土地境でもめている案件で、自分の土地だと所有権を主張するためにフェンスを取り付けた、違法か。

公開日: 相談日:2021年04月07日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
相手方から調停の申立がありました。
調停内容は、土地(山林)の境界についてです。
1回目の調停では、こちらから境界案を
示すので、確認する(相手方が)ことで終わりました。
そこで、私は、自分の土地だと所有権を主張するためにフェンスを取り付けました。
申立人は、認めませんでした。
山林故に評価額は低いです。

【質問1】
①こんな場合、相手方が認めなくても、10年間そのままにしておくと時効で自分のものになるのですか?
②相手方がこのフェンスを壊すと罪に問えますか?
③相手方らの予想される反撃はどのようなものが?

1015237さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    宮城県6位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > ①こんな場合、相手方が認めなくても、10年間そのままにしておくと時効で自分のものになるのですか?

    調停申し立てにより,時効の完成が猶予されていますので,現段階では時効は進行しません。
    調停が成立しなかった場合,不成立から6ヶ月間は時効の完成が猶予されますので,この間に訴訟などを起こされれば,再度時効の完成が猶予され,判決により時効が更新になります。
    以上から,調停や裁判などがされていない状態で10年経過すれば時効になります。
    ただし,調停申し立てがされていることからすると,何もなく10年経過するのは難しいと思われます。

    > ②相手方がこのフェンスを壊すと罪に問えますか?
    器物損壊罪などに問われる可能性があります。

    > ③相手方らの予想される反撃はどのようなものが?
    境界問題は,法務局の地図・公図などを参考に,どこに境界があるかが判断されます。
    現在は調停ですので,話し合いになりますが,相手方はそのような資料から,境界が異なるという主張をすることがあり得ます。
    また,これまでの使用状況から逆に時効などの主張をすることも考えられます。
    ただ,現在は調停ですので,反撃といっても第三者が決めるわけではなく,それほどの効果はありません。
    問題は調停が成立しない場合,訴訟提起されることが考えられます。
    その場合,境界だけでなく,フェンスの撤去も求められると思います。
    こちらの状況の有利不利がこの場では不明なので,一度お近くの弁護士に相談された方がよいと思います。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「土地の境界線」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す