錯誤による不動産売買契約取消しを主張されています

風力発電用地として某所の土地を風力発電業者に売却しました。

2017年8月末 用地売却依頼
2017年12月中旬 仮契約(売却額も決定)

その後、先方側で建設に必要条件を満たしているかの全調査を経て、
2018年7月19日に全て条件をクリアしたとして最終決済が実施されました。
(当初から全て条件がクリアしたことを条件に最終決済をするという条件でした。)

その約5ヵ月後の2018年12月26日、先方から「自然公園法 第三種特別地域に該当するかもしれない」という連絡がありました。

その後 何も連絡がありませんでしたが、更に6ヶ月後の2019年6月11日に弁護士事務所経由で『錯誤による契約解除を求める。10日以内に全額返金してほしい。返金がないと訴訟を起こす。』旨の内容証明が送られてきました。

当方も法律相談や法務担当、知人の行政書士の方のアドバイスを受け、
『通知側は風力発電事業を専門に行う業者であり、 契約前に自ら建設条件等調査し、納得の上で契約したはず。 契約の目的を定めてそのために調査を行っているのであれば、 建設が不可能となる条件については網羅的にチェックするのが当然であり、 専門業者でそのための調査をしたにもかかわらずそれを見落としたのは、 通常必要な注意を著しく欠いた重過失にあたり錯誤無効の主張ができない。』
という旨の内容証明を2019年6月20日送付しました(翌日到着確認済み)。

売却金は、必要に迫られて用立てたものでしたので、すでに残金はない状況です。
(自分で調べた範囲ですが『現存利益がなく、契約解除の効果である民法703条の不当利得として返還すべき額がない』に該当する?)

■質問1
今後、先方が訴訟を起こした場合、当方の主張は通せる可能性はあるのでしょうか?

■質問2
敗訴した場合、支払い手段として「長期分割」又は、「相当額の生命保険に加入し、その受取人を先方にする」というのは可能なのでしょうか?

以上となります。
よろしくお願いいたします。
2019年06月28日 17時34分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府5 不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
敗訴後の支払方法については協議可能です。

2019年06月28日 18時19分

この投稿は、2019年06月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「不動産・建築に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 錯誤による不動産売買の契約取消に関して

    錯誤による契約取消に関して 父親が200万円を不動産会社Aから借りるため、持家と土地50坪をその金額で売り、売買契約を結んだ上、利息に該当する金額を毎月家賃として収める賃貸契約を締結しました。3年後、借入金を返済した際、会社Aは、錯誤の名目で3年前の売買契約を無効にし、家屋と土地は父親の名義に戻りました。そこで2つ質問で...

  • 土地契約の錯誤無効について

    土地売買の契約について 先日 仲介業者を通じて売主より不動産売買の契約をしました。その後 所有権移転 引き渡し前に 液状化ハザードマップで非常に高い液状化予測に気付きました。仲介業者からは液状化の可能性については説明を受けておりません。 液状化ハザードマップを理由に契約の錯誤無効は可能でしょうか?違約金は払う義務が...

  • 錯誤無効などによる契約無効後の住宅について

    もし…の話で大変恐縮なのですが、 錯誤無効や詐欺、もしくはその他の理由により 現在住んでいる住宅やマンション契約を無効となった場合、 退去したり必要があるのでしょうか? 別の場所に移るべきなのでしょうか? よろしくお願いします

  • 共用部分の変更で議決権数の3/4が必要の特別決議で1/2しか取れていない議案は無効でしょうか

    マンション共用部分の変更で(駐車場屋根)議決権数の3/4が必要の特別決議で1/2しか取れていない 駐車場屋根の撤去は、有効、無効 でしょうか又撤去したことにより上階からの落下物で被害が出ています 無効であれば、損害賠償で裁判で勝てるでしょうか、宜しくお願いします

  • 不動産登記に関する錯誤について。

    ご教示をお願いします。 共有で所有していた土地について、共有者である兄が亡くなり、相続人からその土地について所有権の放棄をしてくれないかと言われました。 購入にあたっては一千万ほど出資していたので、簡単に放棄はできないと応えたところ、周囲には家も少なく、価値は殆どない(150万ほどだ)との説明を受けたので、親族で...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。