隣地との境界に設置されている塀の移設や新設を請求できませんか?

当方との境界に設置されている塀を、隣人の敷地内へ移設したり新設していただくことを、今後新たに隣地を所有され家を新築される新隣人の方に請求することはできませんでしょうか?

【背景】
1.35年くらい前、当時の隣人が当方への確認と承諾無く、境界線に塀を設置しました。土地は勝手に折半、気づいたら塀が出来上がっており、費用負担は求められていません。
2.その後、隣地の所有者は数名変わりました(ある時から更地になったが、塀は存在しています)。
3.数年前、台風の際に、錆びついたフェンス部分が壊れ、当方の住居に倒れ掛かってきたことがあります。
4.この度、隣地の所有者が新しくなり、近々新築をされるようです。

【質問詳細】
後日、新隣人が新築の挨拶に来られると推察されますが、このタイミングで新隣人に対して、
・この塀は過去にこの土地(隣地)の当時の所有者が当方に断り無く設置したものだ。
・この度新築をされると聞いたが、当方としては土地の折半はやめにしてほしい。
・したがって、新築のタイミングで塀をそちらの土地内へ移設または新設してほしい。
ということをお伝えして、隣人の敷地内で塀の移設または新設をお願いすることは可能でしょうか。
ちなみに、新隣人が境界部分の塀を新設される気があるのならば、上記のようなお願いはできる
ものと推測されますが、新隣人が境界部分の塀を新設される気が無い場合はいかがでしょうか?
kamaboko117さん
2014年06月01日 11時33分

みんなの回答

池田 達彦
池田 達彦 弁護士
ありがとう
 相隣関係のうち囲障(塀等)の設置については民法に規定があり、「二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる。」(民法第225条1項)ものとし、これと「異なる慣習があるときは、その慣習に従う。」(民法第28条)ことになります。

 以上の規定から、隣家の所有者に対して求めることができる内容は、異なる慣習がある場合や相手方が任意に承諾した場合を除き、境界線上に囲障を設置することにつき承諾及び費用負担を求めることができるにとどまり、相手方土地上に相手方の費用負担で囲障の設置を求めることはできません。

 また、現在境界線上に設置された塀が前所有者の100%所有物だとすると、同塀の設置された土地について取得時効が成立する可能性がありますので、やぶへびとならないよう注意する必要があるものと思料します。

2014年06月02日 19時25分

kamaboko117 さん (質問者)
早速のご回答ありがとうございます。

さて、ご回答いただきました内容で再度質問させてください。

「現在境界線上に設置された塀が前所有者の100%所有物だとすると、同塀の設置された土地について取得時効が成立する可能性があります」

とはどういうことでしょうか?

・当方に費用負担が無かったことから、塀は全所有者の100%
 所有物である(と考えるのが妥当である)。
・その塀が設置された土地について取得時効が成立するとは、
 塀が設置されてから35年経過しているため、
 当時の隣人が当方の断りなく塀を設置したことは既に
 時効であり、(仮に当時の隣人と連絡がとれても)塀を
 異動する請求権は当方には無くなっている。

という解釈でよろしいでしょうか?

因みに、前述の通り当該塀は以前の所有者が100%出資して
設置したものであるため、以前の所有者の所有物になるわけ
ですが、その連絡がとれない以前の所有者に断りなく
撤去することは何か問題ありますでしょうか。

重ねての質問で申し訳ありません。
ご回答を賜りたく、よろしくお願いいたします。

2014年06月03日 23時07分

池田 達彦
池田 達彦 弁護士
ありがとう
 取得時効の対象となる権利は、占有の態様等から推認することになりますが、塀は隣地との境界を明確にする目的のほか、所有地の安全やプライバシー保護を目的とすることからすると、そこから塀の設置により占有している土地について所有の意思を有するものと推認することは難しいでしょうから、使用借権あるいは地役権でしょう。
 使用借権等が時効取得により成立していれば、移設以前に、kamaboko117さんが土地所有権に基づく妨害排除請求権としての塀の撤去を求めることも難しくなります。先の回答は以上の趣旨です。

 次に、塀はこれにより囲まれた土地のために設置されるものですから、隣地の売買において、土地と塀を分離して売買したとは考えにくいです。そのため、塀の所有者は新たな隣人となっているのではないでしょうか。


2014年06月04日 01時33分

kamaboko117 さん (質問者)
再度のご回答を賜りありがとうございます。

やはり、その塀ができた当時にアクションをとっておく
べきでしたね。

大変参考になりました。
どうもありがとうございました。

2014年06月05日 22時47分

この投稿は、2014年06月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地との境界標の復元要求について

    隣地で家を新築しているのですが、道路に面した溝の中にあった境界標を本日セメントで埋めてしまっているのを発見しました。 私が家を建てた時には、溝は市有地だから勝手に工事はできないと、溝の底のコンクリートにヒビが入っているのでさえ治せなかったのに、隣は溝を深く掘ってセメントを流し込んでいただけでなく、 境界標まで埋...

  • 土地の境界線について

    土地の境界線について教えてください。 隣地と我が家との土地の境界線がはっきりしないまま、「境界立会確認書」 等書面の取り交わしもなく、土地が売却されてしまい、新しい持ち主の家屋の建築が始まることになりました。 隣地と我が家との間には塀があります。 以前の持ち主によると、境界線は我が家から見て塀から数10cm内側...

  • 隣人境界の擁壁工事にて当方の侵害を防止したい

    隣地の掘削・擁壁工事に関して。 2世帯の土地が並んでいます。当方は23年前の家を建築、隣人と合意のもと境界線上から当方側にブロック塀を当方が負担し設置済みです。しかし隣人は家を建てず空き地のままこのたび転売しました。 新たな持ち主は、擁壁を作り、当方のより地盤面より上げようとしています。 当方の地盤とブロック...

  • 境界線。当家の境界線は塀の一番の端までと考えてよいでしょうか?

    当家は100年以上前より土地などを所有しております。当然に敷地内に隣との仕切りのため敷地内に塀を設置いたしました。この塀は隣が引っ越して来る何十年も前から設置している塀です。 ただし、境界線は測量士などにより杭のようなものは打ち込まれておりません。 しかし、年代からいいましても、当家の敷地内に塀を設置したことは...

  • 自分の土地をこれ以上削られたくない

    昭和30年代に父(他界)が購入した私の家は土地ギリギリに建てられていて、敷地内に 塀が一切ありません。法務局には、地積測量図もなく、当時の実測図、公図のみです。家の一部を解体した後は、塀も建てず、3方向(東側、南側、西側)をA氏、B氏、C氏、各々の塀に囲まれ、石杭があるはずなのですが、杭も見当たりません。 A氏...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。