境界確認訴訟

私の祖父の代のままの土地があるのですが
相続登記をしないままになっておりました。
そこにずっと住んでいる私のいとこにあたるものが
近隣とトラブルになり、境界確認訴訟を起こされました。
しかし、土地は祖父名義のままなので
相続人である私のところまで、訴状が送られてきて
非常に迷惑です。
私の相続分を、そこに住んでいるいとこに譲渡して
訴訟から抜けたいと思うのですが、できるのでしょうか。
祖父の代から何回も相続が発生しているので
相続分を譲渡することはもうできないということも
どこかで見たのですが、ダメなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。
2013年01月15日 22時47分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
相続分の譲渡はできますが、そのことでただちに訴訟からはずれることはできません。登記簿に反映されていないからです。遺産分割を行い、相続登記をする必要があります。

2013年01月15日 23時36分

本橋 一樹 弁護士
ありがとう
遺産分割前であれば相続分の譲渡(他の相続人や第三者に対して)をすることはできます(民法905条)。
祖父の代からの数次相続となると、権利関係が複雑になっているのではないかと推測されますが、遺産分割前であれば、相続分の譲渡契約をし、あとは訴訟の行方をいとこに委ねるという選択肢はあるでしょう(ご相談者としては訴訟の結果について興味はないように思われますので)。
訴訟からは当然には脱退できませんが、面倒な対応をいとこに委ねる(実質的に抜けてしまう)ことはできると思います。

2013年01月15日 23時47分

この投稿は、2013年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 認知について

    こちらのサイトにて、前回も相談させていただき 『父(私の場合は不倫相手)が死亡した場合でも、3年経過していなければ、認知の訴えを提起することができます。父死亡後は検察官が被告になる。調停前置主義の適用になりますので、まず、家庭裁判所に調停を起こす必要があります。』と教えていただきました。弁護士の方、ありがとうございました。 ...

  • 家族間の告訴について

    初めまして。 今回ネグレクトや家族間の告訴について 相談したく思います。 家族構成は、 私(孫)姉、兄、母 離婚した父、叔母(父の妹)、祖父(父方)です。 母が離婚して父方の家族とは別に暮らしています。 叔母も一人暮らしをしています。 離婚してからでも私が祖父が大好きで 祖父の家に今まで遊びに行っていました。 ...

  • 祭祀について

    以前、相続問題や相続放棄などについて質問した時に、相続放棄をしても、祭祀相続は別であると、教えてもらったことがあるのですが、詳しく、覚えていません。専門家の方に家系図を 見てもらったら、母は、相続人にならないことが分かりました 亡くなった叔父とは、父親違いなので。(母の戸籍は、戦死した実父のままで、後添えの父と...

  • 要介護状態の祖母の相続放棄について

    父親が亡くなり相続放棄の準備を進めているのですが 父の母親(以下祖母)の相続放棄の仕方について悩んでいます。 悩んでいる理由は、祖母が高齢でかつ認知症が進んでいるため、父親が亡くなったことを言っていないことです (こちらがいったことをある程度理解は出来るがすぐに忘れる状態です) 変な話、父を溺愛していたの...

  • 絶縁した父の死後に知った借金について

    カード会社からの連絡で絶縁していた父親が死んだことを知りました。カード会社から金銭債権があるため、相続すらかしないか確認したいと簡易書留が届きました。 絶縁しているため、死んだ日も分からない状態です。相続するつもりは一切ないのですが、これは死んだ父親の最終管轄地である家庭裁判所に行って相続放棄申述受理をしないと...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。