新築が図面・要望と違う 損害賠償は請求できるのか?

新築の一戸建てを注文住宅で購入。
引き渡し日に間に合わず、引越などを延期。
今は住み始めているけれど、図面や要望した内容と違う点がいくつか判明。
工務店または設計者・工事管理者に対して損害賠償は請求できるでしょうか?

①契約者の関係
私(買主)←→不動産会社(仲介)←→売主←→工務店

・契約書などでは私と工務店の間に直接の契約はありません。
・一戸建ての図面の作成などは私が直接工務店の設計士と打ち合わせをして要望などを伝えています。
・中間検査などの書類に記載してある設計者・工事管理者(同一人物)には会った事がありません。

②図面や要望した内容と違う点
・床下収納の場所が図面と違う
・外壁の塗り方が違う(依頼した塗り方の画像はあり)
・リビングの電気のスイッチやインターホン親機の位置が要望した場所と違う(図面などには残っていない)
・表札&ポストが依頼したものと違う(依頼した内容はメールで確認可能)

③売主の対応
売主からは損害金としてお金の支払いを受けている。覚書の文面としては「本件建物工事に不備があったことを確認し、ご迷惑をおかけしたことについての損害金として」という内容。
工務店の不備のフォローはしっかりとやってくれています。
弁護士の方を入れて工務店とのやり取りをしているとのこと。

④設計者・工事管理者の債務不履行
会ったことも話したこともない建築士が「設計者」「工事管理者」となっています。
工事の確認や指示をした形跡はなく、検査のときのみ立ち会っていたようです。

⑤要望
工務店の対応が一貫して不誠実なため、出来れば工務店から損害賠償を請求したいです。
売主から損害金を受け取ってはいるので、これ以上の請求は難しいのかを知りたいです。

また、工務店に直接質問などをしても「今は弁護士をたてているので何も答えられない。売主を通してくれ」と何も答えてくれません。(弁護士の事務所や名前は不明)
私から直接工務店(または担当の弁護士)に対して直接やり取りをする権利はないのでしょうか?
「説明会をして欲しい」という私の要望を工務店は一度承諾したのですが、これも放置されている状態です。
2017年04月26日 08時42分

みんなの回答

塩見 恭平
塩見 恭平 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 売主から損害金を受け取ってはいる
詳しい資料を見ないと何とも言えませんが,別途請求が立つと思います。

> 私から直接工務店(または担当の弁護士)に対して直接やり取りをする権利はないのでしょうか?
弁護士を立てているということで,相手の弁護士の連絡先を聞き,弁護士との話し合いになるかと思います。
もちろん,直接工務店に対し請求することは可能です。

いずれにせよ,新築の建物瑕疵ということで,一度資料をお持ちになり,弁護士に相談すべきかと思います。

2017年04月26日 21時22分

この投稿は、2017年04月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,939名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 請負契約前の解除に伴う損害賠償請求について

    今回、7階建てのマンションを建てようと、土地を購入し設計プランを計画し、知り合いの紹介で工務店を選定しました。 6っか月ぐらいかけ、(工務店との見積もり・近隣説明・支払い条件・銀行融資・工期)等 ほぼ、口頭で合意をして、最後に請負契約を私共で作成し、工務店の支店の方で、本社に提出するのは 厳しい文言を外して、1週...

  • 建築物、設計図面の著作権侵害について。

    質問よろしくお願い致します。 A工務店に店舗の設計施工を頼んでいましたが、 工事費の折り合いがつかずA工務店をやめて B工務店に見積もりを依頼しました。 しかし、A工務店の設計自体は気に入っているので その設計図にしたがって設計施工をして欲しい旨を伝えました。 トラブルは避けたいところなので A工務店...

  • 紛争審査会の出頭を拒否され、工事請負契約の解除通告をされました。対処する方法はありますか。

    新築工事中に工務店の不手際が多数あり、工務店側から外構工事のサービスを持ち掛けられ引き渡しに至りました。しかし、引き渡し後にも漏水や通電された電気配線の未接続など瑕疵があり、工事残代金の支払いについて住宅紛争審査会(弁護士会主催)の仲裁を行う予定でしたが、当日に工務店側は現れず今後の話し合いにも応じないとのこと...

  • 元請が建設業の資格を持っていない場合

    機械設備設置業を営む会社の法務担当者です。建設業の機械器具設置業の資格を要するかどうかが微妙な工事込み案件(機械をアンカで固定はするが、工事そのものは大したことがない。とはいえ、機械器具設置業にあたると判定される可能性が高い。)を元請の傘下で一次下請けとして受注しようとしています。 元請は、機械器具設置業の資格...

  • 鳥居工事、完成し引き渡した後の責任。

    当社が、本来でしたら 設計施工をする予定でしたが 神社の知り合いの石材業者を使いたいと、施主から依頼があったので 了承しました。また、設計も設計事務所が入るとのことで その点も了承。 当社としては、個々で施主と契約するものとばかり思っていたのです。 設計事務所は直接施主と契約するとのこと。 しかし、石材業者につ...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。