土地の境界線のことで隣りとトラブルになっています。

5年前にアパートを相続しました。
そのアパートの物置きが隣りの土地上にあるらしいのです。

私は隣の不動産所有者に債権(貸金)があり、
返還請求する為の内容証明を送っても、
民事調停を起こしても無視するのですが、
時々、隣りの住人から「お前の物置きがうちの土地にかかっている。
なんとかしろ。」と手紙が来ます。

土地の件も話し合う為に、調停を起こしたのですが…

相手は返済する気が無いと分かりましたので、
訴訟を起こす予定ですが、
相手は多重債務者なので、物置の件が解決したらすぐに
土地を売却するのは想定できます。

私は、お金より物置がかかっているその土地がほしいのです。

そこでお尋ねいたします。

貸金回収の為に仮差押えをしたいのです。
貸金の額と不動産の評価額はほぼ同額です。
この5年間の物置分の賃料相当額を支払う事も考慮しています。

しかし、私は土地がほしいので、
仮差押え後、競売されては困るのです。

金銭回収ではなく、
隣りの土地(不動産)を得るには
どのような方法がありますか?
教えてください。お願いします。
2013年11月25日 09時05分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
ありがとう
時効取得はできないか検討してみましたか。

2013年11月25日 11時30分

松丸 伸一郎
松丸 伸一郎 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 「仮差押え後、競売されては困るのです」→仮差押をした後、あなたが、判決を取って、その判決に基づいて、強制競売の申立をしなければ、競売にはなりません。仮差押から自動的に競売になるわけではありません。勿論、他の債権者が、判決や公正証書などに基づいて、強制競売をしたり、その土地に抵当権の登記があれば、抵当権者が競売の申立をすることはあり得ますが、それは、あなたが仮差押することとは無関係に起こることです。
2 「競売されては困る」とのことですが、競売になった場合、相手の土地にあなたの物置が建っていて、境界争いがある土地ということであると、競売でその土地を買おうとする人は、あなたとの境界争いの問題に直面することを覚悟しなければなりません。通常の人は、そのような問題のある土地を買おうとはしないでしょう。ことさらに問題のある土地を買い受けて、何らかの利益を得ようとする人がいないわけではありませんが。ですから、むしろ、あなたが強制競売の申立をして、通常より安くその土地を買い受ける可能性があるということになります。勿論、競売は、入札ですから、必ずあなたが買い受けることができるという保証はありませんが、特別売却であれば、あなたが取得できる確率が高くなります。
3 競売ではなく土地を取得するためには、相手と話し合って、その土地をあなたが取得し、あなたの債権を売買代金とする交渉をすることになるでしょう。あなたが自分で交渉することが難しい場合には、弁護士に依頼することになるでしょう。相手が多重債務者であるということだとすると、相手あるいはあなたが、破産の申立をすることも考えられます。その場合には、破産管財人と交渉して、その土地を取得する可能性があるでしょう。

2013年11月25日 11時57分

この投稿は、2013年11月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 土地の売買後の解体費用

    今年の3月に実家を売りました。(一千万)その不動産から先ほど電話があり、地中に家が埋まってるそうです。その解体費用は、そちらでお願いしますと言って来ました。 もちろん契約書には(地中埋設物が多量にある場合は売主負担で処理するものとする)とかいてはありますが、まさか本当に家が地中に埋まっていたなんて、びっくりです...

  • 相続財産法人に帰した借地権付建物

    借地人死亡。古家あり。相続財産法人に帰す。管理人は弁護士。その古家をリホームして売るか貸すかしたいと、不動産屋があらわれる、こちらとしては更地にしてかえしてほしい。費用をかんがえると借地権買取はたかすぎるので現存建物を時価でかいとり。プラス期待利益、土地価格の10パーセントでおさめたい。これ以上はむり。できるだけ...

  • 土地と建物の所有者の違いによる問題

    先日、祖父の家と土地が競売にかけられ不動産屋に落札されました。その土地には倉庫があり、この倉庫は競売の対象にはなっていないのです。詳しい税金の名前はわかりませんが、母いわく、その倉庫はやや立派であるため住居扱いの税金になっているとのこと…。母が税金から計算した倉庫の金額は150万とのことでした。この倉庫が今回の問題...

  • 土地の売買について教えてください。

    先日、私の母が住む町で地積調査がありました。結果、母の名義の土地に隣の家の建物が入っている事がわかりました。土地の評価額等から、金額は決定したんですが、母が土地を買った年までさかのぼって請求する事は可能でしょうか?教えてください。

  • 相続財産管理人に急いで仕事を進めて頂きたい

    相続財産管理人についてご相談があります。 昨年義理の兄が亡くなりました。会社経営者で、個人の負債が大きかったため、身内は相続放棄を行いました。 資産は個人所有のアパート(抵当は解除されています)がありますが、差し引き4,000万程のマイナスです。 ・事業のための借金に、両親の土地家屋が抵当になっている(父が物上保...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。