マンションの売買契約無効について

マンションの契約をしたのですが、契約を取消、手付けを返金してもらえないでしょうか?

竣工から1年半経つマンションを先日契約しました。内覧をしに行った際、2部屋しか残っていないということでした。ところが、私が契約してすぐに、インターネットの広告で別の部屋が売りに出されました。心配になり登記を調べたところ、後6戸も残っておりました。総戸数25戸程度、竣工から1年半も経っていること、それだけの売れ残り数を考えると、修繕や今後の管理費が心配になるため、その事実を知っていたら、購入をしませんでした。また、価格も納得できません。

このような場合、契約取消をして、手付金を返金してもらうことはできないのでしょうか?業者からは、手付放棄による解除になると言われています。



2016年07月13日 09時16分

みんなの回答

後藤 栄一
後藤 栄一 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
契約は、その契約書上の明確な合意内容によって拘束されます。
取消原因は未成年・詐欺・脅迫などの限定事由が必要ですが、本件では取消原因はないのだと推察します。
あなたのおっしゃているのは、契約締結における動機の部分で、この点は契約行為者内心の問題となってしまいます。この内心の動機の問題は契約当事者間において表示されていれば互いの了解事項となるので錯誤無効の原因となります。
あなたはこの動機が契約当事者間に表示されて重要な契約の要素であったことを証明できるのであれば錯誤無効を主張することができますが(おそらく通常は困難な場合が殆どでしょう)、逆にそれを証明できない場合には錯誤無効を主張できないことになります。

2016年07月13日 10時54分

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
不動産・建築に注力する弁護士
ありがとう
考えられる取消の法的構成は詐欺による取消です。

残りの個数が何戸であるかについて事実と異なることを告げられたとすると欺かれたということになりますが、法律上は、詐欺というのは難しいと思います。

欺かれたことによって事実と違う認識を持ったとしても、残りの戸数が何戸であるかという事実が売買契約の締結をきめた重要な要素となっていたとは解釈されないと思います。

このため詐欺による取消は難しいと思います。

錯誤による契約は無効ですが、これについても同じ理由から、無効の主張も残念ながら難しいでしょう。

2016年07月14日 00時59分

この投稿は、2016年07月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 年老いた親が支払った契約時の手付金は戻らないのでしょうか?

    年老いた親が近所の新築分譲マンションの購入を決めました。歳が歳ですので住宅ローンは難しく、現金で購入する予定です。手付金は物件価格の10%(約430万)で契約しました。物件完成は約1年後です。契約から半年ほどたった時、問題が起こり、まとまった金額が必要となったため、本来物件に当てる予定の金銭の一部を使ってしまいました...

  • 新築分譲マンションの売買契約

    現在、新築分譲マンションの売買契約の手付金を払っている状態です。 売買契約時、担当者に価格は上がっていないか?と問い合わせたところ、上がってないとの返答があったので、契約を交わしました。 ところが後日、実は価格は上がっていたとの回答。 価格が上がっていたとかわっていたら契約していなかったのですが・・・。 この売...

  • 不動産屋が信頼できなくなったので売買契約を解除したい。

    先日、新築建売の戸建ての売買契約しました。 その後、ローンの事前審査を行っている段階で 不動産の担当営業の方への信頼がなくなってしまった為、 契約を白紙にしたいと考えています。 今回の購入は現在居住している物件の売却が決まった為の住み替えで、 契約の前に 現住居の引き渡し日はA月10日になっていて、 決済と同時...

  • マンション売却契約日を前日キャンセルした場合

    不動産屋さんとマンションの買い取り売却価格と手付金額が電話の会話で決まり契約日も決まりました。 他にも査定を出しているので万が一価格によって直前に契約をキャンセルした場合、違約金みたいなのは発生するのでしょうか。契約を決めたのは大方それ以上の高値がでそうになく手付金が早く必要という理由です。

  • マンションの購入を解約したい

    2010年11月に2012年6月完成予定のマンションの売買契約をした。 嫁と子供の3人で住む予定だったが離婚することになり手付金放棄で解約したい。販売代理会社の担当にそのよう申し出たが 今だと手付金放棄で解約できず、購入代金の20%の違約金が発生するので一旦購入して未入居で転売するのが一番損しないと言われた。 契約書には、 ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築のニュース

  1. 女子寮あるある!?「男子禁制」なのに彼氏を招...
  2. 深夜に大音量の音楽をかける「爆音おばちゃん...
  3. マンション上階は「パン屋」、生地を叩く音や...
  4. 寂しい一人暮らしOL、「小動物」飼育で気を紛...
  5. 退去時に求められた「修繕費5万円」耐用年数...
  6. 東京弁護士会「動物愛護法入門」出版「殺処分...
  7. 脱原発テント「撤去しない」撤去命令確定受け...

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。