隣家との境界解決方法

相続のとき測量の方に土地をみてもらった時に分かったのですが、隣の亡きお爺さんが塀を建ててくれたらしいんですが私の家の境界杭が塀の向こうの隣の家の敷地にありました。隣の人は塀を勝手に壊して直してくれれば良いとのことだったんですが、子供に相続が行くまでに綺麗にしときたくて、どのような方法がありますか?
2014年04月18日 13時00分

みんなの回答

池田 達彦
池田 達彦 弁護士
ありがとう
 ご質問の内容は、土地の境界自体については、境界杭の設置されている場所で争いがなく、塀の移動等が懸案である、ということでしょうか。

 はじめに、塀の撤去について、相手方に求めることが出来るか、費用負担を求めることが出来るかは、塀の建てられた経緯やその間の当事者間の合意によって左右されます。
 ご自身の土地に、相手方が無断で塀を建てたのであれば、時効による所有権や使用貸借権・地役権等の取得が認められない限り、相手方における全額費用負担の下で、塀の撤去を求めることができます。
 これに対し、相手方が現在の場所に塀を建てることについて、ご自身の土地の従前所有者が認めていた場合には、無償による使用貸借が成立しているものと考えられ、塀の用途からして、目的を達成したことによる契約の終了を主張することは難しいかもしれません。そのため、相手方に対し、全額費用負担の下に塀の撤去を求めることは困難でしょう。これに対し、ご自身の費用負担で、ご自身で撤去されることは、相手の方が合意しているのであれば可能です。

 撤去した後に新たな塀を建てる場合ですが、ご自身の敷地内にご自身の費用負担で塀を建てることは可能です。
 これに対し、相手方の敷地に、相手方の全額負担の下で塀の設置を求めることが、このようなことが慣習として当該地域にあるのでない限り、難しいでしょう。
 また、境界線上であれば、塀の共同設置に掛かる相当額の費用負担を相手方に求めることができます。加えて、境界線上でも、ご自身の全額負担の下に、塀を設置することも可能です。

 そうではなく、現状で権利関係の問題をすっきりさせておきたいというのであれば、現在、相手方の塀が自己所有地に設置されていることによる時効成立のおそれがあるわけですから、①塀の所有権放棄をしてもらい、自己所有の塀とする、②塀の設置されている土地について使用貸借契約を結んでおき、時効の援用を阻止しておくなどの方法があります。

2014年04月18日 15時14分

弁護士A
ありがとう
あなたの立場ですと、隣人から、塀のところまでの土地について所有権の取得時効を主張される危険性があるので、隣人の承諾のもとで、速やかにきれいにあますところなく塀を取り除くことが重要です。土地所有権の取得時効成立を阻むという観点が必要です。
子どもが相続するまでにきれいにしたい、ということですが、そうであれば、筆界特定の申立てをして、筆界を明確にしておくとよろしいと思います。そして、定まった筆界を踏まえつつ、所有権界のラインについて合意文書を取り交わすとよろしいと思います。
この分野では、弁護士も専門性を有していますが、土地家屋調査士も専門家です。土地の所有権界に争いが生じる可能性があるなら、土地の時効取得の可能性があるので、そのような事態にならないためにも、一度、相談なさることをおすすめします。

2014年04月18日 15時16分

相談者
迅速なお答えありがとうございます。追加なのですが、相続当時祖母から孫の私への相続だったので叔父叔母や両隣の立会いのもと、測量をしてもらい、杭の場所の写真付きで行政書士に資料を作成してもらい問題の隣の方からもハンコは頂いてます。それから五年の月日がたちました。
塀を建てた当時は亡くなった先祖しかハッキリ分からないんですが祖母が娘である叔母に言ってたのは、隣から土地を買い、このぐらいだろうと隣の人が塀を建て、その後にちゃんと測ったら間違えてたみたいです。ちゃんと杭をしとけば塀を壊すのも大変だからとそのままにしてたみたいです。祖母的に本当はちゃんとしてもらいたかったみたいなんですが関係を崩したくないとのことで言わなかったみたいです。
隣も悪気なくやったかもしれないんですが世代が変わって内容もよくわからなくなってくる可能性があるので私が亡くなった後に隣の子供とうちの子供が揉めたりしないようにしたい考えです。お金が数十万撤去にかかるのでそれは避けたいです。あと何十年先までこのままで大丈夫なら遺言書とかにどう残して置くとよいかも知りたいです。一坪分ぐらいなので最悪向こうに贈与とも考えたのですがそうなるとどうなるか。次からはどのような条件を付けとくとよいか教えて下さい。

2014年04月18日 19時14分

池田 達彦
池田 達彦 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 ご指摘の内容ですと、塀を建てた隣人の方は、塀を建てた場所が土地の境界と考えていたのでしょうから、善意の取得時効期間として、その塀を建てた時点から10年経てば取得時効が成立する可能性があります。これに対し、境界確認書に合意した段階で、塀の所在地がヒーセーママさんの祖母の所有地だと認めたと言えれば、そこでいったんは時効期間が中断し、かつ、悪意(祖母の所有地だと知っている)による取得時効として20年間の経過が必要となります。

 そして、時効の中断事由は「請求」、「差押え、仮差押え又は仮処分」、「承認」のいずれかになります。つまり、こちらから相手方に対して請求等のアクションを起こすか、相手がその都度承認しない限り、時効期間は原則中断しません。遺言書で解決できる問題ではないのです。

 解決の方法としては、①撤去を求める、②塀の所有権を放棄させる(放棄した旨を書面に残す。)、③塀の設置された土地部分について使用貸借契約を締結する(書面で証拠として残しておく必要がある)、④塀のある部分まで土地を贈与する、といった方法が考えられます。

 塀のある部分の土地を贈与した場合、登記上一筆の土地の中に所有者の異なる土地が混在するわけですから、将来分筆登記をする必要が出てきます。

2014年04月19日 16時28分

相談者
わかりやすく教えて頂きありがとうございます。いくつかの選択肢も頭に入れてなるべくお互いが不快にならないように解決していこうとおもいます。
万が一相手がどれも承諾せず20年が過ぎたら何ができますか?

2014年04月19日 18時45分

池田 達彦
池田 達彦 弁護士
ありがとう
 相手の方に対しては、土地所有権に基づき、塀の撤去を求めることになるでしょうが、20年経過時には土地所有権の取得時効が成立したとして時効が援用されれば、請求の根拠となる土地所有権が無くなるため、塀の撤去を求めることができなくなるおそれがあります。

 そのため、まずはご自身の中でどのような解決を図りたいのか(何を取捨選択するのか)をお考えいただき、その結果次第では現時点でアクションを起こす必要ががありますので、そのための行動をとるようにしてください。

2014年04月19日 20時12分

この投稿は、2014年04月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

境界損壊罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

自分の土地と他人の土地の境目を示す目印を壊したりして、境目がどこかわからなくすると、境界損壊罪という犯罪にあたります。この記事では、境界損壊...

この相談に近い法律相談

  • 土地の境界線トラブル

    実家の隣の住人から境界線測量の立ち合いを依頼する手紙が投函されました。 隣の住人が数年前から境界線がおかしい・・と言われることが度々ありました。隣の住人は土地を売りたいようで不動産屋か測量士かわからないのですがよく出入りをしていて疑問を感じていたようです。 20年以上前の話になりますが隣の空き地が家を建てること...

  • 隣家と我が家の間にある青地を隣家が不法占領しているので誰にどう訴えて元に戻すことができるか。

    隣家と当方の間に青地があり、隣家は青地を自分の方に取り込んで、一方的に木の塀を建ててしまっています。本来の境界線上に隣家が引っ込むべきですが、調停をしても引き下がりません。青地には、狭い土地に(1m〜3m幅で全長10m程)高い木と細かい木がびっしり生えており、(我が家に対する嫌がらせ目的です)南からの光を遮り、木の枝がこ...

  • 隣家が不当に土地の所有権を主張し、嫌がらせを受けていて困っている

    自宅は一戸建て、借地です。隣家との間に祖父が支払いをして建ててもらった塀があります。 塀から家との間は1メートル程度で、自転車置き場・通路として使用しています。 地主さんが測量済みで、図面を確認しても確かに地主さんの所有で、わたしが借りている土地です。 隣家は80代と思われるおばさんが一人暮らししており、時折息...

  • 土地の境界線について。法律的にはどうなるのでしょうか?

    近所の苦情なんですけど、隣の人はご主人が亡くなって奥さん一人で住んでいます。 誰にも相談出来ないので我が家に相談に来られました 4~5年前に市役所の方立ち会いで境界線の杭を立てて回られました。 隣の方の畑と近所の方の所有の土地との境界線が違うと今頃になって文句を言われているそうです お隣の奥さんは困ってます その...

  • 境界杭が抜かれてしまいました。

    親から相続した畑の境界杭が抜かれています。相続の際に文筆し杭をいれてもらい測量図もあります。隣のみかん畑の所有者が亡くなり所有者がかわり、管理している人がその親戚の方のようです。その親戚の方はみかんの枝が私の土地に越境しているのを枝を切りたくないのか、境界沿いに植えてあるお茶の木を切ってしまい土地を広げようとし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。