を得ることはできないですか。なお、当方も先方も、相続はあったかも...

  • 取得時効。取得時効という事にはならないのでしょうか?

    早速ですが隣の土地の所有者が今回土地を測量屋に頼み当家との境界線を確認しました。その結果当家に境界線がだいぶ入り込んでいました。隣とはブロク塀があり、そこがしきりと思って今まで来ました。隣の人もびっくりしている次第です。私共は競売で購入し既に20年以上にはなります。ブロック塀はもっと前にできたものと思われます。...

  • 境界線。当家の境界線は塀の一番の端までと考えてよいでしょうか?

    当家は100年以上前より土地などを所有しております。当然に敷地内に隣との仕切りのため敷地内に塀を設置いたしました。この塀は隣が引っ越して来る何十年も前から設置している塀です。 ただし、境界線は測量士などにより杭のようなものは打ち込まれておりません。 しかし、年代からいいましても、当家の敷地内に塀を設置したことは...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。