隣接地、境界線上のブロック塀について

公開日: 相談日:2014年03月01日
  • 1弁護士
  • 1回答

昨年、中古戸建つき土地を購入。家を取り壊し、その土地に息子宅を新築しました。
西側隣接地が駐車場となっている。この境界線上に南北にのびる共有の既存ブロック塀(点心)が2か所(北2.5mと南側5m)と、中間地に19個のブロックで(約7.6m)置石のみの部分があった。ブロック塀を新規に作ることを駐車場管理者を介して相談、既存の部分はそのままして、置石部分に関しては点心で造作する(費用は折半)で了解を得、工事を進めることにしました。
工事にあたっては詳細を話しておきましたが、既存北側の部分(2.5m程の)「基礎が弱い為このままにして仕上げることは危険性もあると判断して・・」と業者の配慮で北の2.5m個所も同時にやり直し新しくしブロックを積んだ。ブロックが積まれた状態で気づき、工事を一時中断。そのまま続行してよいか管理者に伺いをたてたが、「この部分は許可していないので現状復帰をしてください」の一転張りです。「境界石が動いている可能性もあるのでは」と指摘され、土地測量からのやり直し境界上は問題ないことを証明しましたが「「センター部分は許可を出したが、この箇所は許可をしていない。だから現状復帰をしろ」とのこと。工事半ばで工事中断したままです。
 ブロック部分は出来上がっているですが、フェンス部分は未完成です。
「2.5m部分は自分の敷地にひっこめろ」という相手方の要求で、これ以上のもめ事も嫌だったから敷地内に作り直すことにしました。
一見、話がまとまるかと思いましたが、「取り壊した部分のブロックは、半分はこちらの物です器物損壊の念書を書いてくれ」と言ってきました。
この場合、器物損壊にあたるのでしょうか? また、取り壊した古いブロック塀(共有部分)の賠償金は支払う必要がありますか?
 建築業者と下請け業者間の連絡ミスか手違いによるものですが、事の始まりの時に、「いくら業者がやったからと言っても、境界線上に作り直す、既存のブロック塀はそのままにすると貴方と約束したのだから謝罪文を書け」と言われ、二度に分けて書きました。

236439さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    福岡県2位

    中島 繁樹 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    <器物損壊にあたるのでしょうか?>
     壊れそうなブロック塀は経済的には無価値です。器物損壊からの保護をはかる理由がありません。器物損壊にはならないと考えてください。

    <取り壊した古いブロック塀(共有部分)の賠償金は支払う必要がありますか?>
     無価値のものに賠償金を払う理由はありません。

  • 相談者 236439さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございました。「基礎が弱い為このままにして仕上げることは危険性もあると判断して・・」と業者の配慮でサービスで実施してくれたものですが、L字の部分の一辺(1m位)は自分の物、もう一辺が共有物でした。見た目には即、崩れると言う風には見えませんが、業者の言うとおりその部分のみ残すことは倒壊の恐れが強いと誰もが感じ納得いくところですが、相手方には理解してもらえないで、綺麗になればい良いと言うものでは無い 現状復帰をの難題に悩まされての3ヶ月でした。元の場所に同じ形に仕上げても現状復帰とならないのでしょうか? 願わくば今の状態で、工事完了の方向に向かわせることは不可能ですか?
    相手方が自分の敷地に建て直せと言うことで当方は、その様にするつもりですが、それでも壊したブロックをどうしてくれるのかと言うことを言っています。
    少し安心しました ありがとうございました。

この投稿は、2014年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから