賃貸契約に於ける契約者のその後

公開日: 相談日:2021年04月14日
  • 1弁護士
  • 1回答

【相談の背景】
飲食店の移転開店に伴い物件の賃貸申し込みをしましたが過去に保証会社に家賃の遅延があった事を理由に承諾がおりませんでした。そこで身内の会社員の方に物件の契約者(経営や資本は私)になって貰おうと検討しています。

【質問1】
この場合、確定申告などはどの様になるのでしょうか?契約者の方に何も負荷を掛けたくないのですが?

1017480さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 池田 毅 弁護士

    注力分野
    不動産・建築
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > この場合、確定申告などはどの様になるのでしょうか?契約者の方に何も負荷を掛けたくないのですが?

    確定申告よりも、まず賃貸借契約が可能かという点を検討すべきです。
    契約者(借り主)がご相談者と全く別の人だとすると、大家からすると転借することになります。事前にそのことを大家に了承を得ていないとすると無断転貸で解約されてしまうリスクがあります。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから