1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. 土地の境界線
  5. 借地契約の対象となる土地の境界について

公開日:

借地契約の対象となる土地の境界について

2010年08月06日
ベストアンサー
事業用借地権設定契約を結んで土地を貸しています。
契約の対象となっているのは、私の土地(3筆)と
隣地(9筆)で、登記簿や法務局の地積測量図とは
実際の面積土地の形状現地の境界杭などが一致
しなかったので、契約の際借主が土地家屋調査士を
依頼し、借主の費用負担で地積測量図を作成しました。
その地積測量図は土地家屋調査士の押印がなされ、
私と隣地の地主宛てに作成され、同図のとおり境界杭も
打ってあります。土地実測の結果土地全体の面積が
登記簿謄本の面積より2割ほど増え、その他法務局の
地積測量図の間違いと思われる点を修正したそうです。
この図面は法務局に届けていません。

契約から10数年がたった今年、借主が契約の地積境界は
間違っているので、法務局の地積測量図と合わない部分は
錯誤無効だと主張してきました。
しかし、契約の図面は法務局図面に問題があるからわざわざ
借り手の費用負担で作成したものであるし、私も隣地所有者も
それで納得して境界杭を打ち、契約をしたのです。契約当時に
借主自ら否定した図面を持ち出されても困ります。公境界は個人が
勝手に動かせないものだということは知っていますが、地主間では
契約の境界で何のトラブルもないのに、迷惑に思います。

契約としては契約図面で土地を特定したものなので、
錯誤などないと思うし、土地境界についても私も
隣地所有者も契約図面で納得していることなので、
もし仮に契約図面と公の土地境界にズレがあったとしても、
それは地主間で解決すべき問題であって、地主間で何の
トラブルもない現状で、借主からどうこう言われる
問題ではないと思うのですが。
私はずっと、契約図面どおりの土地所有権を有している
認識でいます。このような状況で、実際に土地境界に
問題があるかどうかは別として、借主が一部錯誤無効を
主張することに妥当性はあるのか、また私が地主同士で
何の問題もない契約図面を根拠に、少なくとも所有界権に
基づき地代を請求することはできないのか、その他、
なにか主張できることはないのか教えてください。
相談者(18309)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
借り主からは、何か具体的なアクション(弁護士からの通知や調停など)はあるのでしょうか。そうであれば、弁護士に依頼するのがよろしいと思います。

内容的には、契約書等をみなければ何ともいえませんが、今更錯誤無効なんておかしいという、あなたの主張はもっともだと思えます。

2010年08月06日 16時18分

相談者(18309)
A先生、ご回答ありがとうございます。
錯誤についてなのですが、調べてみると、「通常人を
基準として、錯誤がなければその法律行為をしなかっ
た場合に要素の錯誤があるといえる」とありました。
うちの土地の場合は、隣地の地主と境界確認をして
専門家による図面を作成し、その後も地主同士では
なんの問題もありません。また借主との契約書にも
その図面は添付しています。仮に公の境界と多少
ズレが見つかったとしても、地主同士が問題としてない
のに、境界についての第三者が、境界について異議を唱え、
契約の錯誤を主張できるのでしょうか。
境界については地主同士の問題で、通常人を基準としても、
地主同士が納得している境界で契約するのはおかしい事
ではないと思いますし、境界がおかしいならば、まずは
地主同士の境界確認訴訟や所有権確認訴訟の問題では
ないでしょうか。

2010年08月09日 15時35分

松原 脩雄 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 この問題の論点は、借地契約の対象となった土地の特定であると思います。

2 特に境界杭で区分された測量図面が決め手として扱われることになるでしょう。この測量図面につき当事者が異議無く承諾して契約した以上、契約対象土地は、まさしくその測量図面で表された土地であるわけです。この点につき要素の錯誤があるとは思えません。

3 そして、その土地が、仮に客観的には、境界線を越えて他人の土地を含んだものであったとしても(仰るとおり境界線は、国しか決定することができませんから、私人は知らぬ間に境界を越えている場合があります)、そのはみ出した土地の所有権はやはり取り込んだ地主にある(例・時効取得)ということもあり、その場合には、無論そのはみ出した部分を自己のものとして、地主は、これを貸し付けることができるのです。

4 本件では、境界紛争を持ち出してくる隣接権利者もないようですから、なおさら借地人の言い分には違和感を感じます。

5(結論) よく勉強された貴方の主張に賛同します。

2010年08月10日 09時00分

相談者(18309)
松原先生、ありがとうございます。
突然言いがかりの様なことを言われて不安に
思っていましたが、勇気がわきました。
相手の言いなりになることなく対応していこうと
思います。

2010年08月11日 10時45分

この投稿は、2010年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,987名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

境界損壊罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

自分の土地と他人の土地の境目を示す目印を壊したりして、境目がどこかわからなくすると、境界損壊罪という犯罪にあたります。この記事では、境界損壊...

この相談に近い法律相談

  • 虚偽の建築確認申請をした場合

    隣地が新築中です。建築確認申請の真北方向が方位磁石や実測図と余りに違うので、建築局が発行した白地図を、設計図と等倍トレースし、確認したところ、真北方向が12度西に傾いており、前面道路の角度も違っておりました。 乱暴に白地図を作成したらしく、前面道路は始点と終点を結んだだけで、実際とは異なることを建築局の方も確認し...

  • 購入した土地の境界と全く異なる境界を隣家が主張

    2年前に土地を購入しました。 その際、地籍調査により作成された地籍集成図と面積計算書を基に売り主と現地で境界確認し売買しました。 最近になり隣家から、境界が20メートル手前の境界杭が起点と主張されました。この場合300平米土地が減ることになります。尚、土地には建築物はありません。そこで先生に2つ質問があります。 ...

  • 法務局の筆界特定に対する対策

    数日前に関連のことで質問させて頂きました。http://www.bengo4.com/saiban/1137/b_372183/ それと関連しますので、前回の相談の一部を以下に引用します。 (1)私が10年以上占有している住宅敷地(父からの相続に基づいて占有している敷地)の中の一部に、国有地(完全に私だけが使用しているので、官地としても普通財産です)が含まれて...

  • 公図と地積測量図の隣接地番が異なる場合の地図訂正について

    公図と地積測量図の隣接地番が異なる場合(旧公図と地積測量図の隣接地番は一致)の地図訂正については、隣接土地所有者の同意等がなくとも、明らかな現公図の誤りとして法務局は職権で地図訂正をしてくれるものなのでしょうか?

  • 地積測量図の存在する土地と存在しない土地の違いとは?

    地積測量図の存在する土地と存在しない土地の違いとはどのようなものなのでしょう? また、地積測量図が存在することで、その土地についてどのようなことが明らかになるのでしょうか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。