土地契約の白紙撤回について

公開日: 相談日:2021年10月06日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
2ヶ月ほど前に土地購入の契約を不動産会社と結びました。
私たちが購入した土地と隣のもう一軒が同時に売り出されました(2つは同じ持ち主でした)。
以前から、購入するなら井戸のない土地がいいと思っており、仲介会社の担当者に確認すると、もう一軒の方に井戸があるということで、図面にこの辺だということで赤く丸を付けたものを提示されました。
うちの境界とも全く被っていませんでしたので、契約することにしました。
契約時点では上物が建っており、契約後解体して更地にする契約でした。
しかし、解体も終わり、登記するその場でうちの土地に井戸があったことを口頭で告げられました。
いつ井戸が見つかったか、どのくらいの大きさのものか詳しい説明も全くありませんでした。
よくわからないまま(主人が)登記してしまい、その後私(妻)の知るところとなりました。
こちらは、井戸がある、またはある可能性があることを知らされていれば購入することはありませんでした。
もちろん、重要事項説明の書類にも井戸があることのチェックは入っていません。

【質問1】
以上の経緯から、この土地の契約を白紙撤回することはできますでしょうか?

1072034さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    タッチして回答を見る

    質問
    以上の経緯から、この土地の契約を白紙撤回することはできますでしょうか?
    回答
    お話しの限りだと、契約を無効にできる可能性はあります。そのためには、井戸に関する一連のやり取り等を立証する必要があります。録音があれば良いですが、無ければ契約担当者に証言させるしかないため、立証が難しくなる可能性があります。加えて、一連のやり取りの詳細をノート等にまとめておくと良いかと思います。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから