1. 弁護士ドットコム
  2. 不動産・建築
  3. 不動産契約
  4. 契約の解除
  5. 無効な取引
  6. 土地賃貸借契約 は、期間2年間でも有効でしょうか?

公開日:

土地賃貸借契約 は、期間2年間でも有効でしょうか?

2015年04月01日
ベストアンサー
◎状況
1.祖父の土地に父(祖父の次男)が家を建てて住んでおりました。
2.父祖が亡くなった際に、この土地は叔父(祖父の長男が相続しました)
 このときに、叔父と父の間で、父が住んでいる間は土地の固定資産税のみの支払いで住んで良いという念書を作り住んでおりました。(30年ほど前の話し)
3.父の勧めで、私が住むことになり、改築して住み始めました。(10年ほど前の話し)
 父の話では、叔父に許可を取ったと言っておりました。
 この時は念書の件の詳細は知らずに、第3者でなければ良いと聞いておりました。
4.最近叔父が亡くなり、叔父の長男が相続しました。
 叔父の長男より、土地を更地にして返せとの要求がありましたが、住んでいる間は、借地代を
  支払うことになり、土地賃貸借契約を結ぶ事になりました。
5.叔父の長男が作った、土地賃貸借契約書の期間に下記の記述がありました。
 「賃貸借の期間は○から○までの満2年間とする。
  満2年を経過する1ヶ月前より乙の申し出により期間の延長を検討する。」
  又、他の条項に、期間満了時は更地にして返却する旨の記載もあります。
 

◎お聞きしたい点
1.借地借家法では期間最低30年だと思いますが、上記の場合この2年の契約は有効でしょうか?
2.もしこのまま、契約を結んで2年後に、期間は30年だけどという話しをしたら、勝てるのでしょうか?


◎備考
1.叔父の長男はすぐに追い出したい感じです。
  叔父の長男は、以前建築関係の仕事をしていましたので、借地借家法の事を知った上で
  契約書作成した可能性が高いです。
2.私は、いずれは出ていくつもり(5年後?)ですが、今は改築費用がそれなりにかかったこともあり
 まだ住みたい状況です。
3.現段階でこの契約書が無効ではという話しをすると、即出て行けという話しになりかねないので、
 対応困っています。
相談者(336343)の相談

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
1 借地借家法の定めで、最初の存続期間は30年です。結ばれた契約は、存続期間を2年とする定めが無効となり、30年とされる以外は有効です。

2 2年という定めは無効で、30年であることを主張できると思います。

2015年04月08日 16時11分

この投稿は、2015年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 借地契約書記載の期限を過ぎても、慣例的に借地続行していたもよう。その借地権を相続できますか。

    叔母が亡くなり、相続人は、私と私の弟の2人のみと確定しました。 叔母は借地の上に立つ自分名義の建物(住居)に住んでいましたが、文書として確認できる「土地賃貸借再契約書」というタイトルの契約書は平成10年11月署名捺印であり、契約の存続期間は平成20年11月までとなっています。その後の借地契約更新の文書は見つかっていない...

  • 地上権の抹消方法について

    50年前、父は地主から土地2筆に賃貸借契約を結び住宅建築のために地上権設定をした。 その後、その土地上に父名義の居宅を建てた。 15年前、地主が底地を購入してくれとの依頼により購入した。 1筆は私名義で、1筆は父と母の共有で購入した。 今回、父が亡くなったので父の居宅と底地の父の持分と地上権を私が相続することにし...

  • 貸地の賃借人相続に伴う借地権について

    私の貸地(約15坪)に居住用建物(木造2階建)があります。 この建物は、当方祖父とA夫妻との間で『更地にして返す旨』同意の下でA夫妻が30年以上前に建てたものです(契約書等はありません)。 昨年春に、このA妻が亡くなられました(A夫はそれ以前に死去)。 別の場所に住んでいるご子息B(借地権を相続)より『昨年末迄に片付けるのでそれま...

  • 長期地代滞納による借地契約解除について

    離れた地方に月払いで更地を貸し、借り主は借地に店舗を建てて営業していましたが平成21年1月を最後に地代は支払われず、借り主も滞納から1年後に亡くなりました。 以来家族より滞納地代が支払われる事無く、家族も次々と亡くなりました。 借り主が滞納のまま亡くなったので借地契約は事実上解消と考えておりましたが過日死んだ借り主...

  • 借地権の買取について

     借地権を地主さんに買って欲しいのですが交渉を弁護士さんに依頼すると費用はどの位でしょうか。また契約書を見ると契約期間が過ぎていますがその後も地代は遅滞なく払っています。残存期間がどれだけか知りたいのですが。  実家は明治時代からの30坪の借地で昭和39年築の木造家屋をなくなった父が建て(登記あり)今まで高齢の...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不動産・建築に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

不動産・建築の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。