隣地からの落雪トラブル

隣家からの落雪に困っています。
昨年、隣家屋根からの落雪で隣家との境界、1階部にある我が家のポリカーボネートの屋根(家を建築後、後付で洗濯物を干す場所の上部に設置しました。)が割れるという被害にあいました。
この際、隣家の住人に相談したところ、「屋根に雪止めは付いているのでこちらの問題ではない」ということでした。
仕方なく、去年の夏、屋根を交換する工事を頼み、割れた部分を新しいものにしたのですが、隣家の屋根から雪が落ちてくるのをどうにかしなければ問題解決にはならないとは思っていました。
案の定、今年も昨日雪が降りましたので再び隣家より落雪がありまして、今回は特にヒビなどは見受けられなかったのですが、昨年と同じく「屋根の雪止めをどうにかして欲しい」旨を伝えたところ、
「(うちのポリカーボネートの屋根は)隣地境界から50cm離れていないので法律違反だから撤去してほしい。損害賠償もいただきたい。」
と言われてしまいました。確かにうちの屋根は50cm離れていません。しかし、もしその屋根を撤去した場合、今までその屋根が受け止めていてくれていた落雪はそのまま下に落ちてくるわけでして、我が家の洗濯物は下敷きになってしまいますし、その場にいたりしたら家族に直撃する可能性も出てきます。隣家の人曰く、それは私達家族が「気を付けて避けるべき」だそうですが・・・

要点ですが、
・隣家の方が後に建っている
・落雪によってポリカーボネートの屋根が割れる被害がある
・ポリカーボネートの屋根は隣地境界より50cm未満の位置にある
・住んでいる地区には外壁後退や壁面後退の規制はない
・家の壁面自体は50cm以上離れていて、出窓などもない

以上です。
何か回答いただければと思います。
宜しくお願いいたします。
2013年01月15日 20時24分

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
民法218条は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の構造物を設けてはならないとしています。
 落雪が、貴殿の建物の屋根に当たるということは、直接注ぐに該当します。
民法234条は、建物を境界線より50センチ離さなければいけないとしていますが、違反があったとしても、建築後は、隣地に損害がある場合の賠償のみ認めています。218条を否定する理由とはできません。
あなたは、損害がある以上、損害賠償を請求できますし(民法717条工作物責任)、所有権侵害に対する妨害排除として、対策を講じることを請求できます。

2013年01月15日 21時24分

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
民法234条が、建物を境界線より50センチ離さなければならないというのは、建物の側壁(またはこれと同視すべき出窓その他の張出し部分)と境界線との間の距離のことで、屋根ではありません。
「家の壁面自体は50cm以上離れていて、出窓などもない」とのことですから、あなたのお宅が民法234条に違反することはありません。

隣家が民法218条(雪なので類推適用でしょう)に違反する可能性はありますが、一応雪止めがついているとのことですから、ちょっと微妙ですね。前回については仕方がなかったということになるかもしれません。
ただ、1回被害があった以上は改善を求めることはできそうに思います。わかっていながら放置、お前が気をつけろは悪質でしょう。
危険を放置するようなら、お近くの弁護士から内容証明郵便でも送ってもらってはどうでしょうか。

また、相手方からの損害賠償請求は論外で、相手に損害なんてないじゃありませんか。屋根を撤去する必要もないでしょう。




2013年01月15日 21時53分

相談者
荒川和美様、弁護士A様、さっそくのご回答ありがとうございます。

追記としてですが、ポリカーボネートの屋根には支柱が3本あり隣家との間には両家のプライバシー保護のために目隠しを設けてあります。
目隠しといっても、目線と同じくらいの高さに幅80cmほどの薄い板を取り付けている(勿論、落ちて隣家に傷をつけるというようなことがないようにきちんと取り付けてあります)程度で、越境しているということはありません。
建築士の勉強をしている知り合いに確認したところ、これは支柱があるので“建物”とみなされる可能性がある、ということでしたが、民法234条にひっかかりますでしょうか?

2013年01月16日 12時05分

この投稿は、2013年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 落雪による隣の家の雨樋破損

    滅多に雪が降らない、降ってもあまり積もらない地域に住んでいます。 昨日降った雪が自宅の屋根に積もり、夜中、屋根に積もった雪が何度か落ちていました。 今朝、何処か壊れている所は無いかと確認していた所、 建物同士が1メートルほどしか離れていない隣の家の雨樋が、壊れているのに母が気がつきました。 うちの屋根の方がお...

  • 屋根からの落雪が裏の家へ

    屋根からの落雪が、裏の家の庭木にかかります。我が家の方が何十年も先に建てました。裏は当時、畑。建築会社から規定どおり2m60cm開けたと聞いています。苦情があり、雪が一気に落ちないように屋根を直しましたか、ここ数年の大雪で追い付きません。金銭的なゆとりが無く、これ以上の改善は不可能てす。何とかしてくれと言われ、高齢の...

  • 建造物損壊の弁償について

    昨年隣の息子さんが、我が家から1mも離れない場所に家を建てました。数日前に、屋根から垂れ下がった雪とつららが一度に落ちないように、叩いて少しずつ落そうとしたら、隣の息子さんに「うちに(氷が)当たってる!」と怒鳴られ、それ以上対処できないままになってしまいました。そして昨日、屋根の雪が一気に落ち、隣の家の雨どいの一部...

  • 2013年1月大雪のトラブル

    2013年1月の大雪は、(40代ですが近隣で一番若い事もあり)雪かきを大分張り切りました(御近所の方もわざわざ訪ねてこられ、感謝頂きました)。しかし、一週間が経ち、隣人が訪ねてこられました。「お宅の雪が庭に落ちてきて困っている。植木の上にも落ちた。」2012年に新築、引っ越しをしましたが、雪止めは2列ついています(もち...

  • 屋根雪による物置破損

    今年青森県では類を見ない豪雪となりました。 しかし最近は春の兆しも見え、暖期が続いて雪も融けてきました。 現在の敷地に家を建てて12年ほど経過したころ、隣に家が建ちました。 それから数年は何事もなかったのですが、平成10年頃、私達の家をリフォームし、車庫を建てました。 その際に隣人が雪止めをつけろと言ってきたので...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。