不動産の重要事項説明不足について

建築条件付き(土地を購入後、指定の施工会社で3階建の注文住宅を建てる)で6区画同時に販売されていた1区画分の商業地域の土地を購入しました。プロジェクトの名前も付き、そのパンフレットには「設計施工○○○」と施工会社名の記載と、CGで作られた町並みも載っていました。私達が購入を検討していた時には他5区画はすべて販売済みで、他の区画の値段は載っていなかった状態です。
その後土地引き渡し、設計図にも満足がいったので着工に取り掛かるところで、向かいの1区画の土地に5階建ての共同住宅の建設のお知らせ看板が立てられていました。不動産屋に状況を確認したところ、私たちの向かいの土地は、私達が購入する前に、「建築条件取り外し」を条件に、数百万上乗せして販売したので、その後の状況は把握していないとのこと、私達が土地購入を決めた時に、5階建てが建つという事を知りえなかった、と言っています。(その土地も商業地域)とはいっても、時系列的に6区画のうち1区画を建築条件なく土地だけを販売したことが先に起きている事実です。私たちが購入検討中に説明する責任はないのでしょうか。もしその説明を受けていたら購入しませんでした。私たちの土地も商業地域なので、日影規制もなく、日差しがさえぎられてしまうことを主張できない立場なので、困っています。販売した不動産屋に重要事項説明不足として、契約解除や損害賠償を求めることはできるのでしょうか?
Mikan14さん
2014年12月18日 15時55分

みんなの回答

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県1 不動産・建築に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
周辺の土地も建築条件付きで高い建物は建たないと説明していたり、そのことを保証していたりすれば、契約違反などを理由に損害賠償や解約が可能になる場合もあります。
そうでない場合には、それぞれの土地をどのような条件で売買するかは売主と買主の自由なので原則第三者は口を出せません。周辺の土地に建つ建物が建築基準法などの法律上問題ない建物であれば、土地の売主には、土地を買った人に、そういう建物を建てるなどの要求する権利もないので難しいかもしれません。

2014年12月20日 13時02分

この投稿は、2014年12月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 産廃の費用の請求について

    先日、野立て太陽光用の土地を不動産屋の仲介で300坪程を購入しました。 地目が山林で、現況は篠や雑草が生い茂った土地でしたので、地中の事は特にきにせず売買し所有権移転登記も致しました。 造成工事を業者に依頼して、土地を整地した所 業者も驚くくらいの産廃が出てきました。 土地の売買契約書には瑕疵担保等の明記はなく、定...

  • 土地の盛土について。相手方と争って勝てるものなのでしょうか?

    今年の3月に建築条件なしの土地47坪を購入しました。住宅を鉄骨3階建てで建築する予定になっていましたので銀行に土地、住宅分の住宅ローンを申込みして、どちらも審査が通り3月末に土地分の決済を済ませ購入となりました。住宅の建築は当初PC杭による工法を予定していましたが、地盤調査により軟弱地盤であることがわかりタイガーパイ...

  • 土地付き太陽光の商品売買工事請負契約の解除と違約金について

    8月に業者の紹介で土地を購入(予定)太陽光の設置契約をしました。購入する土地の東側が雑木林になっている為、境界線より数メートル分の伐採の許可をとる事を担当営業と口約束しました。(土地の登記までに)しばらくして担当営業より、東側の地権者とは連絡は取れていないが、購入予定の地権者に相談したら、大丈夫だと言われたと連...

  • 住宅団地に賃貸物件、建設反対です!

    平成17年に造成された住宅分譲地に住宅を建て現在住んでおります。約20区画ほどの規模です。現在の既建設住宅は全て個人の一般住宅です。区画は全て販売済みですが、休養地があと3区画あり、そのうちの1区画が着工し地盤改良が始まったところその工法から一般住宅ではないのではないかと、うわさになり町内会で調査したところ、2階建が2...

  • 建売物件購入前に越境されていることがわかっている場合の問題

    新築建売一戸建ての購入を検討していますが、新築土地の一部に隣の建物が越境しています。売主の不動産会社は競売で建築地を取得したそうです。隣は建築地の元の持ち主だったようですが行方不明で連絡がつかないと不動産会社は言っています。不動産会社は越境部分を避けて仮境界線を承知で購入をするように言っていますが(その土地の固...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。