集合住宅における水漏れ被害の賠償請求

現在、集合住宅(公営)に住んでいる者です。
昨日の夜18時頃、仕事から帰宅後に、部屋が上の階からの水漏れが原因で部屋が複数水浸しになっておりました。

水漏れの原因は上の階の方の不注意(洗濯機のホースが外れていたことによる放水)のようです。

上の階の方の部屋における被害は大したことがないようなのですが、当方の部屋への被害はかなり大きいように思われます。主観ではありますが、掃除をしたからといって住めるレベルではないようにも思います。

具体的な被害としては、家電(電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、バリスタ、電子レンジ等)、家具(布団、毛布、ラック)、衣類、服飾雑貨(高価なものも含む)、時間的被害(当方の有給と家内の有給)、精神的苦痛(思い出の品が台無しになったこと、部屋の衛生面が悪化したこと、後始末や賠償の件で時間等取られること)などで家内が相当参っております。

加害者の方とは連絡は現在取りながら、保険加入の有無を確認しているところです。
当方と家内は火災保険への加入はしておりません。

色々とインターネットを介して調べてはいるのですが、どこまでの保障をしていただけるのかが未だにはっきり致しません。
そこで、先生方にご質問させていただきたいのは以下の2点です。

1. 相手が個人賠償責任保険から支払いを行う場合は、主に物損の被害額に減価償却費を引いた額が支払われると認識しているのですが、その額が再取得価値に満たない場合の差額はどのように保障していただけるのでしょうか。または、保障していただけないのでしょうか。保障していただけない場合は、他に保障のための手段はあるのでしょうか。

2. 個人賠償責任保険とは別に、精神的苦痛やその他の二次被害(時間的被害、健康被害、引っ越し費用など)を理由に、慰謝料をいただきたいです。この場合、どういった対応が当方には可能でしょうか。

もらい事故のまま、被害だけ泣き寝入りだけは御免です。

お忙しいところ大変恐縮でございますが、何卒よろしくお願い致します。
悩み相談さん
2019年01月09日 10時56分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県6 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
< 相手が個人賠償責任保険から支払いを行う場合は、主に物損の被害額に減価償却費を引いた額が支払われると認識しているのですが、その額が再取得価値に満たない場合の差額はどのように保障していただけるのでしょうか。または、保障していただけないのでしょうか。>
 ふつうは保障はありません。

<保障していただけない場合は、他に保障のための手段はあるのでしょうか。>
 残念ながら、ないのです。

<個人賠償責任保険とは別に、精神的苦痛やその他の二次被害(時間的被害、健康被害、引っ越し費用など)を理由に、慰謝料をいただきたいです。この場合、どういった対応が当方には可能でしょうか。>
 損害賠償の訴訟を起こすしかありません。

2019年01月09日 11時11分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ベストアンサー
ありがとう
> 1. 相手が個人賠償責任保険から支払いを行う場合は、主に物損の被害額に減価償却費を引いた額が支払われると認識しているのですが、その額が再取得価値に満たない場合の差額はどのように保障していただけるのでしょうか。または、保障していただけないのでしょうか。保障していただけない場合は、他に保障のための手段はあるのでしょうか。
→この点は,よくお調べになっておられますが,再調達価格から減価償却費を控除した残存価格での賠償となります。自動車事故に例えれば,全損として残存価値の賠償にとどまるという最高裁判例の考え方が当てはまります。したがって,再取得に満たない分については補償されないし,損害の上限となるために残念ながら手段はありません。

> 2. 個人賠償責任保険とは別に、精神的苦痛やその他の二次被害(時間的被害、健康被害、引っ越し費用など)を理由に、慰謝料をいただきたいです。この場合、どういった対応が当方には可能でしょうか。
→物損に関しては,慰謝料は,原則として請求できないことが通説・判例です。芸術的な価値を有するものなどの希少価値には慰謝料を例外的に認めるだけです。
しかし,物損以外の壁・天井の汚損による被害が大きく,修繕費用も相当額に及ぶ場合には,転居もやむを得ないと考えるのが相当ですから,転居費用については,認められる可能性が大きいと思います。ただし,これは個人賠償責任保険の対象外となっていると相手の負担となり実際に支払いを受けることができるかどうかは,相手の財産,収入によります。

2019年01月09日 11時17分

悩み相談 さん (質問者)
先の質問にお答えいただき、誠にありがとうございます。

あれから少しずつ事態の詳細が明らかになってきており、その情報を踏まえた上で再度ご教示いただけると幸いです。

まず、加害者の方は自身の責任を認めており、謝罪はしております(あまり心象の良いものではありませんでしたが)。加えて、加害者の方は保険への加入はしておりません。
そして、加害者の方の最近の行動としては、こちらの請求(口頭による物損被害にかかる請求)が妥当かどうか弁護士に相談しにいく、こちらが金銭のお話をするとあからさまに嫌そうな顔をする(当方の主観が強いかと思いますが)、など、はやり支払いに消極的な様子が伺えます。

この現状を踏まえて、まず、物損については再取得価値分の請求を行おうと思っております。ここには法的義務も生じると調べる中で情報が得られたので問題はないと思っております。

ここでご相談したいのが、物損以外の請求(精神的被害、時間的被害、移住にかかる費用など。実際、家内はストレスによる血尿・血便で病院からの診断書をいただいております。)についてです。この物損以外の慰謝料請求については、裁判しかないと思っています。この時に起こす裁判では、物損の請求と物損以外の請求(慰謝料として)は同時に行うものなのでしょうか。それとも別のものとして扱うべき事案なのでしょうか。
どのような請求の形式、裁判の形を取るべきかアドバイスいただけますでしょうか。
✳︎請求しようと考えている慰謝料額は100万円です(移住にかかる費用15万、ホテル費用5万、移住場所からの通勤代5万、通院費1万、2人分の労働費や有給への補償9万ー給料を日割りしました、物損の不足額25万ー家財、家電がほとんどやられております、慰謝料40万ー因果関係の証明は難しいかもしれませんが、これまで健康体であった2人が身体的苦痛ー血便や蕁麻疹に、苦しんでおります)。

不勉強で申し訳ありませんが、ご教示いただけると本当に助かります。
よろしくお願い致します。

2019年01月12日 10時46分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
> どのような請求の形式、裁判の形を取るべきかアドバイスいただけますでしょうか。
→損害賠償請求としては,同じ訴訟の中で,請求の趣旨も○○万円を支払え。という一つでいいと思います。
動産の個々の損害(実損),転居費用,慰謝料これらは,合計金として請求する損害の項目として順番にあげていき,その中に金額を明記して,合計金として請求の趣旨で請求する金額と一致すれば良いのです。
なお,遅延損害金は,年5分で不法行為(水漏れ)発生時からつきます。請求の趣旨に入れて下さい。
つまり,
1 被告は,原告に対して,○○万円及びこれに対する平成31年1月8日より支払い済みに至るまで年5分の割合による金員を支払え。
2 訴訟費用は,被告の負担とする。
となります。

請求の原因
1 当事者の関係 同じ建物上下の階に居住
2 事故の発生
3 損害
(1)動産 小計
(2)転居費用
(3)慰謝料
(4)
(5)
以上の合計○○万円

2019年01月12日 11時02分

悩み相談 さん (質問者)
再度ご丁寧にご教示くださり誠にありがとうございます。

お教え頂いた内容を基に、損害賠償請求を進めていきたいと思います。

最後に、お手数お掛けして申し訳ございませんが、加害者の行動についてご意見くださると助かります。

現在、加害者の方は、「弁護士にその物損の妥当性を相談します、早く物損のリストをください」の一点張りです(愚痴めいた話で、非常に誠意に欠ける対応続きで大変腹立たしいのですが、グッと感情を抑えながらのやり取りです)。

そこでご確認させていただきたいのが以下になります。
加害者の方に対して、こちらに物損の詳細を報告する義務はあるのでしょうか。
また、どのような請求の仕方を取るべきなのでしょうか。

弁護士の方々が再取得価値や減価償却費を計算なさるわけではないと思いますので、いささか不自然かつ不条理にも感じる要求に個人的には思えます。

大変恐縮に存じますが、何卒よろしくお願い致します。



2019年01月12日 22時46分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
> こちらに物損の詳細を報告する義務はあるのでしょうか。
> また、どのような請求の仕方を取るべきなのでしょうか。
→義務というと難しいですが,理屈から言えば,立証背金は賠償責任を求めていく御相談者にあります。したがって,詳細を述べてくれと言うのは,その意味では正しいと思います。

→訴訟を辞さずと言うスタンスは維持するとして,こちらで損害算定をしたものを,各損害額を示した目録でいいと思いますが、それを示して,どのような反応をするのか,いわゆる金額に対する認否を事前にやらせてみてもいいと思います。
その結果から,訴訟となった場合の相手の主張が予め判明するので,決して無駄な作業とはならないと考えます。

2019年01月13日 06時22分

悩み相談 さん (質問者)
非常に迅速なご対応をいただきありがとうございます。

こちらが請求を行う前から、加害者の方は「弁護士に相談する」の一点張りなので、きちんと時価分請求をしても、文句を言ってきそうで、その対策としてご相談させていただきました。

先程の質問にて最後にと申し上げましたが、もう一点だけお願いしてもよろしいでしょうか。

上述の通り、被害者としての主観が強いかと思われますが、引いた目で見ても加害者の方の対応は不誠実であるように感じます(請求の前から支払いを渋るような発言ー個人的に、「弁護士」というワードを出してくるのはパワーワードのようにも取れましたー、事故以降における被害者の宿の確保をしない、清掃などその他の手伝いを行なったのは事故当日とその次の日のみーこちらは仕事に行きながら、時間給を取り、清掃をしているのは加害者の方も知っている/気づいているはずです。)

慰謝料として請求できる要素(精神的苦痛、身体的苦痛、時間的損害)を増やしたく、上記の加害者の方の不誠実な対応も要素に加えられるようにしていきたいです。

これらの点を踏まえて、以下が質問です。
加害者の方の対応の不誠実さを立証するにはどういった証拠が強いものとして機能するでしょうか。また、加害者の不誠実な対応に関連する判例はございますでしょうか。可能であれば私の事例に近しいものをご紹介いただけないでしょうか。

お手数お掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。

2019年01月13日 08時33分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
> 加害者の方の対応の不誠実さを立証するにはどういった証拠が強いものとして機能するでしょうか
→この間のやりとりを時系列に書き出して,そのメモあるいはできれば陳述書にして少々として提出してください。

> 加害者の不誠実な対応に関連する判例はございますでしょうか。可能であれば私の事例に近しいものをご紹介いただけないでしょうか。
→交通事故でも同様の不誠実な態度というのはあります。しかし悪質なものに限られます。
それ以外の犯罪でも同じです。犯罪は元々悪質ですから。
交通事故の過失犯に戻ると,重大な死亡事故や後遺障害事案についても,証拠隠滅は謝罪約束を守らなかった場合に限られるようです。したがって,のらりくらりとしたり,弁護士介入をほのめかす程度では難しいかもしれません。類似なものが見つからないために,死亡事例という全く極端な例を挙げざるを得ませんでした。

さいたま地裁 平成24年10月22日判決(確定)
また,病室で回復を祈りながら,最愛の妻を亡くした原告一郎,及び,亡花子の結婚後も近隣で親しく交流を続けてきており,孫ができるのを心待ちにしていた亡花子の両親の原告三郎及び原告春子の受けた精神的苦痛も,それぞれ著しく,察するに余りあるものである。
加えて,被告乙山は,自らを被告人とする刑事公判廷においては,裁判官の質問に答えて「今後,ご遺族の方々には,直接お会いしてお詫びし,一生謝罪し続けるつもりです。」と誓っておきながら,執行猶予の判決を受けるや,面会はもとより謝罪文の交付や献花等も一切していない。

また,本件訴訟で提出した被告乙山作成の陳述書においても,謝罪等は一言もされておらず,このことは,事故態様が主な立証事項であるとしても,亡花子や遺族らに対する思慮や加害者本人としての自覚に欠けるものというほかなく,異例ともいえるものである。

このような被告乙山の刑事公判廷以降の不誠実な態度は,原告ら遺族の心情をより傷付け,その精神的苦痛を深めるに至っている。
ことに,本件事故の現場が勤務先の近くであるため毎日訪れており,毎月22日の月命日のお供えを欠かさない原告一郎は,被告乙山からは,四十九日はもとより,命日にも今までに1度もお供えがされていないことから,被告乙山の謝罪の言葉は信用できないとその心情を吐露している。

2019年01月13日 09時25分

悩み相談 さん (質問者)
お世話になっております。

先生からご教示いただいた内容を参考にしながら、自身でも勉強を重ね、損害賠償請求と慰謝料請求の準備を仕事の合間に進めている最中です。
改めまして、この度はありがとうございました。

加害者の方が保険に入っていないことと、支払いを行いたくない態度が全面に出てきていることから、直接の交渉が難航しておりますが、加害者の方の職場の上司とこちらの上司に立会人となったいただいて、交渉を進める形となりました。(お互いの職場の上司同士も揉めたくないようでした)

状況としては、こちらが損害賠償の額を再取得価値(中古市場での価格)を元に計算しているにも関わらず(再取得価値で計算していることは伝えていますが、まだ全体の額や詳細については一切知らせてはいません)、あちらは全く調べていないようで、「減価償却を引いた分を」「弁護士に妥当かどうか相談する」の一点張りです。(請求を行う前からこの調子です)
加えて、慰謝料も判例を調べ、可能な限り私の事案に近い判例の慰謝料の額と同等のものに設定致しました。(相手も経済力はある方のようですので、支払い能力は問題はないかと思われます。)

正直、このまま立会人を介して交渉しても拉致があかないのではとも思っております。
もし、こちらの主張を話し合いの場で理解してもらえない場合は訴訟を行うしかないのでしょうか。

私も出世にかかるであろう大きな案件があり、これ以上あまり時間をかけたくはありません。(しかし、訴訟しかない場合は本人訴訟であっても行う覚悟です。)
何度もご質問しているので、大変申し訳ございませんが、お手隙際で構いません。訴訟以外の損害賠償請求や慰謝料請求を法的に応じさせる方法(言葉が適切ではないように感じますが、請求に応じることに強制力を持たせたちです)があれば教えたいただきたいです。

何卒よろしくお願い致します。



2019年01月14日 18時25分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
弁護士会の示談斡旋センターならば,話し合いの延長であり,弁護士が調停役を致しますので,ある程度法的な整理に基づき相手方を説得をすると思います。
あるいは,簡裁の民事調停です。同じ裁判と言っても法廷ではない部屋で個別に話を聞いて進めていきますので,若干はソフトなイメージではあります。

2019年01月14日 18時31分

悩み相談 さん (質問者)
迅速な対応をいただき誠にありがとうございます。
本当に助かっております。

訴訟以外の方法をご提示いただき誠にありがとうございます。
上記の方法も視野に今後も検討を重ねていきたいと思います。

被害者感情を抜きにし、根拠に基づいた主張を行えるように気をつけて交渉に臨みたいと思います。

非常に有益なご教示を賜り、誠にありがとうございました。

また機会がございましたら、どうぞよろしくお願い致します。

2019年01月14日 18時58分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
どうか正当なものですので,しっかりと支払わせるように頑張ってください。

2019年01月14日 19時41分

悩み相談 さん (質問者)
お世話になっております、
先日、漏水事故の被害についてご相談させていただいた者です。

あれから、損害賠償の件について進展があり、追加のご相談がございます。お手隙の際にご回答いただけると幸いです。

あれから、互いの上司を立会人として交えて、加害者と対面する場がありました。その場では、こちらは請求額を提示し、加害者はそのリストを要求してきたことに応じて、請求額のリストを渡したのみでした(個人的には、加害者側の対応は相変わらず不誠実であり、そのリストを渡すことにすら怒りを覚えています)。

加害者は弁護士にリストの妥当性を相談する云々を相変わらず言っています。

そこでご質問させていただきたいのが以下の2つです。

1ー 加害者に、こちら(被害者)の請求額を減らす権利は法的にあるのかどうか。

2ー弁護士さんに、請求額の妥当性(正直、ここでの妥当性が何を指すかは定かではありません。加害者に確認しても、妥当性としか繰り返しません)を判断することはできるのかどうか。

こちらとしては、換算の難しいもの(消耗品やプレミアの価値があるもの)は最初から請求額に含めておらず(曖昧な議論をさけるため)、最初からある程度譲歩している者であり。これ以上の譲歩はするつもりはありません。

お忙しいところ申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。

2019年01月18日 17時35分

岡田 正樹
岡田 正樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県3
ありがとう
> 1ー 加害者に、こちら(被害者)の請求額を減らす権利は法的にあるのかどうか。
→抗弁として不可抗力,あるいは,他に原因が存在したという主張でしょうか。
共用部分の排水管等の劣化によるという主張をして原因を他にそらすことがあり得るでしょう。確かに因果関係の証明責任がこちらにあるとすると,相手の占有部分のどこからの漏水かを特定しなければなりません。しかし,汚損の状態から推認できると言うことでこちらは事足りると思われます。
> 2ー弁護士さんに、請求額の妥当性(正直、ここでの妥当性が何を指すかは定かではありません。加害者に確認しても、妥当性としか繰り返しません)を判断することはできるのかどうか。
→弁護士は相手の利益を代理するものですが,1と同じことを言いたいのか,あるいは,金額の算定根拠についてのことかと思います。しかし,最終的には,双方の主張は主張であって,相手の弁護士も相手の立場での主張を代理としてするだけです。公平中立な第三者とは言えません。従って,それは主張であり,それが妥当であるとは言えません。早くアクションを起こした方が良いと思います。

2019年01月18日 20時33分

この投稿は、2019年01月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 近隣トラブルでの引っ越し代請求について

    初対面の同じマンションの住人に、部屋に押し入られそうになりました。 チェーンはかけていましたが、部屋の中を見せろと手足を隙間から入れられ、警察を呼びました。 精神障害の方らしく入院させたと話をききましたが、いつ出てくるかなどはわかりません。 怖くてその部屋には住めず、今は別のところで避難して生活しており、引っ...

  • 公営住宅の近隣問題について

    カテゴリーが違いましたらすみません。 私は精神疾患(在職中)があり、公営住宅に住んでいます。 右翼の方が入居してきて(右翼の名刺を貼っている)毎日ではありませんが、セックスの声と右翼ということで、恐怖を感じ、役所へ再三苦情を出していましたが、状況の確認等一切してもらえず、 落ち着いていた精神状態が悪化し、医師にも...

  • 反町・松嶋夫妻の近所トラブルの真被害者が提訴するとしたら・・

    反町・松嶋夫妻の近所トラブルをマンション管理会社が提訴してますが・・ 真の被害者が、提訴するとしたら訴額はどれくらいが妥当でしょうか? 一要・弁護士資格所持者の方のみに解答願いますー

  • 近隣トラブルのある家の売却の際の損害賠償請求について

    教えてきただきたく投稿します。 10年ほど前に中古住宅を購入し、5年ほど前に建て替えをしました。 建て替えをした頃から隣家からのいやがらせがはじまり、今回引越しを決めました。 嫌がらせの内容は 家の前の通路に、以前は名指しで中傷、今は我が家の敷地のものを片付けろ?と張り紙、 勤め先や子供の学校に電話をかけてきて中...

  • 火災の際、近隣への保障について

    先日、親族が、火災により死去いたしました。故人は独身で親も他界しており甥である私と従兄弟がアパートの保証人になっておりました。火災の消火の際、下の部屋が水浸しになりました。先方は火災保険に加入しておりましたが保障されない私物について80万円ほど請求されました。(和服や下着、引越し費用、使えなくなった物の処分費用な...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。