台風により家の木が倒れ、隣の車を破損しました。そのときの損害賠償は?

公開日: 相談日:2011年09月23日
  • 2弁護士
  • 5回答

木は特に腐っていたわけではなく、管理上の問題は全く有
りませんでした。
しかし、今回の台風の強風で、不幸にも倒れてしまい、隣
の駐車場の車に被害を与えてしまいました。
このような状況で、以下のことを知りたいのです。



(1)天災にもかかわらず、このような事故の責任は、木が立っていた敷地の地主が全ての責任を負わねばならないのでしょうか?
公的な費用負担支援などは無いのでしょうか?



(2)車の所有者が入らねばならない保険から、費用の一部でも保険金としておりることは無いのでしょうか?
(車の所有者が、このような天災に起因する損害への補償を受けるには、車の所有者が、特別な保険に入っていなければならないのでしょうか?)



(3)そもそも、その木は昔から立っており、それに隣接して駐車場を設置した隣の方、そこの駐車場を管理していた管理会社さんは全く責任なし、費用負担なし、ということでしょうか?

自動車の運転も保有も経験の無い者で、また法律にも疎く
、皆様のお知恵をお借りしたく、よろしくお願いします。

80310さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位

    弁護士 A

    タッチして回答を見る

    1.倒れた木の管理責任を果たしていたかが問題となります。
    一般的には、その木に通常有すべき安全性が認められるかという問題です。
    木が倒れる可能性があったのに何もしなかったというのであれば、あなたが損害を賠償する責任を負います。
    逆に、通常の風邪程度では倒れない状況であれば、あなたが賠償する責任を負うことはありません。

    公的な負担については、自治体ごとにあったりしますので、市役所などで聞いてみてください。

    2.保険の約款を確認しないと、分かりません。

    3.駐車場を設置しただけであれば、隣の方や管理会社が特に責任を負うことはありません。

  • 比護 望 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    倒木の責任については、下記のように判断した判例があります。

    東京地裁平成21・9・9

    本件樹木が倒木したのは,本件樹木の根株が腐朽して支持根が全くない状態となり,樹体支持力が著しく低下していたためであったことが明らかである。
    本件樹木の近くには本件建物があったことからして,通常吹くことがあり得る程度の風によって根元から横倒しになる蓋然性のある状態に至ったときは,通常竹木の有する安全性を欠き,栽植又は支持に瑕疵がある場合に該当すると解されるところ,本件樹木は,根株が腐朽して支持根が全くない状態となり,樹体支持力が著しく低下していたのであるから,通常竹木が有する安全性を欠いており,栽植又は支持に瑕疵があったと認められる。

  • 相談者 80310さん

    タッチして回答を見る

    早速ご回答いただいたお二人の弁士の方、大変有難うございます。
    なお、もう1点、ご意見をうかがわせていただければと思います。

    私は、
    「木は特に腐っていたわけではなく、管理上の問題は全く有
    りませんでした。」
    と書きましたが、これは、これまでそのような危険性は感じなかった、そのような兆候は無かった、公道近くに立っているがそのような注意は第3者からも受けたことは無い、という事実に基づく主張だったのです。が、それを客観的に第3者へ証明するのは難しいですね。毎年、専門家の植木屋さんに見てもらっていた、というエビデンスがあるわけでもありませんので。
    このような状況だと、やはり損害賠償には応じざるを得ないのでしょうね?

  • 相談者 80310さん

    タッチして回答を見る

    木は根元のところで折れていました。確かに、折れたところは少しやわらかくなっていましたが、それ以外の部分は非常に固く、重かったようです。

    しかし、これまでの一般的な台風では何の危険な兆候も無く、持ち主といえども、今回の結果を予知することは不可能だった
    と思います。今回の台風のような、これまでにない強風は想定できず、やはり天災、という気がしています。

    このような天災に基づく損害の全額、木の持ち主側で補償
    しなければならないのでしょうか?
    一般に、原因の持ち主側の管理不行き届き部分と天災部分の割合を推定し、持ち主側の負担は持ち主の管理不行き届き部分のみへの補償が、妥当なのではないでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位

    弁護士 A

    タッチして回答を見る

    まだ木がそのままなら、折れた箇所の写真をできる限り撮影しておいてください。
    原因が不明になると、水掛け論になってしまいます。

    >このような天災に基づく損害の全額、木の持ち主側で補償しなければならないのでしょうか?
    天災で不可抗力といえるなら、あなたが損害賠償義務を負う理由はありません。

    >一般に、原因の持ち主側の管理不行き届き部分と天災部分の割合を推定し、持ち主側の負担は持ち主の管理不行き届き部分のみへの補償が、妥当なのではないでしょうか?
    交渉でお互いが譲歩するなら、半分ずつ負担するなどの方法が考えられます。

この投稿は、2011年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す