建築会社が倒産、住宅完成保証に入るといって申込みもしていなかった件について

建築中に建築会社が倒産しました。一般的に管財人と債権者とのやりとりで分配されると思いますが、以下の場合はいかがなのでしょうか。


平成26年12月上旬に建築会社と契約を交わし着手金を支払ったのち、建築会社は着手することなく平成27年1月19日に倒産したことがわかりました。

建築会社との契約に際し、住宅完成保証の加入を条件にしていたのですが、建築会社は保証会社に申込みをしていないことが倒産後わかりました。

「住宅完成保証を条件に契約する」という文章は契約書に記載されていませんが、建築会社と契約に至る過程で設計事務所、建築会社の工事部長と「住宅完成保証を条件」と何度も話し合いはしました。

住宅完成保証の申込書は契約日に建築会社の代表社印が既に押印されたものを建築会社が用意されており私もそれにサインをしました。
すなわち建築会社は申込書作成してから倒産するまで、一か月半もの間申込みを放置していたことになります。
(設計事務所の他の顧客で同建築会社と契約された方は契約後3週間で住宅完成保証がおりたそうです。)

私は住宅完成保証に加入することを条件として契約し、申込書を作成したのにも関わらず、保証会社へ申し込みせず工事も着手することもなく、着手金600万円だけ奪われました。
これじゃまるで詐欺じゃないでしょうか?

現在建築会社とは連絡がとれず、顧問弁護士が資産の保全しており2月下旬頃に破産申し立てをするようで3月下旬に管財人が選定されるようです。

このような場合、管財人が選定されるまで待った方がよいのでしょうか?
それとも破産する前に訴訟をした方がよいのでしょうか?
そして、こういった事由で着手金を全額取戻すことはできないでしょうか?

なにとぞご教授願えますよう宜しくお願い致します。
相談者(315258)からの相談
2015年01月23日 08時46分

みんなの回答

村上 誠
村上 誠 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6
ありがとう
このような場合、管財人が選定されるまで待った方がよいのでしょうか?
それとも破産する前に訴訟をした方がよいのでしょうか?

建築会社が破産申立をすれば、破産管財人は、あなたの着手金返還請求権の届出を異議なく認めると思いますので、訴訟をする必要はないのではないか、と思いますが、建築会社側の弁護士が述べている、2月下旬ころを過ぎても破産申立がされなければ、破産申立がされない場合を想定して、訴訟をする必要があるかも知れません。

そして、こういった事由で着手金を全額取戻すことはできないでしょうか?

住宅完成保証申込がされないこと、あるいは履行不能を理由とする契約解除に基づく着手金返還請求権は、契約に詐欺的要素が含まれていたとしても、一般破産債権であり、優先債権とはなりませんので、全額を取戻すことは難しいのではないか、と思います。

ただ、住宅完成保証申込を怠った、役員ないし担当者個人に対して、損害賠償請求ができる場合はあるかも知れません。

2015年02月02日 10時13分

この投稿は、2015年01月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 建築請負契約書の解約合意書の添削をして下さる弁護士さんを探しています

    平成18年に条件付き土地分譲を購入。その際に建築請負契約書と手付金400万円を支払った。条件付きとあったが、工期は契約の日から1460日以内、工期認可の日から30日以内、平成22年8月30日と記載あり。その後請負者である不動産会社の社長が急死し、自分も忙しい(勤務医)こともあり放置してしまった。更地は、不動産会社が駐車場管理を...

  • 建築途中の建築会社の倒産について

    現在新築を計画中です。 手付けという形で100万円を払い、間取りも決まり、確認申請の書類を作成中です。近々、請負契約を結ぶ予定ですが、 契約を結ぶに当って、住宅完成保証制度を使いたいと伝えましたが、その建設会社は完成保証制度の登録業者ではなく、「完成保証に入れる様に登録して欲しいと。」伝えた所、 「過去に完成...

  • 瑕疵担保保障法以前の新築に付いて

    建築会社です。弊社施工の建物平成18年7月1日に引き渡した建物の外壁が、平成26年12月頃より変形しだしまして、平成27年7月18日に要望書が届きました。貸保障法施工法以前に弊社独自で、 住宅保証書を発行しておりましたので外壁全面を貼替えましたが、」修理した日から再度外壁に付いての保証は又10年になるのでしょうか? 教えてい...

  • 不動産の賃貸借契約に付随する保証会社との契約の正当性と、事務手数料の金額の妥当性

    お世話になります。 飲食店の経営を複数店舗しています。 法人名義で不動産の物件を賃貸しておりました。その際に、賃借人は、株式会社フラワー(偽名)にて契約を行いました。連帯保証人には、代表取締役Aにてサインをしました。不動産会社より、保証会社を法人名義で契約し、連帯保証人に代表取締役Aにて契約しました。 し...

  • 代表取締役 連帯保証人 個人再生

    質問いたします。 当方の兄の事です。 法人で建築会社を営んでおります。 去年の後半の仕事で売掛金の未回収が発生し経営がうまくいかなくなっております。 催促はしているのですが、回収の目処は立っておりませんし、その社長は破産に向けて動いているようです。 回収したいのはヤマヤマですが、弊社も協力してくれた業者に迷...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。