隣家との境界問題についての対応方法

15年前に中古戸建物件を購入し住んでおりましたが、築年数が経ったこともあり今年我が家を改築をすることにしました。
家の改築工事が始まったころに隣家(中古戸建)が売りに出され、新しい住人が引っ越してこられました。
ところが、先日家の改築に合わせ、我が家の駐車場スペースのコンクリートを打ち直していたところ、隣家から隣地境界線に使っているブロック塀はどちらのものかと聞いてこられました。
15年前に我が家を購入した際、ブロック塀は我が家の物だと聞いていましたので(重要事項説明書はありません)そのように話し、さらに隣家が取引された不動産屋に確認してほしいとも伝えました。

しかし、その翌日、再びブロック塀が隣家の敷地に入ってきているのではないかと言われ、境界部分のコンクリートを打ち直すのを阻止されました。
土地はもともと1つだったものを分筆した土地のようで、地積測量図には隣家との境界についての座標、境界目印の鋲等についても記載がありますが、今回その境界にあるはずのコンクリート擁壁鋲が見当たりませんでした。
ちなみに、当方の改築工事業者がスケールで測ったレベルですが、ブロック塀の真ん中ではないが、隣家側ブロックの端よりも少し内側になる微妙な位置になったとのことでした。

現在は隣家からはまだ具体的に訴訟や測量の話などは言われておりませんが、当方から何かアクションを起こした方が良いのでしょうか?
また、先方が何か言ってくるまで放置しておいた場合、何かこちらのデメリットになることはありますでしょうか?
こちらがとるべき態度と、対応方法等についてご教示いただけますようお願いいたします。
2013年11月27日 11時15分

みんなの回答

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
 それは多分ブロックでの真ん中が両者の土地の境界線のように思われます。
 理由は、一つの土地を分割したのですから。分割線の真ん中にブロック塀を設置されたように、見受けられるからです。
 また、実際にあなたの方で計ってみても、当方の土地もしくは先方の土地とはっきり断定できないことも、もう一つの理由になります。
 ついては、両者間で、話し合いで、解決した方がよい思います。先方は最近越してきたばかりですから、最初に問題が起こったとしても、上手に解決する方が、近隣関係の交際に支障が出ないと思います。

2013年11月27日 11時23分

相談者
郡司先生

早速ご回答をくださりありがとうございます。

追加でご教示いただきたいのですが、話し合いにしてもこちらから隣家を訪ねて、話し合いをしましょうと持ちかけた方がよろしいでしょうか?
本音のところ、当方としてはブロック塀については境界に必要なものですし、お互いさまですので費用をかけてまで細かく決める必要があるのかと思っています(事実以前の住人とは隣地について問題にはなりませんでした)

隣家から境界を明確にするように言われた場合、費用負担等は通常一般的にどのような按分になるものでしょうか。
初めから第三者の専門家に入っていただいた方が良いのでしょうか?

色々と細かいことをうかがいましてすみません。
よろしくお願いいたします。

2013年11月27日 11時47分

郡司 宏
郡司 宏 弁護士
ありがとう
申しいれにしても、塀の設置にしても、必要のある方が相手方へ申しいれるのであり、費用負担するのが社会的な原則です。境界線に塀を作るときの費用は、法律上は折半ですが、隣家にとってはいじる必要がないところをあえて設置するのですから、自ら負担して仕方がありません。

2013年11月27日 12時50分

相談者
境界塀は当方が中古戸建を購入した時からもともとあるものですし、今回、コンクリート処理を差し止められた部分についても通常なんら支障がない部分です。
敷地境界についても当方は何も問題視しておりませんので、先方から何か言ってこない限り放置するようにいたします。
ありがとうございました。

2013年11月27日 13時15分

この投稿は、2013年11月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣地境界線について

     隣地が家を建て替えることになりました。その際、我が家の塀にぴったりとつけてコンクリートをひきたいとの申し出がありました。(たぶん駐車場にするものと思われます)しかし、我が家の塀は、境界線から内側に控えて立てています。また、塀が傷んでいるため、将来的には我が家も立て替える予定です。もし、コンクリートを壁ぴったり...

  • 隣家との塀がわりになっていた売り主の古いガレージを撤去した場合、新たな塀を作る義務について

    古屋つきの土地を購入し、それらを近じか解体して2年後新たに新築完成の予定です。土地の角に前所有者がコンクリートブロック製のガレージを作っていて、それも撤去します。このガレージは南側は隣家との境界上にありそのまま高さ2mほどのブロック塀がガレージの壁から続いている構造です。(ちなみにガレージもブロック塀も前所有者...

  • 擁壁下土地の境界ブロック依頼について

    南側隣家(新築建売物件)との境界を示すブロック設置依頼についてご質問いたします。 南側隣家と私どもの家では高低差が2,5メートルほどあるため高い擁壁があります。擁壁下は相手側宅地面と同じ高さで擁壁の壁から境界線まで私どもの土地が10センチ強あります。 先日南側隣家を建てたハウスメーカーが私どもの許可なく私どもの土...

  • 境界ブロック改修による隣家外構への影響について

    我家の境界ブロックを修繕か何かのために崩すことになるとすると、隣家の駐車場コンクリートに影響がありそうです。その場合、隣家の外構の補修費用も負担することになりますか? 我家の周りの境界ブロックは、西側が我家の物、東側が隣家の物となっています。その我家所有の境界ブロックに隣家の駐車場コンクリートが接していると、前...

  • 隣家への落雪について

    初めまして。我が家のカーポートから隣家の駐車スペースへの落雪についての相談です。事のきっかけは3年程前に新築の一戸建て住宅に引っ越してきて直ぐに隣家より「車のドアの開閉の音がうるさい」「帰宅後(20時)の洗車をするな」などの苦情からトラブルとなり、先方が「壁を高くするので陽が当たらなくなっても文句を言うな」と言...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。