1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 近隣トラブル
  4. 所有者の許可なしに、自宅屋根に乗っかってる樹木を伐採してしまいました。伐採した木の撤去は誰がすべきで

公開日:

所有者の許可なしに、自宅屋根に乗っかってる樹木を伐採してしまいました。伐採した木の撤去は誰がすべきで

2015年05月08日
ベストアンサー
山際に自宅の屋根に、山からナナメに生えている樹木が乗っかっていたのですが、山の境界を誤って認識していたため、結果的に本当の山の所有者に承諾を得る事なく、この樹木を伐採してしまいました。

本当の所有者がやってきて、勝手に切った事を責め立ててきたので、この時初めて本当の所有者を知りました。
この時点でまだ倒した木の撤去はしていませんでしたが、所有者は倒した木の撤去も要求してきました。

本来は伐採作業も所有者が行うべき事、所有者わかった以上、この後の作業(撤去)は所有者が引き継いでやるべきと思うのですが・・・。

私が撤去する義務がありますか?
相談者(347318)の相談

みんなの回答

野田 隼人
野田 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3
ありがとう
隣地の所有者が,伐採した木の撤去をした場合,
その撤去費用はあなたの行為により生じた損害の一部となりますから,
最終的にはあなたに支払い義務がきます。

その請求の際には,
おそらく伐採したこと自体の損害賠償も請求されるでしょう。

現状であれば,こちら側で処分することが得策に思えます。

2015年05月08日 18時06分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ベストアンサー
ありがとう
所有権侵害をしていたのは、相手樹木所有者です。妨害排除請求と所有権侵害に基づく賠償請求ができます。
次に、法的手続きでなく、樹木を伐採したことは、所有者から所有権侵害の賠償請求ができます。無価値な樹木であるなら、大した請求にはなりません。
あなたの妨害排除請求に対しては、樹木の撤去は所有者が自己の費用で行うべきで、本来は樹木所有者の負担です。また、伐採した樹木は処分権が相手にあるので、あなたが処分することはできません。撤去を要求してきたとしても、あなたに撤去する義務はありません。
あなたのおっしゃっていることはもっともです。
お互いに賠償請求ができますが、相殺となり、訴訟ではペイしません。

2015年05月09日 18時30分

相談者(347318)
アドバイスありがとうございます。

私が山の所有者を間違えたり勝手に伐採したりせず、「伐採を要請」していれば、伐採費用も撤去費用も山の所有者が負担するはずでしょうが、ここを間違っただけで、損害の負担者がまるで入れ替わってしまうのですね。
多分あと1年も放置していたら屋根がつぶされていたでしょう。

私が逆の立場なら、タダで伐採してくれただけでもありがたいと思うでしょう。
とても理不尽に思います。

でもこれが法律なのですね。
なぜこんな法律になっているのかとても疑問ですが、仕方ないのですね。

尚、樹木自体の実損と慰謝料は私の負担でやむを得ないと思っています。

2015年05月09日 18時48分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
慰謝料は私の負担でやむを得ないと思っています。
それはありません。樹木の物損に慰謝料請求は特別の場合(観賞用銘木など)ありません。
また、樹木自体の実損は、管理もされていない雑木に価値はありません。あってもわずかです。

私が山の所有者を間違えたり勝手に伐採したりせず、「伐採を要請」していれば、伐採費用も撤去費用も山の所有者が負担するはずでしょうが、ここを間違っただけで、損害の負担者がまるで入れ替わってしまうのですね。

高島先生の回答でそう思っているのでしょうが、私は違うと申し上げています。

2015年05月09日 19時00分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
すみません、高島先生でなく野田先生です。

2015年05月09日 19時01分

相談者(347318)
荒川先生

野田先生へのお礼の書き込みをしている最中にご回答いただいたようで、改めて荒川先生へのお礼を書きます。
ありがとうございました。

野田先生とはまた違ったご意見をいただきまして、法律的に無知な私としてはどちらが正しのかはわかりかねますが、私としては納得のいくご回答でした。
(自分に都合が良いからというのではなく、できるだけ客観的に考えるようにしたうえで)

妨害排除請求、所有権侵害請求、相殺、いずれも納得です。

一点、「切り倒した木の所有権が所有者なので勝手に処分できない。撤去義務もない。」という事については、妨害排除の対象の木だからですよね。


もし邪魔でもなんでもない木だったとしてら、所有者の立場から見て、勝手に切られて、撤去は所有者がしないといけない・・ではそれも理不尽かと思いまして。

2015年05月09日 19時14分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
妨害排除請求の自力救済についての損害賠償義務しかありません。

2015年05月09日 19時23分

野田 隼人
野田 隼人 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県3
ありがとう
荒川先生と当職の見解の差は,
木を活かす形での切除

全部の伐採
を同一と考えるか否かという点に起因するようです。

荒川先生は両者を当然に同一視されていますし,
私は別々に考えています。

理由は次のとおりです。

その後のコストを考えると,
一般的には木を活かす形での切除の方がコストの方が低く,
山林保全の点から切り株の掘り起こしを要する全部の伐採のコストは
高くつきます。

ささめゆきさんが主張できるのは,
当該樹木によって家屋が侵害されないよう請求できる権利ですが,
これは当然に木の全部の伐採を求める権利ではなく,
家屋が侵害されないような合理的な範囲での切除をもとめる権利です。
(比喩的には,「隣家の犬がうるさいときに請求できるのは,
 犬を殺せではなく,犬を静かにさせろ」ということです。)

木を活かす形での切除が可能であるにもかかわらず全部を伐採した場合,
これによって増加したコスト(伐木自体の損害と切り株の撤去費用)は,
伐採を行ったものが負担することになると考えられるので,
当初の結論になります。

2015年05月10日 09時58分

相談者(347318)
野田先生、ありがとうございます。

なるほど、建物にかかっている一部だけの伐採と根元から切り倒すのとでは違いがあるという事ですね。

根元から伐採して、切り株を残すことは「木を生かす」ことになるのではないでしょうか。

切り株からは、「ひこばえ」が出てきていますが、これが成長して建物を再び侵害するのには10年ほどかかるでしょう。
一方、必要最小限の枝だけを切り落としたなら、毎年のように伸びた枝を切らないといけないでしょう。しかも高いところに上っての作業で、作業自体大変だと思います。
山の持ち主が自主的に伐採するにしても、わざわざ、こちらの方法を選択することは無いように思います。

ちなみに、屋根に乗っているという木の中の一部は、枝ではなく幹が乗っていました。
水平に近い角度で生えていました。(というより徐々に建物側に倒れてきていました。)

2015年05月11日 09時11分

相談者(347318)
ここからは、最初の質問に書いていませんでしたが、参考までに追記します。これにより上記のご判断に影響するかどうかはわかりませんが。

●当該山林は、私が子供のころから見ておりますが、全く管理されておらず、植林などもなく、木々も自然のままに生えっぱなしでした。
●当該部分の隣地(同じ持ち主)は山を削って平坦になっておりますが、そこは以前、解体業者が建材の廃材を持ちこんでは燃やしていました。
山火事になった以降は、燃やさずに、大きな穴を掘って埋めていました。
(30年ほど前のことになります)
●この平坦な隣地の道路沿いも、道路の半分を覆うように木々がせり出しており、トラックやRV車などは通行すると車の屋根に当る状態でした。3年ほど前から迷惑な状態になっていましたが、年々ひどくなってきていました。
たまりかねた住人が警察に通報したのか、ある時警察が調べに来ていました。その数日後、山の所有者がその部分を伐採しておりました。
●屋根に乗っていた樹木の一部には、私が未伐採の部分が残っており、今も屋根にかかったままです。所有者が伐採したことを責め立ててきた際、私はこの残った樹木の伐採を依頼しましたが、「山際に建てたものが悪い。」「土地はあなたのものじゃないから、あなたに言われる筋合いはない。土地の所有者としかその話はしない。」と言われました。(建物の土地は借地です。)
●また、「どうせなら、ここもついでに切ってくれればよかったのに」と言われました。
●この時の約束で、「隣の平坦地に向けて倒した木を、車両の通行の妨げにならないよう、細かく切って山際に寄せておくように」と言われ、私はその通りに作業し、持ち主にも報告し、持ち主も作業完了を了承していました。
ところが、急にこの寄せた木々の撤去と切り株の撤去費用を請求してきたわけです。
このことは、上記の警察沙汰の直後だったので、私が警察に通報したと思われ、逆恨みを買ったのではないかと懸念しています。
●私が伐採する以前から、自然に倒れた倒木が数本放置されていました。

このように、口約束を反故にしたり、近隣に迷惑をかけていても放置、要請しても放置、よからぬことをもするし逆恨みもする人物と思います。
また、当該地も全くの放置状態。伐採してきれいにして、切株の撤去も何もないでしょう。こちらが多大な費用負担は理不尽すぎると思うのです。

2015年05月11日 09時28分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
山林組合や所有者の多い地域で、境界紛争もよくやっていますが、山林は、かつての入会的考え方があり、お互い管理し合うという慣習があることが多いです。
危険性のある樹木は、根元から切る。これはある意味常識で、これに文句つけるのは、聞いたことがありません。他人が切っても切り株処理は土地所有者も常識。
ホテルとの景観保全のため、伐採されたケースで実際紛争調停やったことがありますが、切り株は誰も問題にしていません。価値のある檜の生育途中での賠償で、いずれ伐採して切り株は残るのです。

「一般的には木を活かす形での切除の方がコストの方が低く,
山林保全の点から切り株の掘り起こしを要する全部の伐採のコストは高くつきます。」
危険性のある木を生かすそうとすると、安全作業のため工事が必要な場合がほとんどです。その後の養生が必要で経費が嵩むこともまれではありません。
放置しているような雑木に考えられないことです。机上の空論です。
なお、切り株処理は、切れ目などをいれて、薬剤等で枯らして放置するか、腐ったら手作業でも除去できます。植林や建物建築などの時以外には、業者を依頼するのは考えられないです。雑木ならなおさらありえません。

ご事情からすると、相手の言い分は難癖です。

2015年05月11日 13時06分

相談者(347318)
荒川先生、ありがとうございます。

私もそう思います。
長年放置していた雑木に対して、それ以上に悪くなる状態ではないのに・・・。

あまり感情的な事を出さず、事実を客観的に、冷静にと思っていましたが、正直、私も「難癖」を付けてくる困った方だと思っています。

相手にしてみれば、勝手に立ち入られて木を切られたが、価値のない木ばかりでほとんど損害賠償もできないから悔しくてなんとか金をせしめてやりたいと言ったところなんだと思います。
(自分の非道は棚に上げて)
あるいは、先述の別の場所での警察への通報が、私だと誤解され逆恨みをしているか。

ただ、相手も弁護士の名前で請求出してきていることから、こちらもウカウカしていると、この難癖が通されてしまうのではないかと、懸念しています。

相手の弁護士も、どこまで山の所有者から話を正確に聞かされているかわかりませんが、ここまで難癖に加担してくるものなのでしょうか。

相手方にしても、弁護士費用など発生しているでしょうし、何か勝算があると思ってるのだと思います。
「これから開発して建物を建てる予定がある」とかでっちあげてくるのでしょうか。
何を考えているのか、とても恐ろしいです。

2015年05月11日 13時47分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
山林の状況を見たわけではないので、断定的なことは言えませんが、山林の不在地主とくに相続などやその他で地元でなくて取得した地主は、慣習的なことがわかっていない、あるいは、ダメもとでイチャモンつけてくるというのは、よくあります。
都会の弁護士は実態も知らないで、机上の空論をしてしまうのです。
こちらも弁護士をつけて、筋を通すと、降りてしまう弁護士も多いです。

2015年05月11日 17時26分

相談者(347318)
荒川先生、ありがとうございます。
随分と役に立つご意見を頂戴いたしましたし、まずは調停があるので、こちらの言い分は言って、理不尽な要求は安易に受けないようにします。

それで裁判を起こしてくるようら、こちらも弁護士さんにお願いしようと思います。

調停では相手は弁護士さんが出てくる可能性が高いと思いますが、相手は裁判前提で、こちらの証拠能力などの下調べをするつもりではないかと心配です。

あまりこちらの手の内をペラペラしゃべらない方がよいのかもしれませんね。
まぁ、ここ見てたら、丸わかりでしょうけど。

2015年05月12日 09時04分

相談者(347318)
調停に行ってまいりました。
相手は持ち帰って考えるとの事で、次回に持ち越しです。
イレギュラーな事態が発覚し、一気に不利になった感じもします。

調停では話は相手とは別々に行われ、相手と顔を合わせることはありませんでした。調停委員は、どちらかというと私に対して冷たく相手よりな意見を言ってきたので、少しむっとしましたが、妥協点を見つけやすくする為に、相手方には逆に私よりの意見を言っているのかもしれません。

この調停で先述の驚くべき事実が判明しました。相手方が強気な理由にもなっていると思います。

なんと、該当の建物は登記がされていませんでした。
調停員から、その建物は登記されてるのか?と聞かれ、なぜそんなことを聞くのかと疑問に思って、帰って父に確認したら、借入しなかったので登記もしていなかったとの事。

そして、調停員の話しぶりから察するに、相手方はこのことを以前から知っており、だから、前に記載したような発言「(伐採してくれと等と)あなたに言われる筋合いはない。土地の所有者に言われたら考える。」などと発言していたようです。

更に、この土地についても、過去にいざこざがあったようで、それも根に持っているようでした。
相手方の土地の直線的な境界線から、一部分不自然に凹んだ場所が該当の建物が建っている土地です。
過去に何らか理由で、土地の所有者が相手方から奪ったのではないかという事も想像できる境界線になっています。

いずれにしても、私どもはその土地の所有者から地代を払って長年借り続けている土地で、過去のいざこざは全く知りません。

このようなことで、相手方の所有権侵害や妨害排除について、こちら側が請求(相殺)できる事はないのかもしれません。
また、残っている木々についても伐採の要求できないと思います。

登記してなくても、相手方に何ら迷惑をかけていないのに、悔しい限りです。
もし、元通りの荒れた山に戻すことができるとしても、きっと相手は嫌がるでしょう。相手も綺麗にしてもらって得したはずなのです。恩をあだで返されたような気分です。

ただ、切株の撤去など不当なものは拒否したいと思います。

2015年05月13日 16時34分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県7
ありがとう
固定資産税は払っていますか?建物の登記は、未登記でも、所有権はあり、それに対して侵害の危険があるなら、妨害排除請求はできます。登記は所有権の証明方法にすぎません。

2015年05月13日 20時05分

相談者(347318)
荒川先生ありがとうございます。

そうなのですか。
登記していなくても所有権はあるのですね。

妨害排除も主張できるし、所有権侵害として残った木の伐採も要請することができるのであれば、ひとまずは安心です。

本当にいろいろ教えていただき感謝いたします。
ご意見に随分と勇気づけられています。

2015年05月13日 22時28分

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

境界損壊罪とは|犯罪が成立するポイントと刑罰の内容を解説

自分の土地と他人の土地の境目を示す目印を壊したりして、境目がどこかわからなくすると、境界損壊罪という犯罪にあたります。この記事では、境界損壊...

この相談に近い法律相談

  • 宅地に隣接する山林の管理義務と責任

    私が所有する山林の隣地に移転してきた方から、落ち葉が風で敷地内に入るので高く多い茂った木の処置をしてほしいと要望されています。 数年前、移転してきてすぐに境界から3~5mの間を伐採して、毎年1回そこの草刈りをしています。 落ち葉や小枝等は風の強い場合は飛散するし、台風などでは倒木も生じます、どこまで対処しなければな...

  • 再質問:中古住宅の前所有者が道路に植えた木は伐採しても良いのでしょうか?

    10月に中古の一戸建て住宅を購入しました。 購入時はあまり気にしていなかったのですが、この家の前の所有者が自分の敷地ではない近くの道路に柿の木を植えています。 私は柿の木に興味はありませんし、落ち葉が大量に落ちるので近所迷惑にもなっています。 この時期はしょっちゅう枯葉を掃かないといけないので苦痛です。 この...

  • 草刈りはどちらの責任で行うべきか

    宅地に隣接する土地の草刈りはどちら側が行うべきかという質問です。 当方の畑に隣接する隣人の宅地に、当方の畑の土手の草が伸びて宅地にかかります。その草を刈れという隣人の要求です。当方の畑と隣人の宅地は、元は段々畑で、上段が当方の畑、下段が隣人の宅地になっています。上と下の土地は高さ約2mの土手で仕切られ、土手の中...

  • 境界線上の樹木の伐採について

    隣人の方から、枝を伐採してほしいと要請がありました。 私は、借り主なので、大家さんに枝の伐採について伺ったところ、 その樹木は、境界線のちょうど真ん中にあり、以前にも、その方とどちらに枝の伐採の義務があるのかということで、揉めていたようです。 その後分かったのは、隣の方も所有者ではなく、一戸建てを借りて住...

  • 中古住宅の前所有者が道路に植えた木は伐採しても良いのでしょうか?

    10月に中古の一戸建て住宅を購入しました。 購入時はあまり気にしていなかったのですが、この家の前の所有者が自分の敷地ではない近くの道路に柿の木を植えています。 私は柿の木に興味はありませんし、落ち葉が大量に落ちるので近所迷惑にもなっています。 この時期はしょっちゅう枯葉を掃かないといけないので苦痛です。 この家を...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

弁護士検索へのリンク

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

弁護士検索へのリンク

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

弁護士検索へのリンク

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。