子供の声が騒音と言われて困っています。

公開日: 相談日:2014年07月10日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

お世話になります。
私は住宅地の戸建てに主人と3才と1才の男の子と4人で住んでいるのですが、斜め裏のお宅に苦情を言われて困っています。
子供の声がうるさいという内容でした。苦情を言われる時間はいつもお昼間です。
自治会の方に間に入って三者会談を行ったのですが、話になりませんでした。
環境省の基準では住宅地は55db以下じゃないといけないとか、今測定器を借りててずっと測っていますとかそういった内容でした。
私が今からお庭でプールしたり、敷地内で自転車の練習したりもすると思うので、それにともなって声はすると思いますよと伝えると、
「迷惑してる人間がいるんだから公園行ってくれ」
「敷地内だからといって何してもいいと思ってるんですか!」と言われました。
自治会の方もあまりに一方的な内容に
「あなた達が神経質すぎるね」
「子供がお昼間に安全なお家や敷地内で遊ぶのの何がいけないの?」
と相手方に言ってくれてのですが、
「第一種低層住宅というのは55db以下で静かに暮らす場所です」と意見を変えません。
それに自分は夜勤がある仕事だからおたくは朝が早すぎると言われました。
子供が主人に「いってらっしゃい」と見送る声がうるさいと。
自分は10時まで寝るから目が覚めて困ると。
その場はうちも最大限の譲歩で10時までは極力静かにさせるようにはしますが100%は無理です。と言って終わったのですが、あまりに一方的すぎるのではないかと怒りさえ覚えます。
両隣や真裏のお宅は気にせず遊ばせていいよ。うちは全く気にならないよと言ってくれています。
話が長くなりましたが、今後うちの中や庭などで遊ばせていて55db以上の音が出ていて相手が訴えると言ってきた場合こちらは負けてしまうのですか?
今のところうちは、10時までは極力窓を閉める。裏に目隠しになるような塀を建てる予定です。

266185さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都8位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    法律上はいわゆる受忍限度をこえる騒音と判断されれば,損害賠償金を支払う可能性も出てきます。
    ただ,お昼に一時的に子供の声がしたくらいで受忍限度を超えるとは言いづらいと思いますよ。
    それと相手が10時まで寝てるかどうかは関係ないと思います。
    そこまで相手がいうなら裁判にしてもらったほうがはっきりするのではないでしょうか。
    対応に困るなら弁護士に入ってもらうのも一つだろうと思います。

  • タッチして回答を見る

    確かに相手の主張も一理あります。
    しかし、あくまで私見ですが、もし訴訟になってもみっちょんさんが敗訴する可能性は低いと思います。裁判所は、もちろん条例等のデシベル規制は尊重しますが、そのことだけで形式的には判断しません。相隣関係は「お互い様」の精神で成り立っているため、相互に一定程度の軽い迷惑は我慢し合うべきという「受忍限度論」という考えがあるからです。
    「こどもの声は騒音(公害)か」という見出しで新聞記事にもなっていましたが、私個人の意見としては、そうではないと思っています。その理屈を押し進めると保育所等の施設まで公害施設になってしまうからです。
    ともかく、隣人の主張は、冒頭に記したとおり、一理あるとは言えても、なお受忍限度の範疇だと解されますので、みっちょんさんとしては心配しすぎなくても大丈夫だと思います。

  • 相談者 266185さん

    タッチして回答を見る

    早々とお返事ありがとうございます。
    少しほっとしました。
    近隣の方に少し変わったご夫婦とは聞いてはいたのですが、今回の事で実際お会いしてこちらが強く言い返すと子供が標的になるんじゃないかと不安でたまりません。
    子供が元気に遊んでいても測定器ではかってるのか…とかこっちを見てるんじゃないかとか考え精神的に参っています。
    実際1度敷地内で自転車の練習をしていた時、裏のお宅の2階のブラインドからこっちに向かって携帯だけが出てるのを目撃しました。音をとっていたのか写真をとっていたのかはわかりませんが。
    普通に遊んでる声が受忍限度をこえない可能性が高いということですよね?
    気をつけながらも普通に遊ばせてあげれたらなと思います。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    みっちょんさんの感覚がふつうです。
    対応が必要な相手をその隣人と考えずに、自治会であるとか他の隣人であるとか、要するに健全な地域の方々との関係を大切にして、いざというときにはその方々に味方になってもらえるように動くということでしょうね。

この投稿は、2014年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す