中古戸建の重要事項説明義務 契約時、騒音施設のオープンが間近でした

昨年夏、緑の豊かな市街化調整区域にある中古戸建を購入しました。
1年以上前から、物件の真裏に、開放型遊戯施設が建設中であり、契約時にはオープン間近の状態でした(内覧時には木々で隠れていて見えませんでした)。
2か月後、入居してみると、施設の営業が始まっており、毎日のやかましい音楽に加え、夜間は物件の方角へ向けられたナイター照明に悩まされています。

仲介業者からは何も説明を受けていません。重要事項説明書には、[近隣の建築予定 知らない 騒音 なし 周辺環境に影響を及ぼす施設 知らない]と記載されています。近隣からも騒音苦情があり、町内会から申し入れをしたこともあったそうなので(施設は自治体の営業許可を得ていることを理由に対応は難しいようです)、売主が施設を嫌悪して売却したことは間違いありません。

私は自宅で仕事をしており、家にいる時間が長いため、快適な住環境を求めて購入しました。説明を受けていれば買いませんでした。

質問ですが、
瑕疵担保責任、または重要事項説明義務違反は成立すると思われますか?
2018年03月30日 19時09分

みんなの回答

岩佐 誠二 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
宅地建物取引業法(35条)上、宅建業者が知り得た事項の不告知は、説明義務違反になります。
積極的な調査義務までは認められていないが、当然知り得た重要な事項について告知しない場合は説明義務違反になり得ます。
本件では、売買契約時に宅建業者が開放型遊戯施設の存在と規模等を知っていたかが争いになるでしょう。
義務違反である場合は、損害賠償、契約の解除等の法的請求が認められます。
また、売買契約時に相談者さんが、自宅で仕事をすることや、静かな環境を望んでいることを相手方に伝えていたのであれば、信義則上の説明義務違反として債務不履行責任を追及することも可能ですし、錯誤で売買契約を無効とすることも可能です。

2018年03月30日 21時17分

この投稿は、2018年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 住宅の欠陥について(屋根の瓦、雪止めの不適切な施工)

    9年前に新築した住宅について、以下の不適切な施工が発覚しました。 ①屋根に施工されている瓦がメーカーの施工要領書とは異なり、大多数が釘で固定されていない。 ②屋根に設置されている雪止めがメーカーの施工要領書とは異なり、釘で固定されてなく、瓦に引っかけてあるだけのため、雪と一緒に落下した。  「住宅の品質確保と促...

  • 築20年経過した木造建築物の基礎に関して

    築20年経過した建物で基礎に鉄筋が入っていない事が判明しました。明らかに建築基準法違反だと思われますが、基礎の修理をその当時施工した工務店に要求する事が出来るのでしょうか? この物件は平成7年に新築され、私自身はこの家を平成16年に購入した中古物件です。 最近建物の傷みが激しく壁や床などが湿気により孔が開いてしま...

  • 隣接する行楽施設の造成工事の被害について

    隣接する行楽施設(牧場)の造成工事が数年前より行われています。 土地の高さを当初より数十メートルかさ上げし、今まで眼下に見下ろしていた施設内の土地が 数メートル下まで上がってきました。 日々の騒音や土砂の被害のこともあり、再三施設や役場の環境課に工事の期間・工事の内容・被害等への対処を訴えてきましたが、改善されず...

  • 中古マンション施行業者の違法行為について

    1985年竣工のマンション(65戸、7階建て)に居住。1994年に中古で購入。売り主・建設施工は東レ建設。本日より2階部分の持ち室の内装リフォームに着手。この部屋にはマンションの主要構造部である大梁が通っており、この部分のクロスを取り除いたところ、屋内の照明用電気ケーブルを這わせる目的で梁に幅5〜10㎝、深さ5〜8㎝で溝を掘...

  • 建売中古物件購入時の軒先耐火構造違反の発見について

    是正はしてもらえるのか疑問です。築3年の建売購入決済寸前ですが準防火地域の木造2階建てにおいて屋根先を見上げると広小舞と言われる木部がむき出しになっており、購入前に建主であるハウスメーカーに伝え返ってきた回答が当社の仕様なのでという事。本来30分の耐火性能を取らなければならない所が木部むき出しの状態であり、契約も...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。