境界線につくる塀の設置負担について

15年前に建売で土地家屋を購入し入居しました。北側にあった隣家は100坪の大きなお宅で、境界には塀がめぐらされ、こちら側はその塀に沿うようなブロック等は作られていませんでした。最近、隣家が売却され新たに4棟の建売住宅が造られることになりました。もともと隣家・我が家とも盛り土された土地でしたが、隣接地は土を取除き、境界線の横は敷地延長の道が出来るそうです。我が家の方だけ土地が60cmほど高くなり、今まであった隣家の塀が取除かれるので、むき出しになる我が家側にブロックを作るように、担当する不動産会社から言われましたが、汚水のパイプなどぎりぎりで設置されているためそこから境界線まで余地が6~10cm程しかない状態です。すると不動産会社は、隣接地側に塀を作る代わりに、費用は我が家で負担すること、塀の所有権は主張しないこと、という条件の下、13mほどの直線のブロック工事費およそ35万円の見積もりを持ってきました。我が家でも知合いの建設会社に相談し、お互いに背中合わせに6cmずつ塀を作ったらどうかというアドバイスをもらったのですが、不動産会社は、隣接地は道になるのだから、自分たちのほうには塀をつくる理由がないところを譲歩しているのだといいます。相手の主張は当然のことなのでしょうか。

cherry blossomsさん
2013年09月18日 10時37分

みんなの回答

西口 竜司
西口 竜司 弁護士
ありがとう
cherry blossomsさん
回答をさせて頂きます。
1点分からないのが隣接する土地が道路という点です。
隣接地の建物を所有している方の私道であれば境界に塀を請求でき,半額を相手から請求できることになっております。
ただし,基本的には話し合いにより解決することがお勧めです。
解決が難しいようであればお近くの弁護士さんに交渉を依頼されたらいかがでしょうか。

2013年09月18日 16時41分

cherry blossoms さん (質問者)
早速のご回答ありがとうございます。私の知識が足りず、説明が不十分な点も多いかと思います。私道であれば道路指定許可申請の際に隣接する家の住民(この場合私ども)の承諾・印鑑証明など必要との話も聞いたのですが、不動産会社によれば敷地延長なのでそういったものも必要ないとのこと。あまりに強気なので困惑しています。新しい住民の方は知らない話ではありますが、こんな調子ですと引っ越されてきたときに親しく付合えるものかと不安になります。不動産会社にとっては引渡しまでのことなのでしょうが、近所付き合いに影を落とすようなやり方には疑問を感じます。

2013年09月18日 23時01分

この投稿は、2013年09月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 土地が低い側の擁壁所有に関して

    建築の擁壁に関して教えて下さい。 当家は建売住宅で擁壁が元々ある形で分譲されているものでした。購入当初より隣地が農地となっており、道路面から奥に行くに従い土地が高くなっている傾斜地になっております。擁壁は当家のもので位置関係では当家が低い位置になっており道路側から奥に向かい垂直に建っています。高い部分で3~4mあ...

  • 土地の境界問題と破損されている塀が我が家の車庫に落ちてきそう

    昨年春に土地を購入し、家を建てる際に謄本に記載している土地の広さが違う事が発覚し、再度業者に測量をしてもらい、境界の石も入れてもらえましたが、隣人の塀が境界ギリギリに建ててあり、塀も斜めに傾いていましたので、業者を介して隣人に伝えてもらいましたが、返答を得られずのままでした。 今年の春に車庫を建てる際に掘削して...

  • 敷地境界線を跨いだ共用管理の門扉を造るよう、新築中に隣家からの注文。

    新築の住宅の着工前です。 隣よりうちに対して注文をつけられており、困っております。 隣家は敷地境界から外壁まで20cm、 以前うちの敷地に建っていた住宅も同じように敷地境界から外壁まで30cmで、 当時は、その外壁間に敷地境界を跨いで、共用の扉を設置してお互いに鍵を持って その空地部分を管理されていたようです...

  • 隣地(農地)から土やゴミが流入しないような対策を要求することが可能でしょうか?

    中部地方に住む老齢者です。 裏の土地所有者との間でトラブルがあり御相談します。 裏の敷地は私の土地よりも3m程高く、土地分譲時に既に擁壁が建っていました。 裏の土地は近隣農家が農地のまま所有しているようです。 困っているのは、擁壁の上面すれすれまで土があるため、台風等の大雨の際には3m擁壁下の私の土地に土や葉っ...

  • 誤登記の隣地にある当家の残置排水管撤去の対応

    約40年前に建売住宅を購入、隣家も同じ業者の建築で同時期に入居しました。現在は空き家なので不動産業者に売却を依頼したところ、公道から幅2mで15m以上奥に住居があり、接道条件を満足していないため宅地として売れないと言われました。手元に土地図面が2枚あって、1枚は15m付近から広くなっていますが、他方は前記の通り直角になって...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。