境界の時効習得について

境界について相談させてください。
今年土地を購入しました。
西隣の境界の真ん中にブロック塀が建っています。
ブロックを建てたのは西側の隣人です。
前住人と境界を確認して建てたみたいです。
購入した際、境界を示す杭が塀の北側にしか見つからず不動産業者の確認では西側の境界はブロックの真ん中であると隣人と確認はした。しかし売買契約では西側との境界は建物があり確認できなかったと記載した曖昧な境界のままの土地を購入してしまいました。
現在ブロック上に設置してある柵が中心から我が家に越境しています。
西側の隣人とは境界がブロックの中心であることをお互い確認しましたが正式な同意書には残してありません。
西側のリビングが見えてしまうので目隠しをして欲しいと要望があり、ブロック上に現在つけている柵より高さのある柵をこちら負担で設置するので現在の柵を撤去していいか確認したところ自分の敷地内で柵を設置しろと言われました。
1)柵を自分の敷地内に設置する義務はあるのか
ブロックから我が家は3m離れています。


2)売買契約では曖昧な境界ですが西側との共通の認識でブロックの中心が境界となっています。この境界は西側がブロックの外側までが自分の敷地だと主張した場合、売買契約では曖昧な境界なのでブロックの外側までが西側の敷地と認められてしまうのか、

隣人との共通の認識であるブロック上の中心の境界が有効である場合、越境している柵やブロック塀について撤去の要請などを主張しなければ時効習得により土地を西側にとられてしまうのか

その場合どう対応すべきか

上記についてお伺いしたいです。
よろしくお願い致します。
2017年08月31日 02時20分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ベストアンサー
ありがとう
1)柵を自分の敷地内に設置する義務はあるのか

境界線から1メートル未満の距離に窓やベランダがあるなら、目隠しを設置する義務があるといえますが、1メートル以上の距離があるなら、設置する義務はありません。

2)売買契約では曖昧な境界ですが西側との共通の認識でブロックの中心が境界となっています。この境界は西側がブロックの外側までが自分の敷地だと主張した場合、売買契約では曖昧な境界なのでブロックの外側までが西側の敷地と認められてしまうのか、
>隣人との共通の認識であるブロック上の中心の境界が有効である場合、越境している柵やブロック塀について撤去の要請などを主張しなければ時効習得により土地を西側にとられてしまうのか

証拠次第ですので、何ともいえません。

>その場合どう対応すべきか

不動産業者の確認したとする資料を取得し、これを保管しておけばいいかと思います。

あるいは、目隠しをつける代わりに境界線の確認書を作ることを提案してもいいでしょう。

2017年08月31日 07時04分

この投稿は、2017年08月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 住宅敷地境界線での、境界ブロック塀建設工事についての法的根拠のお尋ねです。

    現在、「当家敷地内」に隣家との境界線に沿ってにブロック塀が立ってます。 この塀が老朽化してブロックの一部が腐食剥離脱落し隣家の敷地内へ落下しました。又ブロック塀全体が地震等で倒壊の恐れがあります。隣家からの指摘で、とりあえず現在の老朽化したブロック塀を撤去予定です。 そして新たに新設ブロック塀を建設予定で、...

  • フェンスの設置について

    増築のついでに隣地境界線の所に塀を設置したいのですが、隣地境界線がU字溝との境なので家側に設置するんですが隣地の方への確認は必要でしょうか?

  • 境界標のある塀の撤去要請への対応

    この度はお世話になります。的を得ない質問になりますことお許しください。 隣地との境界塀の上部(当方所有コンクリートブロック塀7段に併設された、境界標を示すためのブロック7段積み1列)に金属で出来た境界プレートが付けてあります。 この境界標が乗っているブロック塀を越境だから壊してくれと、隣地所有者から言われていま...

  • 隣地マンション建設による隣地所有境界ブロック傾きに伴う、地盤沈下の発生。責任の所在。

    隣地マンション建設により、隣地所有境界ブロックが傾き、隣接する当方所有地所が地盤沈下を 起こしました。今後の対応についてのご相談です。  家を建てて7年経過。今まで問題なかったのですが、2年程前に、隣地3階建てマンション建設。  その後、マンション側に設置していた、当方の温水器が傾き、隣接側地盤面も80㎜程下がっ...

  • ブロック塀を削らせる際の覚書

    父が買った土地を相続し、その土地が津波の対策として土地の境界を確定するということで市から職員が派遣されて隣接する土地の所有者との立会いのもと境界を決定しました。その際に私の父が作成した境界に作っているブロック塀が実は少しはみ出している、以前は土地の角を通り道として使っていたので、土地の境界を自分の敷地内にしたの...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。