台風により隣の木が倒れました。損害についてどこまで請求できるのでしょうか?

2017年10月の台風21号で隣の土地の15mくらいの木が倒れ、車庫、自動車、塀が被害にあいました。同地域では同様に倒れた木が数本あり、自然災害のため、被害を受けた側の火災保険で直そうという雰囲気です。我家は火災保険には入っておりましたが、家の付属物(車庫、塀等)については保証されないタイプだったため、大きく持ち出しとなる予定です。
隣の土地の持ち主は、そこには住んでおらず、法務局で住所は調べたものの、すでに転居をしており
連絡が取れない状況です。(転出元の区役所に依頼し調査してもらってます。)
ご質問は下記となります。

1.隣の土地の持ち主に受けた被害の補償をしていただくことは可能でしょうか?
  免責となる部分、請求できる部分についても教えていただけないでしょうか。
  ※隣の土地は何年も放置状態です
2.倒れそうな木の伐採を依頼することは可能でしょうか?
3.土地の所有者と連絡が取れない状態です。転出先を知る方法はあるのでしょうか?
4.隣の土地の持ち主と連絡がつかない場合、倒木の可能性のある木をこちらの判断
  で伐採することは可能なのでしょうか

今後の動き方含め、アドバイスいただけると幸いです。

○木の倒壊による被害状況
・家本体 電線が引き出され一部損壊 ⇒ 火災保険で直る見込み
・木の撤去 業者依頼し撤去
・車庫 全損のため、業者に依頼し撤去
・自動車  10年目のカローラ 修理せず買い替え(保険により44万円もらえる)
・塀 数か所破損(そのままにしている)
2017年11月04日 12時40分

みんなの回答

相談者
区役所から連絡があり、隣の土地の持ち主の転出先が分かりました。

2017年11月04日 17時23分

中森 真史
中森 真史 弁護士
ありがとう
1.隣の土地の持ち主に受けた被害の補償をしていただくことは可能でしょうか?
  免責となる部分、請求できる部分についても教えていただけないでしょうか。
  ※隣の土地は何年も放置状態です

基本的には、民法717条の土地の工作物責任という規定により、隣の土地の持ち主に損害賠償できる余地はあると思います(隣の土地が何年も放置状態とのことで、そもそも隣の土地の持ち主がその大木を「占有」または「所有」していたかは問題にはなりえます)。
ただし、この責任を求めるには、相手方に、木の管理について「瑕疵」があったといえるか、つまり、木は倒れる状態になっていたか、これに対して隣の人がちゃんと木が倒れないような措置等を取っていたか、等の点が問題になります。そして、今回は台風21号という自然災害であり、しかも同地域でも同様に倒れた木が何本かあるほど強力なものだったことをふまえると、自然災害だったから対策のしようがなかったとして、管理に瑕疵がなかったと認められる可能性もあります。この場合、相手に損害賠償請求をすることはできません。

2.倒れそうな木の伐採を依頼することは可能でしょうか?
これも、理屈の上では可能ですが、実際に木がどの程度倒れそうなのか、仮に倒れてしまった場合相談者様がどのくらい損害を被るのか、などの点を細かく分析しながらの判断になるかと思います。

3.土地の所有者と連絡が取れない状態です。転出先を知る方法はあるのでしょうか?
4.隣の土地の持ち主と連絡がつかない場合、倒木の可能性のある木をこちらの判断
  で伐採することは可能なのでしょうか
倒木の可能性が相当高く、伐採することに緊急の必要性が認められれば、先に相談者様の判断で伐採をすることも可能になる余地はあります。

2017年11月05日 12時54分

この投稿は、2017年11月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 隣家への補償

    隣家が建て替えのため旧家屋を壊したところ、我が屋のブロック塀の土台(高さ1m程度)に上下に亀裂が入っているのが見つかりました。丁度境界線の中央付近です。その上に8段のブロック塀があり、その2段目まで亀裂が続いています。隣家の施主が、いつ崩落してもおかしくない状況で危険だからという理由でブロック塀の撤去とフェンス...

  • 境界際まで作られた簡易屋根からの落雪でフェンスを破損された場合の賠償責任について

    2月15日の降雪で隣家の屋根から境界際まで造られた工作物の屋根伝いに落雪があり、 私の所有する土地のフェンスが曲がりました。 このような場合賠償請求はできるのでしょうか?また工作物の改造を依頼できるのでしょうか? 私の土地は北側道路で南雛段になっており、南側の隣家の北面の屋根からの落雪によるものです。 隣家の屋...

  • 貸駐車場の土地の所有者の責任

     現在、貸駐車場にしている土地を所有しています。この土地はほぼ正方形です。駐車場の管理の一切は不動産会社が行っています。  この駐車場の土地の一辺と隣の土地との境界には3m位の段差があり、隣の土地の方へ落ち込んでいます。その隣の土地との境界には柵が設置されていますが、人の転落を防止する程度の強度しかありません...

  • 土砂崩れの賠償について

    崖の上に立っている家に住んでいます。 崖の上1/3がうちの土地で、残りは下の家のかたの土地です。 30年以上、崖は土がむき出しの状態で土砂崩れなどもなかったのですが、 下の土地は長年駐車場でしたが、売りに出され家が立つ事になり、 崖下部分のコンクリートでの整地・補強がされることになりました。 下の部分を整...

  • 落雪による隣家カーポート破損の賠償責任有無

    類似の質問が見受けられますが、私の個別ケースでのアドバイスをいただきたく、質問します。 1月14日の関東地方の大雪で屋根に積もった雪が隣家のカーポートに落下し、破損しました。隣家から強硬に修理費用全額賠償を求められています。 状況: ①宅地所在地 千葉県鎌ヶ谷市、1987年築 現在、借家として賃貸中(質問者は他県...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。