自治会会則の変更。また、このようなことをした役員に対しどのような責任を問えるのでしょうか。

総会で決める内容として会則の改正が入っていますが、総会を経ない改変が加えられた会則が役員に配布されました。どちらが有効なのでしょうか。また、このようなことをした役員に対しどのような責任を問えるのでしょうか。

 先月の自治会の定例会議で、ある役員から自治会の会則は自治会に入会したときに普通は配布するものだと思うが1年以上たってももらっていないので配布して欲しいという意見が出され、先日の定例会議で役員のみに配布されました。役員のみで会員への配布はなさそうな気配です。役員3年目の私も当初から何度も催促してきましたが会則をもらったのは初めてで、実はもう何年も会員へ会則の配布はしていないようです。今年の春、会計が変わり口座名義の変更で会則が必要になり探したところ、会計の引継ぎ資料に会則があったのでコピーをさせてもらい持っています。これには何故か1ページ目左上に会則(案)と小さい字で印字があります。平成12年4月23日よりの施行とあります。平成18年度付帯事項として平成18年度の会の連絡先と会の会計2名の連絡先を付記した追加がありこの部分は平成18年4月23日施行となっています。会則の内容には実情に合致しない部分がぽつぽつありますが、最終ページには自治会印が押印されています。しかし、今回配布されたものは、ポツポツ実情に合わなかった部分や、文が削除されたりと改変されており、18年の付記も一部削除と追加がされています。自治会印の押印もありません。実情にあっていないとしても、改めるには総会を経る必要があるのではないかと思うのですが。役員にのみ配布したところを見ると、突っ込まれたら改正案と逃げるつもりなのかと勘繰ってしまいます。
2013年11月18日 02時23分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>総会で決める内容として会則の改正が入っていますが、総会を経ない改変が加えられた会則が役員に配布されました。どちらが有効なのでしょうか。

総会で決める内容が、総会を経ずに改変されているのであれば、改変前のものが有効と考えられます。

>また、このようなことをした役員に対しどのような責任を問えるのでしょうか。

自治会内部の問題ですから、内部で責任追及され、適切な処分を検討されるべきでしょう。

2013年11月18日 06時20分

この投稿は、2013年11月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • PTA総会の議決について

    PTA総会の議決について質問です。 総会について、年に一回開催する、議決は出席者の過半数の賛成でと曖昧な表現でしか会則に記載がないので、今まで一度も、出欠や賛否の委任状をとる事なく、出席者の賛成のみで総会の議決を行なってきました。ちなみに毎回出席者は会員の2割程度しかいません。但し、総会の案内状には、欠席者は同意...

  • 役員の辞職と会長の職権について。

    任意団体(法人ではない)で会計が会長の進め方に反発し、「会計を辞める」と、印鑑、通帳等を会長に返却しました。文章はないですが沢山の理事が見ていました。総会が来年5月ですので、今は会長が兼務しています。 1ヶ月後「やっぱり会計に戻る」と言ってきましたがこれは会長として拒否出来ますでしょうか? 会則は「役員は原則とし...

  • 会社 親睦会。また総会での決定事項の強制力はあるのでしょうか?

    私の会社では、親睦会活動があり、年3回ほどの、宴会、スポーツ、旅行行事と慶弔見舞いを行っています。規約もあり親睦会役員が規約に従い運営を行っています。最近になって、脱会したいという社員がいます、規約には、「正社員を自動的に会員とする」とあり、社員全員の親睦を深めるのが目的で、非会員者が出るとこの会の目的から外れ...

  • 指名委員会等設置会社の会計参与の報酬について

    指名委員会等設置会社での会計参与の報酬の規定で、報酬委員会にて「個人別の額」を決定しなければならないとあります(会社法409条3項柱書ただし書)。しかし、指名委員会等設置会社でない会社では、個人別の算定方法や、非金銭報酬も認められていると思います。 この違いはなぜ発生しているのでしょうか?

  • 規約変更からどのような対応が可能ですか?

    規約の改正で役員の任期を1年から2年に変更しました。 AB社に次の役員を置き、任期は会長2年、その他の役員は1年とする。ただし再任は妨げない。補充による役員の任期は、前任者の残任期間とする。また、上部企業の正副会長に就任の場合は、その限りでない。 ・・とした場合に、また、上部企業の正副会長に就任場合は、その限りでない...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。