公開日:

賃貸アパートの連帯保証人の責任について

2015年11月19日
前の会社の同僚がアパートを借りる際の連帯保証人になっていました。
今年の4月に、管理会社から、同僚が家賃を現在4ケ月分滞納しているので支払ってくださいとの
文書が届きました。その時は、私も同僚と全く連絡が取れない状況でしたので、「保証人であることは分かっているが、本人と連絡が取れて状況が把握できないと私も支払えない」と伝えました。また、「これだけ滞納しているなら私へ連絡をするもっと前に契約を解除すべきであって、今後の家賃は保証人として責任持ちません」とも担当者に伝えました。
そして、つい先日、8月末に同僚は退去しましたが、滞納家賃を4月の時点の4ケ月分+8月までの分を支払えと書いてありますが、「契約解除後は明け渡しまで賃料倍額の損害金を支払う」と契約書に書いてあるので、5月に契約が解除されて以降は倍額で計算されています。
また、原状回復費用として30万円支払うようにとの文書が管理会社から来ました。(同僚は月2-3万円しか支払えないと言っていたようです)
原状回復費用については、同僚も過失によりキズを付けたり破壊したドアやクロス部分の修繕費用や、タバコのヤニによる費用のようです。(かなり汚れがひどい写真も同封されていました)
契約は5月末には解除されたそうですが、同僚が引越し費用が無いだの理由をつけて、8月末まで家賃を支払わず居座ったそうです。管理会社は同僚と連絡を頻繁に取って、早く退去するよう催促していたようですが、私は同僚の番号も知らず、同僚の都合で退去が引き延ばされたために、賃料の倍額の損害金を支払わされることになり、その上、原状回復費用まで支払うようにとは、保証人になったとはいえ責任が大きすぎるのではないかと思います。
このような場合、とりあえず4月に請求が来た分の4ケ月分のみ保証人として支払い、残りは保証人として支払を拒否した場合、契約解除後の賃料倍額の損害金と原状回復費用については、もし訴えられても責任を回避できる可能性はありますでしょうか。
相談者(401832)の相談

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
とりあえず4月に請求が来た分の4ケ月分のみ保証人として支払い、残りは保証人として支払を拒否した場合、契約解除後の賃料倍額の損害金と原状回復費用については、もし訴えられても責任を回避できる可能性はありますでしょうか。

賃借人の資力が明らかに保証時と変動し、危うくなり、金銭的な負担が増大する場合は、連帯保証人は解約権があります。
下級審例で認められたことはありますが、微妙な事案ですので、出来れば交渉で、ある程度の保証の代わりに解約を認めて貰うのが良いのではないでしょうか。

2015年11月19日 13時02分

この投稿は、2015年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

亡くなった人の連帯保証人だった場合でも相続放棄をする意味がある?

亡くなった人の借金を相続したくない場合、相続放棄という手続きを行う必要があります。では、亡くなった人の連帯保証人になっている場合でも、相続放...

家族が孤独死…アパートの原状回復費用の支払いを求められたときの対処法

家族がアパートやマンションなどの賃貸物件で孤独死した場合、大家から原状回復費用や滞納家賃を請求される場合があります。こうした請求には応じる必...

亡くなった人名義の賃貸住宅、相続放棄するなら退去しなければならない?

亡くなった人の名義で借りている賃貸住宅に住んでいる場合、相続放棄をすると退去しなければならないのでしょうか。住み続ける方法はないのでしょうか...

この相談に近い法律相談

  • 賃貸アパートの保証人の責任について

    前の会社の同僚がアパートを借りる際の連帯保証人になっていました。 今年の4月に、管理会社から、同僚が家賃を現在4ケ月分滞納しているので支払ってくださいとの 文書が届きました。その時は、私も同僚と全く連絡が取れない状況でしたので、「保証人であることは分かっているが、本人と連絡が取れて状況が把握できないと私も支払えな...

  • 賃貸の連帯保証人の責任について

    前職の同僚の賃貸の連帯保証人になった借主が4ケ月分の家賃を滞納しているという連絡が管理会社から4月にありました。その後、管理会社に連絡し、支払意思は伝えましたが、借主と話せていないのでしばらく待ってくださいと伝えました。 その後、管理会社に8月に問い合わせると、「契約は7月に滞納で解除になっているが、転居費用が無い...

  • 未払賃金の付加金について

    前勤務先にて未払賃金が最終月1ヶ月分 約32万円あり、訴訟手続きに移りたいと思いますが、別途、支払遅延による付加金として、どの程度の額が請求可能でしょうか? 通常支払期日は昨年12月末で1月初旬を期日とする内容証明も送付済ですが支払われておりません。

  • 貸主ではなく保証会社から滞納金の支払請求がきた

    レンタルボックスを賃貸契約していました。 こちらの不手際で2年ほど賃料を滞納しています。 滞納金額と支払いについて、最初に賃貸契約をした不動産屋へ行こうとした矢先、携帯電話に見知らぬ番号からの着信がありました。 ネットで検索すると家賃保証会社でした。 貸主からも不動産屋からも、その会社へ委託したとの連絡はなく...

  • 建物明渡しと滞納賃料の訴え提起前の和解について

    賃料滞納の借主に内容証明を送り、期限が経過しました。 借主と交渉したところ、来月末には建物を明渡すとなりました。 滞納賃料は約40万円です。 借主は、明渡時に滞納賃料を支払えず、分割も給料が変動するのでいくらとは言えないと言っています。 保証人もいますが、保証人も収入がなく、20万円程度であれば支払えるとのことです...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。