立ち退きの交渉につき

賃貸建物の老朽化で、大家より立ち退きを求められています。
一定の立ち退き料の提示がありましたが、希望する条件とは程遠いものなので、
近隣の家賃相場を引き合いに、立ち退き料などの交渉にあたりたいと思っています。
方法としては、現在物件サイトに掲載されている空室情報などで、類似する条件の物件を探して、
引き合いにする事くらいしかありませんか?
他に交渉に有効で相場を示す根拠となるようなデーターって何かありますか?


相談者(886277)からの相談
2020年01月23日 09時56分

みんなの回答

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
立退料に関するデータは公表されていないでしょうから、
貴方個人の事情を根拠としていくのがいいでしょう。

・居住期間が長い。
・その物件でないと困る事情がある。
などです。

空室情報などは立退料の算定にあまり有用ではないと思います。

2020年01月23日 11時36分

相談者(886277)
ご回答ありがとうございます。
よろしければ追加でご回答頂けますと幸いです。

>貴方個人の事情を根拠としていくのがいいでしょう。
1、物件でないと困る事情などを示す場合の、有用な理由は何かありますか?
2、居住期間が短いのも逆に事情の根拠となると思いますが、
居住期間は長い方が有利となる場合が多いでしょうか?

>空室情報などは立退料の算定にあまり有用ではないと思います。
近隣との家賃相場に大きな差があり、新しく借りるには賃料差額が生じる場合、
賃料の差額を補填の話し合いも必要になってくると思いますが、
そのような場合何を根拠にした話し合いが相応しいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

2020年01月23日 11時52分

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県2 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
空室情報については、「ここじゃなくて他に行けるところがありますね」ということになってしまうと思います。

長い方が有利です。

例えば、通勤にとても便利とか、通院している病院に近いとかです。
物件の形状や普段の生活に関する具体的な事情が必要なので、この点はネット回答に限界があります。

弁護士委任も視野に入れてください。

2020年01月23日 11時58分

相談者(886277)
そうですね。
必要となれば一度弁護士への相談も検討します。

ありがとうございます。

2020年01月23日 12時08分

この投稿は、2020年01月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 保証金と営業権の関係と立ち退きの営業補償について

    現在の契約書で特約で保証金は預かる形で7年以上継続で契約すれば全額返金され7年未満で解約すると全額没収ってなってます。 7年経過しましたが家主さんが高齢で死んだ後、「相続後売る可能性がある」その時に更地にする可能性も高いし出ていく様に言われるかも知れない、その時に今の契約の保証金全額返金だと無条件で追い出される...

  • 立ち退きの使用損害金特約の有効性 月額家賃の2倍相当額

    6年前に締結したアパートの建物賃貸借契約に「契約終了後に明渡しを遅延した場合、一月あたり月額家賃の倍額の使用損害金を支払う」って特約があるのですが、消費者契約法の観点から無効であると主張しても無駄でしょうか? あと「貸主側から『4ヶ月前』までに通知すれば賃貸借契約を解除できる」という特約は借地借家法30条で借主...

  • 賃貸借契約書における家主の架空名義署名捺印について

    賃貸マンションにて賃貸借契約は、私と家主との契約になる訳ですが、以下2点お願いします (1)この賃貸借契約書において、もし貸主(家主)の署名欄が 【例】:◯◯◯◯株式会社 △△□□ 捺印(◯◯◯◯株式会社 △△□□) となっていて、実はその会社(◯◯◯◯株式会社)自体が存在しない架空会社(国税庁未認可) だった場合、『た...

  • 判断能力のない(認知症)母親の所有している物件を売却した際

    判断能力のない(認知症)母親の所有している物件(自宅)を売却する予定です。 現在、母は認知症のため施設に入居中です。 そのため、生活一般からお金の管理まで長男が面倒を見ています。 入所まで暮らしていた自宅について、地主より立ち退きを要求されました。 土地は借地、建物は母の名義です。 母はそこに50~60年ほ...

  • 知的障害の兄が売却した不動産取引を無効にしたいです

    平成16年、成年後見制度を利用して、妹の私は、兄の補助人になっています。平成21年10月、兄は長女に騙される形で、生活をしていた不動産の売却をしました。不動産業者との取引では権利の無い長女が売主となり売却代金を受け取っています。 補助人では、兄が無能力者として認められる可能性は低いのでしょうか?もし、認められるのでし...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。