設計及び監理業務委託契約書について

設計及び監理業務委託契約書についてですが、以下の通りとなっていました。
調査、企画業務 2016年5月〜 空欄
基本設計業務 2016年5月17日〜2016年7月9日
実施設計業務 2016年7月9日〜2016年 空欄

結果、工事着手が遅れ、建物取り壊しから、着手まで時間がかかり、立ち退き家賃等4ヶ月分の損失が出たため、請求したいのですが、可能でしょうか。施工ミスが多く、監理料の一部も支払いしない見込みでおります



相談者(625588)からの相談
2018年01月22日 23時04分

みんなの回答

市野 裕明
市野 裕明 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
個別具体的な事情にもよりますが、工事着手が可能であったのに何の理由もなく着手しなかったなど、もっぱら相手に非のある場合は、請求が可能と思います。

2018年01月23日 00時06分

相談者(625588)
当初は重機の手配ができなかったと話しておりましたが、先日、他の件に取り掛かり、着手できなかったと明言しました。録音もしてあります。
窓の施工ミスが六ヶ所あり、着手遅れのために生じた家賃四ヶ月分と、工事遅れで生じた二ヶ月分の家賃、監理料金残金50万円を支払いしない見込みです。
全部で160万円です。
どのような証拠が他に揃えばようでしょうか。
引き渡しと、登記後、残金から160万円差し引いた金額のみ支払いしようと考えております。同時履行の抗弁が気になりますが、すぐに訴訟となる可能性はありますでしょうか

2018年01月23日 19時06分

この投稿は、2018年01月22日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,519名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

請負や業務委託でも労災の補償を受けられるケースとは

通勤中や勤務中にケガをしたり、長時間労働でうつ病を患うなど病気にかかったりしてしまった場合、会社の従業員であれば労災保険から治療費を補償して...

弁護士資格を持たない業務委託の法務部員に契約書作成を依頼することや行政書士に契約書の審査を依頼することは非弁行為になるのか【弁護士Q&A】

弁護士資格を持たない業務委託契約の法務部員に契約書の作成を依頼することは非弁行為にあたるのでしょうか。また、行政書士に、契約書の作成ではなく...

この相談に近い法律相談

  • 1年以上の建築遅延に対する契約解除と損害請求についての留意点について

    所有土地を賃貸駐車場(3台分)としておりましたが、消費税増税前の2014年3月に戸建ての建築をハウスメーカーA社と契約致しました。しかし、2016年5月現在、未だに基礎工事はおろか建築申請も下りていない状況。契約の解除と実費及び遅延に伴う逸失利益(契約金額×4/10000×日数分)の請求をしたいと思いますが、留意点等をご教授願いま...

  • 戸建ての建築に関して、地鎮祭より1年半過ぎましたが放置された状態。解約と遅延損害賠償を請求できますか

    所有土地を賃貸駐車場(3台分)としておりましたが、消費税増税前の2014年3月に戸建ての建築をハウスメーカーA社と契約致しました。しかし、2016年5月現在、未だに基礎工事はおろか建築申請も下りていない状況です。ご相談は、①契約の解除を申し出て手付金は全額返済されますか?②実費及び遅延に伴う損害(契約金額×4/10000×日数分)の...

  • 委託業務料未払に関するご相談

     はじめまして。 大阪在住の40歳男性です。 お世話になります。  昨年5月~11月迄、業務委託にて自宅でテレホンオペレーター業務を行ってを行っていましたが、辞職後支払われる筈の2ヶ月分業務委託料約¥16万円(10月委託料=11月月末支払い・11月委託料=12月月末支払い)が、法人(所在地=東京都)から支払われていない状況で...

  • 未完成工事の代金を請求されています。

    昨年9月に600坪の土地を購入しました。仲介して頂いた不動産会社の「土木事業相談役」の方を紹介して頂き、11月に宅地造成工事を依頼しました。近くで高速道路の工事が進んでおりダンプの手配ができないため、2月か3月一杯か遅くとも4月までには完成させるということでした。工事代金は消費税込み130万円。前払で50万円支払い、残りの80...

  • 新築工事引渡し後、未契約分の追加請求について

    H27年8月3日 木造2F延床30坪の建物、 請負金額を2720万で契約しました。 契約当初、設計内容が確定しておらず 通例の実績として、木造住宅であれば坪単価50〜60万ぐらいであると聞いていたので 当方としては、外構など含め多めに予算設定して、予算があまれば、繰り越し返済などを考えている旨を伝えておりました。 少なくとも最...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。