隣家との間が1m未満での目隠しの要求の妥当性

隣家が建築中です(3階一戸建て)。そのベランダが当家の浴室と隣接しています(3階部分)。浴室の窓を開けると隣家のベランダから丸見えになっています。間が1m未満なので民法上目隠しを要求することは可能との認識です。
ただ、当家も建築基準法上違法と思われる箇所もあります。
当家の屋根部分が斜めに切っておらず、多分その部分は違法かと思ってます。
そんな状況の中、プライバシーの保護という観点で目隠しを要求した場合、どのようなことになるでしょうか?
民法と建築基準法はどちらが優先されるものなのでしょうか?
当方、建て替え時期には建築基準法に則った建築をするつもりはあります。
2015年03月31日 08時32分

みんなの回答

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
ありがとう
まず,目隠しについては民法の適用ということになるでしょう。
建築基準法に違反していることが原因で,例えば境界線1メートル以内に入っているということであれば,別途考慮が必要と考えますが,そうでなく,目隠しにかかわる部分と関係ないところに建築基準法の違反があっても,関係ないといえるのではないかと私は考えます。

2015年03月31日 09時56分

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
ありがとう
ただ実際に目隠しをつけさせるということであれば,裁判をするということになりますから弁護士に依頼することも検討されたほうがよいでしょう。

2015年03月31日 09時57分

この投稿は、2015年03月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 隣に4階建ての建築工事が始まりました

    私の敷地と南側と東側が接している土地に4階建ての建設が始まり基礎が出来、鉄骨が上がった時に見ると境界との距離が近すぎるように見えたので私の知識では「境界から50センチ開ける」のが正しいと思っていたので工事責任者に聞くと「一部が50センチより近いが建築基準法の特別法でこの設計図面で許可を取っています。」と言われま...

  • 【日照権】午前中3時間の陽当たりがなくなる件

    自宅の南東側に11階建のマンションが建つことになり、建築業者の方が挨拶に来られました。 説明では、午前8〜11時の間はマンションの陰になり、自宅の南側からの日が入らなくなるということです。 マンションが建つ位置は商業地域です。 我が家は第1種住居地域です。 我が家は2階建の戸建て。南西角地です。 午前中に日が入...

  • 日照権の損害賠償について

    我が家は20年以上前に南側に3階建を建築。真裏の北側は10年以上空き家でした。 最近 持ち主が不動産屋に売り建売住宅を建築することになりました。 以前は敷地から2mぐらい離れて2階建てがたっていましたが 今回は2階建てですが敷地境界線から30センチのところに外壁の壁真がきます。その為2階のLDKが真っ暗になります...

  • 隣地境界1m以内 目隠し

    北側道路に面し、西側に既に3階建て住居のある土地に、隣地境界線から75cmに3階建て住居を建築中です。住居は北側に全面窓とベランダがあります。西側のお宅は2階の北東(当方側)に浴室があり、ベランダ西側と北側の一部にL字の目隠しをすることとしました。しかし東西に伸びる役3.5mのベランダの「東側にいいどうすれば浴室が覗ける。全...

  • 隣にアパート建築に伴う日当たりについて

    新築1年経ち、隣の畑(東南側)が今度二階建ての賃貸アパートが建ちます。我が家との距離は1.2mです。建築上は問題ないと思いますが、この関係で日当たりが悪くなります。 1階リビングの窓は完全に日が入りません。庭は今までより半分以上(時間滞や日の入る面積)日があたりません。 建築上問題なくても、日当たりが悪くなる場合...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。