重要事項に記載されていない他人の土地を通って引き込まれた水道に対する仲介業者の賠償責任は問えるか

契約書の重要事項には前面道路からの引き込みあり、宅内引き込みありになっていますが、水道が他人の土地を通って引き込まれているとの記載がないので土地建物を購入したのですが、他人の土地を通って引き込まれていました。仲介者は売主の言葉を信じて他人の土地を通らないで水道が引き込まれていることを確認しないまま宅内引き込みありとしたが、現況有姿、瑕疵担保責任は負わないとの条文が入っているから賠償責任はないと言っています。これではなんのための重要事項でしょうか。重要事項に他人の土地を通って引き込まれているとの記載があれば購入しませんでした。現況有姿とは重要事項の記載が事実と相違しないとの前提の下に、例えば面積が多少違うとか、草が生えているとかは見えるままですよ、瑕疵担保とは内見等で見えない部分や隠れた部分に欠陥があっても責任を負いませんよということであって、重要事項のような家の維持等に欠かせない水道・ガス・電気の設備について事実と異なる事実があっても構わないということではないのではないでしょうか。そうでなければ、重要事項では重要なことは隠して、現況有姿、瑕疵担保責任は負わないとの条文をいれとけば仲介者の責任はないということがまかり通るならば、土地家屋など一生に一度あるかないか不慣れな一般市民は何を信じて取引をすればいいのでしょうか。公正にして安全な取引が行われるための重要事項説明義務だと思います。重要事項欄には他人の土地を通って引き込まれているとの特記事項の記載がなく、他人の土地を通ることなく宅内引き込みを行うためには相当の負担が生じる旨の説明、記載がなければいけなかったはずです。それがなかった以上、仲介業者は賠償責任を負うべきだと思いますがいかがでしょうか。宅内に直接引き込む工事の費用若しくは自分の土地ではない水道管の通っている土地の購入費などを仲介業者に求めることができるでしょうか。なお、他人の土地を通っている水道の前面道路からの引き込み口にはセメントが敷設され市の水道栓がある器具が表面にあり、また、宅内のメーターへの引き込み部分は水道管が表出していますので、仲介業者が水道の通り道を確認しようとすれば容易に確認できたはずです。よろしくお願いします。
2016年05月28日 12時52分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県5 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
<仲介業者は賠償責任を負うべきだと思いますがいかがでしょうか。宅内に直接引き込む工事の費用若しくは自分の土地ではない水道管の通っている土地の購入費などを仲介業者に求めることができるでしょうか。>
 責任を問うことができるかどうかは、仲介業者の説明文において、他人の土地を通っていないと解される表現であったかどうか、にかかっているように思います。
 仮にそういう表現であったとして、その場合の損害賠償額は、その他人に支払うことを要する費用が基準になるはずです。直接引き込み工事の費用、あるいは代替土地の購入費用は基準にはならないでしょう。

2016年05月28日 20時09分

この投稿は、2016年05月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 重要説明事項 虚偽

    家の前の道が宅地であることに先日気づきました。不動産会社が所有しています。その土地をどなたかに売る話が出ているようです。おそらく駐車場として使用するのではないかと推測しています。家は袋小路の角にあります。 家を買った際の売買契約書とともに貰った重要説明事項には、条件として、購入した家の土地は、私道16mに隣接す...

  • 宅地建物取引主任者による重要事項説明不備と思われる事項について

    今年の1月に新築を建てるため土地を購入しました。 積雪地域のため、測量杭が見えなかったこともあり確認不足でした。 3月下旬に雪が解け杭を確認すると、隣の家(以下「A」)の物置の下にあり、30cm程度Aの物置が私が購入した土地にはみ出していました。 宅地建物取引主任者(以下「宅建者」)による重要事項説明ではそのよ...

  • 土地の所有権に関して

    土地の所有権に関する質問です。 ■状況  昭和64年に土地を登記し、建物(工場)を建設いたしました。この際、建物の周辺の国(旧内務省)の所有となっている土地(登記では悪水路と分類されているものです。)は購入せずにアスファルトで舗装し、駐車場を作りました。その横は通路状態になっており周辺の住民も利用しております。...

  • 重要事項説明書の記載誤りと瑕疵担保免責の特約について

    中古の戸建不動産(土地含む)を購入しました。 重要事項説明書には水道については公営水道と書かれていたのですが、実際は公営水道には接続しておらず、前所有者がなんらかの方法で水道管を引いて使用していたそうです。 どのような方法で水道を引き込んで水を使っていたのかは不明です。 そしてこの物件には井戸もありませんので、...

  • 建物を建築する前の 隣接する土地所有者への 同意書作成と説明んついて

    市街化調整区域で農地転用を行い宅地に分筆を行い建物を建てようと計画をしております。そこで、隣の土地は、雑種地で 土地所有者は、業者に土地を貸しており、ダンプや重機などがあり、大きな山となっている土砂があり、境界近くの雑草も私たちの敷地に侵入しております。そこで、隣の土地の所有者に 草木や土砂が侵入しているため、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。