1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. 木の伐採、無断立入りによる雑草の抜き取り、除草剤散布の件(1)

公開日:

木の伐採、無断立入りによる雑草の抜き取り、除草剤散布の件(1)

2007年11月23日
こんにちは、今近隣で困っていることがあって質問をいたします。よろしくご回答いただければ幸いです。
質問内容は以下のとおりです。
★一回でかけなかったので2つに分けました。

1)木から葉が落ちるといって、清掃を要求されていますが、
小さな木で、総数全部といってもそれほどありませんし、日々にはそれほど
ないです。しかしそれを言っている方は掃除が趣味なのか毎日掃除をしている
ようで、それで過剰に反応しているように見受けられます。
私としてはそれは落ち葉であって、たいそうつもりものでもないので朽ちるに
任せて、また自然の中で十分分解されると考えて必要ないと思うのですが、
このようなことで掃除を義務付けられることはあるのでしょうか?

2)この方はこれとは別に私の家の裏の方に雑草が生えているといって、除草剤を撒き、
また侵入して草を引き抜いたりしていることを私に伝えて、草が生えて迷惑をしている
少しは抜いたらどうかといってきますが、これは主観的なことも絡んで私の目にはそれ
ほど雑草が伸びたとは思えずそのうちにいつもその方が抜いているような状況です。
このばあい、草木が生い茂っているからといって勝手に先のような行動に出てもそれは
よいのでしょうか?
以上いいお考えをお教えいただけると大変たすかります。
相談者(592)の相談

みんなの回答

佐藤 文昭
佐藤 文昭 弁護士
ありがとう
程度問題で、絶対責任が発生しないとまでは言えませんが、やぶ蚊が発生したり枯葉で生活の平穏が乱されるなど人格を侵害したといえる程度に放置していない限り、問題はないと思います。かえって、あなたの敷地に勝手に入って雑草を抜くのは問題です(雑草じゃなくて家庭菜園だったらどうする気なのでしょう?)。ただ、立ち入り禁止にしていなければ軽犯罪法にも違反せず犯罪ではないので、あえて言うなら雑草の窃盗罪でしょうかね。

2007年11月23日 22時24分

弁護士A
ありがとう
1)について
落ち葉が落ちているのは相手の敷地ということでよろしいのでしょうか。
その場合,通常は,受忍限度の範囲内として,清掃義務といったものは生じないと思います。桜のシーズンなどはたくさんの人の庭に花びらや落ち葉が落ちていますが,それを持ち主に清掃しろなどと言う人はいません。それと同じ道理で,清掃義務は原則としてありません。

2)について
家の裏というのは,もちろんご質問者様の土地でしょうから,そこに雑草が生えていても問題はありません。ただ,家の庭の雑草程度にはおそらく所有権というのものがあまり観念されませんので,雑草を奪ったから,違法だとはいえないと思います(事実上警察はうごいてくれません)。
ただ,無断でご質問者様の敷地に入ってきている度合いによっては住居侵入罪が成立する可能性はあります。

2007年11月24日 23時10分

この投稿は、2007年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • バーナーを用いた土壌消毒、違法な野焼きに該当する?

    バーナーを用いて雑草の根や害虫を焼く土壌消毒行為は、違法な野焼きに該当するのでしょうか?

  • 竹(産業廃棄物)の処理の違法があったとき

    竹の伐倒(伐採、抜根)を検討中です。 竹は、産業廃棄物扱いなのですが、伐倒業者に、地中に埋めないで下さいと、話したのにも関わらず一部を埋められてしまったり、他の土地へ不法投棄された場合、 ①責任 ②行政処分などの違反の矛先 は 施主の私? 行った業者? のどちらにくるのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 空き地の雑木の除去と行政代執行について

    空き地の雑木の除去を何らかの法律に基づく行政代執行により自治体に行わせることはできますか?

  • 空き地の雑草に関する条例と行政代執行等、自治体による刈り取りについて

    下記のような空き地の雑草についての条例を設けてある自治体が、空き地の持ち主に対し指導等を行ったにも関わらず所有者がそれに従わなかった場合は、自治体は行政代執行等、自治体の判断で当該空き地の雑草を刈り取ることは出来るのでしょうか? また、当該空き地が相続財産法人や既に倒産した法人の所有になっていた場合等どうなるの...

  • マンション駐車場への居住者(所有者)による不法侵入、犬のフンの放置と器物損壊

    マンションの敷地内の共有部分のうち、特定の駐車スペースに、 繰り返し犬のフンが放置されています。 いくつかの状況証拠から、マンションの住人(所有者)が放置している可能性があるのですが、 マンションの住人でも、他人の駐車スペースに正当な理由なく(不法な目的で)立ち入ることは、 刑法第130条(住居侵入罪)等の刑...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。