敷地境界に立てるブロックフェンスについて

お世話になります。この度、南側に市の保全緑地に隣接した土地を購入しました。
ここは、複数の不動産会社が開発した土地で、建築条件付きでしたが、うちだけ条件をはずして
もらい、ハウスメーカーで建設中です。
そろそろ外構工事で保全緑地との境にブロックフェンスを建てようと思っていますが、両隣と
その隣(建売り分譲・左右で会社が異なる)の4件とも境界杭の真ん中にコンクリートブロックを
建てています(つまり市有地にまたいで建てています)。

仲介してもらった不動産屋さんに売主さんは市に許可をとったか聞いてもらいましたが、
とってないけど、赤道(法定外道路)だから建てても大丈夫といわれたと言うのです。
建ててしまえば、壊せと言われないというのですが、市に相談したらダメだと言われるし、
他に迷惑かかる可能性があるから聞かないようにと何とも怪しい答えしか返ってきません。

こちらとしては、市に相談せず、本来のルール通り敷地の内側に建てたいのですが、
明らかに近隣とラインが揃わず近隣が出っ張ってるのが分かってしまうのが気になります。

ちなみに保全緑地は、遊歩道になっていて、不特定多数の方が行き来します。
ブロックと遊歩道の間に植え込みがあるので、よく見えないかもしれませんが、市が敷地に
入ったら分かってしまうと思います。
市もフェンスをつけたいと思っているかもしれないので、売主を無視して市に相談してみよう
かとも考えております。またいで建ててもいいよと言われることってあるのでしょうか。

この場合、どうするのが一番いいのでしょうか。ご教授ください。
2013年12月12日 20時12分

みんなの回答

池田 毅
池田 毅 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
民法上は、境界線上にまたいで建ててもかまいません。ですから、市がいいですよという可能性はあります。
ただし、自由に壊せなかったり、将来土地を売却する際に面倒であるなど、の理由から、自分の敷地内に塀を作る場合も多いようです。
自分の土地に建てても良いと思っているなら、”だめもと”と思って市に相談してみたらいかがでしょう。
なお、隣の塀との段差については、隣の方次第ですが、一般的にはあまり気にしなくても良いと思います。

2013年12月19日 15時40分

相談者
この度は、ご回答ありがとうございました。
>民法上は、境界線上にまたいで建ててもかまいません。
それは知りませんでした。あくまでフェンスの設置は、
敷地内だと思っていました。

もう一度確認させていただきたいのですが、
市に相談する方向で考えていますが、もし敷地内で建てる
ように言われ、両隣のフェンスの状態が市に見つかった場合、
両隣は壊す(設置しなおす)ように言われないでしょうか。
不動産屋さんが言うように、壊せとまでは言われないので
しょうか。
市の判断なので、答え難いと思いますが、法的に何か根拠が
ございましたらお教えいただけますでしょうか。

2013年12月19日 17時20分

この投稿は、2013年12月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣家との境界問題についての対応方法

    15年前に中古戸建物件を購入し住んでおりましたが、築年数が経ったこともあり今年我が家を改築をすることにしました。 家の改築工事が始まったころに隣家(中古戸建)が売りに出され、新しい住人が引っ越してこられました。 ところが、先日家の改築に合わせ、我が家の駐車場スペースのコンクリートを打ち直していたところ、隣家から隣...

  • 擁壁下土地の境界ブロック依頼について

    南側隣家(新築建売物件)との境界を示すブロック設置依頼についてご質問いたします。 南側隣家と私どもの家では高低差が2,5メートルほどあるため高い擁壁があります。擁壁下は相手側宅地面と同じ高さで擁壁の壁から境界線まで私どもの土地が10センチ強あります。 先日南側隣家を建てたハウスメーカーが私どもの許可なく私どもの土...

  • 隣家との塀がわりになっていた売り主の古いガレージを撤去した場合、新たな塀を作る義務について

    古屋つきの土地を購入し、それらを近じか解体して2年後新たに新築完成の予定です。土地の角に前所有者がコンクリートブロック製のガレージを作っていて、それも撤去します。このガレージは南側は隣家との境界上にありそのまま高さ2mほどのブロック塀がガレージの壁から続いている構造です。(ちなみにガレージもブロック塀も前所有者...

  • 隣家との私有地(第三者所有)での違法設置物でのトラブル

    隣家との私有地(第三者所有)での違法設置物でのトラブルでご相談です。 小宅前はいわゆる私道の2項道路です。所有者は近隣のAさんです。道路は市道から市道に抜ける古くからある道で、一般の方々も日常的に利用されています。 そのような中、隣家は20年ほど前、小宅は昨年建替え、条例に合わせて約1mほどセットバックしまし...

  • 隣家との境界線、アパート建築について

    隣家は5年前から叔母が管理し、以前は別の親戚が持ち主で、境界線上に途中までブロックを建ててくれ、その先の久根はうちが植えました。 うちは事情があって拒否しましたが、 叔母は、自分の敷地内にフェンスを建てました。 杭は北側のみでしたので、目視のみの測量をし、南にも杭を建てました。 測量した際、うちの敷地内にブロ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。